芸能人も悩む10円ハゲ!生み出されるメカニズムを解説

pixta_17991597_m

有名人も悩む10円ハゲ! あなたは大丈夫?

「円形脱毛症」、俗にいう10円ハゲ。テレビでもストレスから10円ハゲにかかったと告白する有名人もいるようですが、一体どんな原因や対策が必要になってくるのでしょうか。
円形脱毛症とは、何の前触れもなく突然頭に現れる疾患です。10円大の脱毛が発生するまさに10円ハゲのような軽度なものから、頭部全体に広がるもの、眉毛やまつ毛、体毛にも脱毛症状が及ぶ重度のものまで、症状の程度は様々です。
今回は、なるべく避けたい円形脱毛症の原因や種類、治療方法についてご説明していきます。

円形脱毛症になる4つの原因

円形脱毛症になる理由には、大きく分けると4つの原因があるといわれています。

原因不明の「自己免疫疾患」

1つ目の原因は、「自己免疫疾患」です。名前の通り、本来なら体を守るはずの免疫が何らかの異常をきたし、自分自身を攻撃してしまう病気です。
自己免疫疾患により様々な部位が免疫により攻撃されますが、その1種が毛根の損傷です。傷んだ毛根が、健康な髪の毛までも抜け落としてしまうのです。
また自己免疫疾患の原因は、残念ながら未だに解明されていません。

アトピー性疾患は円形脱毛症の4割

円形脱毛症に悩む方の4割ほどは、アトピー性疾患や遺伝的疾患を持った方だといわれています。アトピー性疾患とは、アトピー性皮膚炎、喘息、じんましんなどの症状の事をさします。あまり関連性がないようにも感じますが、円形脱毛症患者には、アトピーや遺伝なの要因が関連しているのです。

ストレスによる円形脱毛症

一般的に思い浮かべる10円ハゲの原因は、ストレス疾患による円形脱毛症です。
環境の変化や強いストレス、長期的な精神的負荷により、交感神経優位の状態が続いていきます。それにより、頭部への血行不良と毛根の栄養不足を引き起こし、脱毛が引き起こされるようです。

ホルモンバランスの乱れからくる脱毛症状

オトナの女性に多いのが、婦人科疾患による円形脱毛症です。
女性ホルモンの「エストロゲン」には、髪を艶やかにする発毛促進の作用があります。加齢や何らかの原因により、エストロゲンが減少すると、抜け毛やひどい場合脱毛症状を招きます。
また妊娠中はエストロゲンを含む女性ホルモンの分泌が、通常の100倍以上に増加しています。
しかし出産後は一気に通常値に戻りますので、産後3〜4ヶ月後に抜け毛が最も多くなります。このときに、円形脱毛症になってしまうこともあります。

5種類の円形脱毛症

原因は様々な円形脱毛症ですが、円形脱毛症の種類には、大きく5つの種類あります。
突然発症してすぐに治るケースもあれば、ヘアスタイルで隠しきれないほど広範囲に広がる症状もあります。また再発を繰り返すような方は、原因とあわせて体の状態に注意を向ける必要がありそうです。

単発型

頭髪に円形型の脱毛が1箇所または2~3箇所出来てしまうパターン。
いわゆる10円ハゲは、単発型に該当します。

多発型

脱毛が2~3箇所以上できてしまうパターン。一旦治っても何度も円形脱毛症を繰り返す場合に該当します。

全頭型

多発型が進行し、頭部全体に脱毛症状が進行する場合と、最初から全範囲に抜けていくケースがあります。

凡発型

頭部全体だけでなく、頭部以外のまつげや眉毛、陰毛などの体毛も抜け落ちてしまうタイプ。

蛇行型

生え際が帯状に脱毛していきます。まれにしか見られない型で、治りにくいといわれています。

10円ハゲ、心配ならすぐに病院へ!

ストレス性の脱毛症状の場合、気付いたら治っていたというようなケースもありますが、多発型や全頭型、凡発型などは治療が必要かつ、長期にわたることも多いといいます。
また最近知られてきた「男性型脱毛症」別名「AGA」と、円形脱毛症は別物です。ご自身の原因や症状と照らし合わせながら、適切な医療機関の受診をお勧めします。


【参考】
Doctors me
https://doctors-me.com/doctor/skin/57
女性の円形脱毛症、原因はストレス? 有効な対処法は…?
https://www.c-notes.jp/articles/149

pixta_17991597_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム