タイプ別!五行学説でみる眠れないときの対処法

%e7%84%a1%e9%a1%8c

疲れているから眠りたいのに、なぜか眠れない。不眠に悩まされていると、日常生活に支障をきたす場合もあります。今回は五行学説のタイプ別に、眠れないときの対処法をご紹介します。

寝つけない、ぐっすり眠れない理由

眠たいはずなのになかなか寝つけない、途中で何度も起きてしまうなど、ぐっすり眠れない場合、原因のひとつとして、自律神経のバランスを崩していることが考えられます。食事の時間が不規則、寝る時間や起きる時間が遅いなど生活のリズムが乱れていると、体のリズムも乱れ、眠れなくなってしまうのです。また、加齢や病気が原因である場合も。特に最近は、ストレスが原因で眠れないという人も増えています。

ストレスが主な原因の場合、漢方では「心(しん)」の不調と考えます。中医学における「心」には、西洋医学上の心臓から「血(けつ)」を全身に送る働きに加え、精神を調節する働きもあります。
「心」が不調を起こすと「血」が不足して、精神が不安定な状態になり、眠れなくなります。また、血を貯蔵している「肝(かん)」や血をつくる栄養を得る「脾(ひ)」の不調も「血」の不足につながり、眠れない要因に繋がります。

タイプ別! 眠れないときの対処法

眠れないと言っても、人により理由は様々です。そこで五行学説にしたがって、タイプ別に、眠れないときの対処法を解説します。

<イライラしているタイプ>
寝つきが悪く、寝汗をかき、イライラしたり体がほてったりする症状が伴うことで、寝にくくなるタイプです。五行学説では、「心」は陽、「腎」は陰となり、お互い抑えあってバランスをとっています。しかし、精神や体が疲労すると「腎の」陰が弱くなり、「心」の陽を抑えられなくなります。陰陽のバランスが悪くなることで、精神が不安定になり不眠につながるのです。

この場合は、陰と陽のバランスがとれるように、体の過剰な熱を冷まします。ふきのとう、ふき、レンコン、ニガウリ、のり、わかめなど、体の熱を冷ます食材や苦みのある食材をとるようにしましょう。

<消化不良タイプ>
胃のむかつきや膨満感などの症状があり、寝つきが悪いタイプです。食べ過ぎ、飲み過ぎにより胃の働きが悪くなり、消化不良を起こし、食べ物が胃に長く停滞するため、胃がムカムカして眠れなくなります。

この場合は、陳皮(みかんの皮)や大根、しその実など消化を促す食材をとるようにしましょう。

<血虚タイプ>
不安感や動悸(どうき)、めまいなどを伴い、眠りが浅くなるタイプです。慢性的な不眠になりやすいので注意が必要です。また月経や産後などで血が不足することでも、精神が不安定になり不眠になりやすくなります。この場合は、黒砂糖やクコの実、百合根、干しぶどう、たまごなどの血を補う食材をとるようにしましょう。

<気鬱タイプ>
ストレスが多く、憂鬱(ゆううつ)。寝つきが悪いタイプです。

中医学では、喜びや怒り、悲しみなどの感情が続きすぎると、臓腑(ぞうふ)の気血に悪く影響すると考えられています。感情がストレスとなって、『心・肝・脾』の不調をもたらし、『血』が不足。精神が不安定になることで不眠に繋がります。この場合はストレスを発散することが大切です。食べ物では、セロリ、しそ、春菊、ジャスミン茶、菊花茶など香りのよいものをとり入れてみましょう。

より寝つけなくする生活習慣

生活習慣の中にも寝つきを悪くする原因があります。知らず知らずのうちに行っていないか、チェックしましょう。

<×寝る直前にテレビやスマートフォン、パソコンを見る>
寝る直前にテレビやスマートフォンを見たり、パソコン作業をしたりすると、脳が興奮して交感神経を刺激し、体が興奮状態となり寝つけなくなります。

<×寝る前にカフェインが入った飲料を飲む>
寝る前にコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲むと眠れなくなることがあります。カフェインには、中枢神経を刺激して覚醒させる作用があるため、寝る前に飲むのは避けた方がいいです。

<×寝る前にお酒を飲む>
少量のアルコールは眠気をもたらしますが、寝る前の飲酒を習慣にしていると次第に飲む量を増やさないと眠れなくなってきます。また、アルコールは眠りを浅くするためぐっすり寝た気がしなくなります。質のよい眠りを得るために、寝つけなくする生活習慣を改めましょう。

寝つけない、ぐっすり眠れないときの漢方薬

食事や生活習慣を整えても寝つけない場合、漢方薬を用いてみてはいかがでしょうか。

<柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼつれいとう)>
体力は中等度以上。ストレスを感じやすく、高血圧に伴う不眠で悩む方に向いています。
<黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)>
体力は中等度以下。イライラしていて、のぼせ気味でなかなか眠れない人に向いています。

<抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)>
体力は中等度が目安。月経や産後などの血(けつ)の不足による精神の不調による不眠に向いています。

<加味帰脾湯(かみきひとう)>
体力は中等度以下。心身がつかれ、眠りが浅い人に向いています。

このほかにもさまざまな方剤があります。漢方専門医または漢方薬局で相談して、あなたに合ったものを探してみてください。

(文/薬剤師 大田あこ)

【PR】
ユクリズムは、漢方薬の加味帰脾湯を錠剤とした製剤です。
自律神経に働き、精神を落ち着かせて症状を抑えます。
最近、ストレスが多く寝つきが悪い、ぐっすり眠れないという方は、ロート製薬のユクリズムを試してみてはいかかでしょうか。

ユクリズム
出典:ロート製薬

<販売名>ユクリズム
<分類>第2類医薬品
<効能・効果>体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症
<用法・用量>
次の量を1日3回食前または食間に、水またはお湯で服用すること。
成人(15才以上)…1回4錠、7歳以上15歳未満…1回3錠、5歳以上7歳未満…1回2錠、5歳未満…服用しないこと
※食間とは、食後2~3時間をさす。

詳しい商品情報はこちら

%e7%84%a1%e9%a1%8c

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム