キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

PMSの症状が出たときに使いたいアロマオイル

PMSの症状が出たときに使いたいアロマオイル

アロマの効能

心地のいい香りに癒やされる、アロマオイル。香りを嗅ぐことで脳内因子に影響を与え、ストレスや不安感が軽減されるといわれています。また、精油の香り分子は非常に小さいため、マッサージなどで肌から直接なじませると皮膚から体内に浸透されるそう。毛細血管やリンパ管を通じて血液中に入り、全身を巡るといわれています。

このように、アロマオイルは脳や細胞を通して、私たちの体や心に働きかける力をもっています。

PMSに効果的なオイルの種類

下腹部の痛みや吐き気、イライラなど…。つらいPMS(月経前症候群)の諸症状もアロマでアプローチできるそうです。自分の好みの香りを見つけて、楽しみながらPMS対策をしてみましょう。

カモミール

鎮静効果が強く、頭痛や腹痛などの痛み全般を和らげる効果があるといわれています。

ゼラニウム

ホルモンバランスを整え、イライラや不安を解消する効果があります。また、循環作用により、むくみの改善にもいいといわれています。

クラリセージ

女性ホルモンと似た働きをするスクラレオールという成分が含まれていることから、PMSにいいといわれています。リラックス効果と鎮痛効果もあるそうです。

ティートゥリー

PMSによる肌荒れなどに対して、肌の状態を整える効果があります。

ラベンダー

抗炎症作用のほか、皮脂のバランスを整えてくれる働きをするので、PMSによる肌荒れにいいそうです。リラックス効果もあるといわれています。

アロマオイルの取り入れ方

芳香浴やマッサージなど、アロマオイルにはさまざまな取り入れ方があります。

ハンカチに垂らす

アロマオイルはちょっとの量でもしっかりと香りを放ちます。ハンカチに1、2滴垂らしてデスクや枕元に置くだけでも香りが漂います。

スプレーで香りを楽しむ

ミネラルウォーターまたは精製水10mlに精油1滴を混ぜて、スプレーボトルに入れます。カーテンや部屋にスプレーすれば、香りを楽しめます。小さなボトルに入れて持ち運びもできます。

お風呂に入れる

入浴剤代わりに使って、ゆったりとバスタイムを過ごすのもオススメです。精油1〜5滴を、5〜10ml程度(小さじ1程度)のキャリアオイル(ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなど)で薄めて湯をはった浴槽に混ぜて使用しましょう。足浴の場合は、精油は1〜3滴が適量です。

アロマを使う際に注意すること

心地よい香りでリラックスタイムを楽しむアロマテラピーですが、アロマオイル自体はとても刺激が強いものが多いので、注意して使うようにしましょう。

肌に直接つけない

アロマオイルは原液だと刺激が強いため、希釈して使いましょう。

幼児がいる場合は、芳香浴以外は避ける

3歳未満の乳児・幼児の場合は、芳香浴以外は行わないようにしましょう。誤飲を防ぐためにも、手のとどかない場所に保管することも忘れずに。

体質によってはアロマが合わない人もいるそうです。不快感や体調不良などの異変を感じたら、使用を控えた方がいいでしょう。

つらいPMSも、アロマテラピーでリラックスしながら乗り切れたらうれしいですよね。好みの香りを見つけて楽しんでみてくださいね。

【参考】
ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/014231/
日本アロマコーディネータ協会
http://www.morinomiya.ac.jp/aroma/about.html
東邦大学 生物学科
http://www.toho-u.ac.jp/sci/bio/column/035599.html

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
PMSの症状が出たときに使いたいアロマオイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう