足のつりは栄養不足が原因?効果的な対処法とは!?

足のつりは栄養不足が原因?

足のつりは改善できる!

突然襲ってくる足のつり。とても痛くて、「あー!」と声が出てしまったり、動けなくなったりしてしまうこともしばしば。加齢とともに足のつりを感じるようになったという方は少なくないのではないでしょうか?できれば、そんな痛みなんて、味わいたくないですよね。仕方ないもの、と諦めている方も多いと思いますが、実は、足のつりには原因があり、できる対策もあります。みなさんも一度、試してみてはいかがでしょう?

足のつりの原因と対策

足のつりは、医学的には「腓腹筋痙攣」といい、一般的には「こむら返り」と呼ばれています。はるか昔から人類が付き合ってきた病で、多くの方が経験したことのある痛みであるにもかかわらず、具体的には、なぜ起きるのか知らない人が多いという珍しい病です。

こむら返りのメカニズム

こむら返りは、ふくらはぎ(腓腹筋)の筋肉が痙攣して起きるものです。現在考えられているこむら返りの原因には諸説ありますが、そのなかでも主流なものが、筋肉内の血液やリンパ液の循環不足です。筋肉内の循環がうまくいかなくなると、代謝がうまくできなくなります。これにより、筋肉内に老廃物が溜まってしまうのです。

こむら返りの原因は栄養不足?

人間が生きていくのに必要な栄養が体に吸収された後、使われなかったものは老廃物として体外に排出されます。それを循環させ、代謝するために欠かせないのが、ビタミンやミネラルです。ビタミンは老廃物を代謝するための主要なエネルギー源。そしてミネラルは、循環を作るポンプ機能を動かす原動力になります。そのため、ビタミンやミネラルが不足してしまうと循環や代謝がうまくできず、こむら返りが発生しやすくなるのです。

こむら返りの対策は?

体内循環を保つため、まずは、水分をきちんと摂取することが大切です。冬になると水分を摂る機会が減りがちですので気をつけておきましょう。次に循環や代謝をスムーズに行うための十分な栄養補給。運動した後のクールダウンで、筋肉の修復がしやすいようにしてあげることも重要です。また、体を動かさないのも、体内循環の妨げになります。適度な運動を心がけ、こむら返りを防止しましょう。それでも頻繁に起きてしまうのなら、病院で相談するのが賢明です。週に何度も動けなくなってしまうような症状が続いているなら、受診して一度診てもらいましょう。

実は漢方薬でも対処ができます!

とはいえ、「こむら返りくらいで、病院に行くのはちょっとなぁ…」そう思ってしまったあなたは、漢方薬から試してみるものひとつの手です。ドラッグストアなどで簡単に手に入るうえに、値段も安価で、手に取りやすいものが市販されています。痛みを伴う筋肉の痙攣に使用される漢方で、こむら返りにおすすめなのが「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」。いろいろなメーカーから販売されていますが、飲みやすさや値段からなどを考慮した場合には『ツラレス』がおすすめです。気になるあなたは、一度薬局で薬剤師に相談してみてはいかがでしょう?

定期的な運動と健康的な食事が改善の基本!

こむら返りの対策には、スムーズな循環と代謝をサポートすることが大切です。定期的に適度な運動を行い、健康的でバランスのよい食事からはじめてみませんか? 緊急のときには漢方薬に頼って、普段からこむら返りにならないための体作りを心がけましょう!

▼医師が教える、足のつりの対処法【動画】

【PR】
繰り返す足や指のつり、こむらがえりに悩んでいて、漢方を試してみたいという方は、ツラレスを一度試してみてはいかがでしょうか? 漢方薬としては珍しい錠剤なので、取り入れやすいのが特徴です。

ツラレス

出典:ロート製薬

<販売名>ツラレス
<分類>第2類医薬品
<効能・効果>
体力に関わらず使用でき、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症: こむらがえり、筋肉のけいれん、腹痛、腰痛
<用法・用量>
次の量を1日2~3回、水又はお湯で服用すること。成人(15才以上)…1回4錠、7才以上15才未満…1回2錠、7才未満…服用しないこと

【用法・用量に関連する注意】 
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

▼詳しい商品情報はこちら
ROHTO商品情報サイト ツラレス 芍薬甘草湯

足のつりは栄養不足が原因?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム