平熱は37度がベスト?無理なく体温をアップさせる方法

平熱は37度がベスト?無理なく体温をアップさせる方法

平熱が低い現代人が増えている

突然ですが、自分の平熱を把握している人はどのくらいいるでしょうか。
健康な人の平熱は36.5~37.1度ほどといわれていますが、近年平熱が35度台の「低体温」の人が増加傾向にあるそうです。
低体温は放っておくと免疫力低下などを引き起こし、さまざまな病気の原因にもつながります。今日は低体温がもたらす弊害と、ご自身の体温をアップさせる方法についてご紹介します。

低体温が起こるメカニズムとは

なんだか風邪を引きやすい。一度体調を崩すとなかなか治りにくい。そんな人は体温が低すぎることが原因かもしれません。
体温が低くなると血管が収縮し、血流が悪くなります。冷えなどがこれにより発生しますが、同時に免疫力も低下しています。

血液は身体中に酸素や栄養素を運ぶと同時に、白血球やリンパ球などの免疫細胞を巡らせています。
免疫細胞は体内を巡りながらウイルスなどを発見すると、素早く集まり攻撃し、ウイルスを退治してくれます。しかし体温が低い場合血液の巡りが悪いため、素早く対処できず、ウイルスなどの異物に負け、病気にかかってしまったり、退治するのに時間がかかってしまったりするのです。
免疫細胞は36度よりも37度前後の方が活発になり、体温が1度下がると、免疫力が約30%低下するといわれています。

低体温の原因2つ

風邪やガンなど様々な病気の原因につながる低体温。原因には筋力低下と自律神経の乱れなどがあげられます。

筋力低下

低体温になる原因の一つに、筋力低下があります。人間は年齢とともに基礎代謝が下がり、筋肉量は低下していきます。日本は50年前と比較すると、家事労働が楽になり、仕事もデスクワーク中心の世の中になっています。そのため、総じて筋力低下傾向にあるといえます。
低体温になっている人の約9割は、筋肉量が通常の平均値よりも低いという結果もあるのだとか。

自律神経の乱れ

ストレスなどからくる自律神経の乱れも、低体温を引き起こすといわれています。自律神経とは交感神経と副交換神経の働きをシーソーのように切り替える役割を担っていますが、自律神経が乱れると、交感神経が反応しすぎてしまい、血管収縮などを引き起こし、冷体温につながることがあるようです。

平熱をあげて健康効果をアップさせよう!

低体温が病気になりやすいということは、逆に平熱が高くなれば、健康効果も高まります。血の巡りがよくなり酸素や栄養素がスムーズに運ばれ、免疫細胞も活発化していくのです。
続いては体温をスムーズに上げるための方法を、いくつかご紹介します。

下半身を鍛える

人間は何も対策をしなければ、年齢とともに筋肉量が低下していきます。筋肉は血流をポンプのように送り出す役目を果たし、筋肉量をアップさせることは体温上昇につながります。
また筋肉の約7割は下半身に集中しています。そのためウォーキングやスクワットなど、下半身を中心に鍛える運動が効果的。
ウォーキングの目安は1日30分。通勤やペットの散歩などと組み合わせて、負担にならない程度に取り入れましょう。

湯船に浸かる

毎日湯船に10分つかることで体温は約1度アップします。シャワーだけすまさず、朝でも夜でもご自身の生活リズムに合わせて湯船に浸かる習慣をつくりましょう。

朝は白湯を飲む

白湯には内臓を温め、代謝をよくしてくれる効果があります。いつ飲んでも体には嬉しい白湯ですが、低体温の改善には朝一番で飲むのがオススメ。
朝は1日でもっとも体温が下がる時間帯なので、白湯を飲めば効果的に体を温めることが可能です。

体温は体調を崩したときしか気にかけないかもしれませんが、健康なには高めの体温が関係しています。ぜひ一度ご自身の平熱を確認し、「低体温気味かもしれない」と思った方は、今回ご紹介した対策で、体温アップと免疫力アップに取り組みましょう。


【参考】
サワイ健康推進課 カラダの豆事典 体温を上げて 免疫力アップhttp://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200909-02.html

風邪・インフルエンザ対策!体温UPで免疫力を高める!?
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=43

低体温の人は風邪が長引く?体温と免疫力の関係
http://www.skincare-univ.com/article/011023/

低体温になる原因について
http://www.skincare-univ.com/article/034296/

低体温を改善する方法について
http://www.skincare-univ.com/article/034298/

平熱は37度がベスト?無理なく体温をアップさせる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう