なぜ精神不安に…? 五月病対策

なぜ精神不安に…? 五月病対策

憂鬱な「五月病」その原因は?

5月をすぎると、なんだか無性に身体がだるくなったり、倦怠感が取りきれなくなったりすることはありませんか。放っておくと、なぜか気分もどんどん憂鬱になってしまったり…。
一般的にこれら症状を含め「五月病」と私たちは呼びますが、五月病は正式な病名ではありません。五月病の原因は、不規則な生活や新しい環境で溜まったストレスが、限界に達しやすい季節が、5月のGW明け頃だといわれています。

その症状には、先ほどあげたような原因不明の倦怠感などですが、他にも息苦しさや、不眠や過眠などの睡眠障害に陥ったりする人もいるそうです。
気分転換とストレスを溜めないことを心がけていれば、次第に快方に向かう症状ともいえますが、そもそも五月病が起きるとき、どんなことが体に起きているのでしょう。

五月病の倦怠感。その症状を起こす原因には、脳内で分泌される「セロトニン」が関係しています。
別名「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンですが、脳の神経伝達物質の一種で、心を穏やかにする作用があり、情緒や気分を安定化させるのに、セロトニンは非常に重要な物質になっています。
脳内のセロトニン量が常に減少傾向にあると、五月病だけでなくうつ病など他の精神疾患を引き起こす可能性もあり、注意が必要です。

セロトニンを増やす食べ物とは?

脳内のセロトニンが作られる際に欠かせないのが「トリプトファン」という物質です。
トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、摂取するとセロトニンの原材料となる栄養素の1つです。
牛乳から発見され、大豆製品や乳製品など様々な食品中のたんぱく質にふくまれています。毎日の食事で意識して摂取していきたいですが、トリプトファンが多く含まれる代表的な食品をご紹介します。

乳製品

牛乳 ヨーグルト チーズ

大豆製品

あずき 大豆 油揚げ

魚類

かつお(生) まぐろ赤身 あじ

肉類
牛ひき肉 豚ロース 鶏ひき肉

トリプトファンはタンパク質に多く含まれていることが多いので、これら食材を意識して摂取するようにしましょう。

トリプトファン以外にも摂取した方が良い食材!

トリプトファン以外にも、セロトニン分泌にプラスとなる食材がいくつかありますのでご紹介します。

ビタミンB6

セロトニン分泌に大切なトリプトファンですが、ビタミンB6と合成されることにより、セロトニンは分泌されます。
ビタミンB6を多くふくむ食材は、にんにく・まぐろ・酒粕・バナナ、などがあります。

炭水化物

炭水化物は体内に取り込まれると糖分となり、体内のトリプトファンを脳内にスムーズに運ぶ役割を果たします。
ダイエットなどで糖質制限をされる方も多いですが、炭水化物が不足しすぎると、脳にトリプトファンが上手く運ばれず、それが原因でセロトニン不足を引き起こす可能性があります。
炭水化物はご飯・麺類・パン・いも類などの主食類に含まれます。ご自身の栄養状態と相談し、適量摂取するようにしましょう。

謎の不調に悩まされる5月の時期。ぜひセロトニン分泌に着目し、トリプトファンとビタミンB6、そして炭水化物をしっかり摂って、体調管理に気をつけましょう。


【参考】
Macaroni『コラム 五月病は食事で防げる!?ストレスに効く食べ物あれこれ』
http://macaro-ni.jp/27565
スキンケア大学TOP『美肌レシピ 美肌講座 健康的な食事 ストレスと食事のヒント セロトニンの合成に必要な食品とは?』
http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/002274/

なぜ精神不安に…? 五月病対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう