漢方薬の飲み忘れ、どう対処したらよい?

pixta_17556759_m

漢方薬、飲み忘れてない?

漢方薬の服用は、「食前」や「食間」であることが多く、つい飲み忘れてしまうことはありませんか。? そういったときは、どう対処すればよいのでしょうか。
今回は、体に緩やかに効くからこそ知っておきたい漢方薬の取り方についてご紹介します。

漢方薬の服用は、食前? 食後?

漢方薬の服用タイミングは、原則、食前(食事の30分前くらい)または、食間(食事の2時間後くらい)の空腹時に服用するのがよいと言われています。食間とは「食事中」ではなく、「食事と食事の間」という意味なので注意しましょう。
漢方薬を空腹時に服用するのがよい理由には、漢方薬の成分である生薬の吸収が関係しています。生薬には、「配糖体(はいとうたい)」と「アルカロイド」があります。配糖体は、その構造に含まれる糖が、腸管内で腸内細菌のえさとなるために構造から外れることで、はじめて腸から吸収されます。食後は腸内細菌のえさが豊富に存在するため、なかなか配糖体の分解の順番がまわってきません。そのため空腹時の方が腸内細菌のえさとなりやすく、吸収がよくなると言われています。アルカロイドは、強い作用を示す成分で、空腹時に服用することによって吸収を穏やかにすることができ、副作用を出にくくすることがわかっています。
ただし、胃腸が弱い人の場合、空腹時服用では、吐き気や食欲不振などの胃腸障害が見られることもあるため、食後服用で処方される場合もあります。

漢方を飲み忘れたとき、どう対処したらよい?

漢方薬を空腹時に服用するメリットについて十分理解していても、つい飲み忘れてしまうということはありますよね。食前の飲み忘れを食後に気づいたら、食後であってもそのときに服用してください。
漢方薬には、症状が見られた場合のみの頓用使用で効果が見られるものもありますが、長期間服用を継続することによって、効果が現れるタイプのものもあります。その場合、飲み忘れが続いて、服用が中断されるよりも、食後でも続けて服用する方がメリットが大きいです。
ただし、次の服用時間に近い時間に飲み忘れに気づいた場合、服用をスキップしてしまった分と合わせて、2回分を一緒に飲むということはやめましょう。効果が出すぎて、副作用を起こす危険があります。1日2回の服用の場合は、次の服用までに6時間以上、1日3回の服用の場合は、次の服用までに4時間以上間隔をあけるようにしましょう。
食前や食間服用ではどうしても飲み忘れが多くなってしまう場合は、医師に服用タイミングについて相談しましょう。勝手に変更してしまうことは避けてください。

漢方薬は何で飲むのがよい?

漢方薬もほかのお薬と同様、水または白湯で飲みましょう。漢方薬のなかには、苦みで胃の動きをよくするものもあるため、味を変化させることはできるだけ控えた方がよいでしょう。
また、お茶やジュース、牛乳などと一緒に飲むと、効果が弱くなったり、逆に効果が強く出すぎたりする場合がありますので、避けましょう。

2種類以上の漢方薬の併用には注意しましょう

複数の漢方薬を同時に服用した場合、処方の内容によっては、効果が出すぎてしまったり、お互いの効果を打ち消してしまったりする場合があります。
また、それぞれの処方に配合されている生薬の重複により、副作用が出やすくなる可能性もあります。特に注意したい生薬には、甘草(かんぞう)、麻黄(まおう)、附子(ぶし)などがあります。ひとつの漢方専門病院や薬局から処方されている場合は、併用による効果を医師や薬剤師が認識できますが、複数の病院からそれぞれ処方されている場合や、ご自身で市販薬を購入されている場合などは、組み合わせて飲まないようないよう注意が必要です。
自己判断で複数の漢方薬を同時に服用することは避け、複数の漢方薬の併用をする前に必ず専門の医師や薬剤師に相談しましょう。

(文/大田あこ 薬剤師)


【参考】
日本臨床漢方医会 漢方Q&A
http://kampo-ikai.jp/faq_list/
QLife 漢方 複数の漢方薬を使う時の注意
http://www.qlife-kampo.jp/study/howtouse/story244.html

pixta_17556759_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう