保育士を目指す人の中には、あがり症で人前に立つことに強い不安を感じている人も多いでしょう。しかし、大学の実習を乗り越えた先輩保育士の体験談をご紹介します。

あがり症の保育士が大学実習を乗り越えた体験談

  • 大学の実習で人前に立つことに強い不安を感じていた
  • しかし、先生や友人のサポートで少しずつ自信がついた
  • 実際に子どもたちの前で活動すると、子どもたちの純粋な反応に救われた

私も大学に入学した当初は、人前に立つことが本当に苦手でした。手遊びや歌を歌う実習の授業が近づくと、胃がキリキリと痛くなるほど緊張していました。

しかし、先生や友人たちが私の苦手意識に寄り添ってくれたおかげで、少しずつ自信がついていきました。先生は私の緊張を理解してくれ、リハーサルを重ねることで徐々に慣れさせてくれました。友人たちも私の気持ちを共有し、一緒に乗り越えようと励ましてくれました。

子どもたちの純粋な反応に救われる

  • 子どもたちの前で実際に活動すると、子どもたちの素直な反応に勇気をもらえた
  • 子どもたちは保育士の緊張を気にせず、活動自体を楽しんでくれた
  • 子どもたちの笑顔に触れると、自分の緊張が吹き飛んだ

そして実際に子どもたちの前で活動するようになると、子どもたちの純粋な反応に救われました。子どもたちは私の緊張を気にすることなく、活動自体を心から楽しんでくれました。最初はどもりながら歌っていた私に対して、子どもたちは真剣に聞いてくれ、時折笑顔を向けてくれました。

そんな子どもたちの笑顔に触れると、不思議と私の緊張が吹き飛んでいきました。子どもたちの前に立つことは、決して難しいことではありません。子どもたちは保育士の緊張など気にしていないのです。大切なのは、子どもたちに寄り添い、一緒に活動を楽しむことなのだと気づかされました。

先輩保育士に学ぶ、あがり症を克服するコツ

  • 自分を信じ、焦らずに少しずつ慣れていく
  • 周りの人のサポートを上手に活用する
  • 子どもたちの純粋な反応に救われる心を持つ

私のように、あがり症で人前に立つことに不安を感じている人は多いでしょう。しかし、焦らずに自分のペースで少しずつ慣れていけば、必ず乗り越えられます。周りの人のサポートを上手に活用し、子どもたちの純粋な反応に救われる心を持てば、きっと大丈夫です。

保育士になるために必要な実習は、確かに緊張することもあります。しかし、それ以上に子どもたちの笑顔に触れ、成長を実感できる喜びがあります。あがり症でも、保育士になる夢を諦めることはありません。一歩一歩、着実に前進していけば、きっと保育士になれる日が来るはずです。

まとめ

あがり症で人前に立つことに不安を感じている人も多いでしょう。しかし、先生や友人のサポートを上手に活用し、子どもたちの純粋な反応に救われる心を持てば、必ず乗り越えられます。焦らずに自分のペースで少しずつ慣れていけば、夢の保育士になれる日が来るはずです。

人気の記事