その寒さは「隠れ冷え性」かも?女性によくある2つの冷えを徹底解説!

冷えを自覚する方法

自分では気づきにくい身体の冷え。最近では「隠れ冷え性」なんて呼ばれることも多いようです。不調の原因につながる隠れ冷え性。今回は手足だけじゃない身体の冷えに気づく方法をご紹介します。

意外と気づかない「隠れ冷え性」

女性の大敵である冷え。体が冷えると代謝が落ち痩せにくくなったり、免疫力が低下したりするなど、さまざまなトラブルの原因になります。
冷え性といえば、手足が冷たくなる末端冷え性を思い浮かべることが多いですが、手足が温かくても他の部位が実は冷えていたという「隠れ冷え性」である可能性もあります。
1年中空調を効かせる今の生活スタイルは、体の冷えが起きやすくなっているもの。1年通して冷え対策が必要なのです。
続いては、女性に多い隠れ冷え性の2つのタイプをご紹介します。

体温が低い人は要注意!内蔵型冷え性

手足は冷たくないのに、実は内臓が冷えている状態を「内臓型冷え性」と呼びます。
内臓が冷えると、身体の血流が悪化し、免疫力や代謝が低下していきます。内臓の温度が1℃下がるだけで、基礎代謝は約12~15%低下してしまうといわれています。

<セルフチェック方法>
内蔵型冷え性は手足を触っても暖かいことがあるため、なかなか気づくことができません。ご自身でチェックするには、まずは平熱を把握することが大切です。
内臓温度の理想は、37.2℃~38℃。この温度を保つには、平熱が36.5℃以上必要です。つまり低体温気味の方は、内臓型冷えを引き起こしている可能性が高いのです。
また内臓の冷えがある場合、顔色の悪さや肌荒れなどの肌トラブルがおきやすく、冷えからくる寝つきの悪さに悩んでいる方も多いといわれています。
他にも下腹部が冷え、ワキよりも冷たいことも1つの目安になります。ご自身の体調を振り返ってみると、内臓型冷え性に気づくことができるかもしれません。

<改善方法>
内蔵型冷え性を改善するには、お腹を直接温めるよりも、運動などで根本的な体質改善を図るのが効果的です。運動不足は血めぐりを悪くし、内臓の冷えにもつながります。内臓型冷え性には基礎代謝をあげて平熱を高くすることが、一番効果的なのです。

年齢とともに陥りやすい!下半身型冷え性

足先だけでなく、太ももなど下半身全体が冷えるタイプを「下半身型冷え性」と呼びます。
一般的な末端冷え性と間違えやすいですが、下半身の血流が悪くなり、足先まできちんと血が巡らず、太ももやお尻、腰などの下半身全体が冷え、「冷えのぼせ」状態になってしまう方もいます。
下半身型冷え性が起きると、下半身太りにも繋がります。末端冷えと間違えやすいこのタイプ、どうやって気をつければよいのでしょうか。

<セルフチェック方法>
下半身型冷えは、そもそも年齢とともに筋力が低下することが一番の原因といわれています。
またお尻にある「梨状筋(りじょうきん)」と呼ばれる、股関節を外に回したりする筋肉が硬くなると、下半身型冷え性は起きやすくなるといわれています。
筋力などと関係する下半身型冷え性ですが、生理不順や生理痛の悪化を感じる方は、下半身型冷え性を引き起こしている可能性があります。
また下半身の血流が悪くなっていますので、足のだるさやむくみやすさを感じることもあります。まずは下半身の冷えを感じ、体調などを振り返りましょう。

<改善方法>
下半身型冷え性を改善するポイントは、下半身の血流をよくすることが有効です。適度なウォーキングやスクワット、ストレッチをおこない、下半身に重点をおいて血流を促しましょう。また少し熱めのお風呂に入るのも効果的。ただし身体への負担が高いので、普段よりも湯船に浸かるのは短めにすることがポイントです。

2つの冷え性のタイプをご紹介しましたが、どちらも外側から温めるのではなく、体質や筋力の見直しがカギになります。
冷えは些細な悩みですが、放っておくと健康を損なう原因になります。まずはできる範囲で身体を動かし、やっかいな冷えとサヨナラしましょう。

【参考】
代謝が落ちたのが原因?“隠れ冷え性”「内臓型冷え性」とは
http://www.skincare-univ.com/article/010662/
もしかして、隠れ冷え性?内臓からくる内臓型冷え性って?
http://www.skincare-univ.com/article/033513/
腰から下、下半身全体の冷えに悩む「下半身型冷え性」とは
http://www.skincare-univ.com/article/010663/
「下半身型冷え性」の原因と対策
http://www.skincare-univ.com/article/032059/

冷えを自覚する方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム