ゴキブリ対策にもなる? こんなに使えるハッカ油

ゴキブリ対策にもなる? こんなに使えるハッカ油

さわやかな香りが特徴の「ハッカ油」は、これからの蒸し暑い季節を快適に過ごすためにぴったりの精油です。今回は、暮らしの中で気軽に使う方法や効果について詳しくご紹介します。

ハッカ油の効果

ハッカ油の原料であるハッカは、北海道で多く収穫されるシソ科の植物。ペパーミントやスペアミントとは異なり、「和ハッカ」「和種ハッカ」という名で親しまれています。

スーッとした爽快感のある香りが特徴で、鎮静・抗うつ作用があるといわれています。気持ちをリフレッシュしたいときにぴったり。また、メントールという成分が多く含まれ、殺菌や消臭、防虫にも効果を発揮してくれるそう。アロマ専門店や薬局で、比較的簡単に手に入る親しみやすい精油です。

ハッカ油の使い方

ハッカ油の優れた特徴を日々の暮らしに生かすアイデアはいくつもありますが、今回は手軽に準備できる方法をご紹介します。

1. 虫除けスプレー
殺菌効果や防虫効果が高いといわれるハッカ油。ゴキブリや蚊をはじめとするさまざまな害虫が嫌う香りとして知られています。

<用意するもの>
ハッカ油 5〜10滴
無水エタノール 10mL
精製水または水 90ml

<作り方>
無水エタノールにハッカ油をたらします。さらに、精製水または水を入れて、よく混ぜ合わせます。用途によってスプレー容器に入れると使いやすいでしょう。網戸にシュッとふきかけても◎。

2.消臭剤
消臭効果も高いといわれるハッカ油。ハンカチやコットンなどにハッカ油を数滴垂らし、クローゼットや玄関などの匂いが気になる場所に置いておくと消臭できます。

さらに、においの気になる排水口やゴミ箱には、まず重曹をふりかけ、そのあとにハッカ油を数滴垂らすといいそうです。抗菌成分が飛んでしまうため、重曹とハッカ油を垂らした直後に熱湯をかけないよう気をつけましょう。

3.お風呂に入れる
お湯を張ったバスタブにハッカ油を1〜2滴入れて、かきまぜればOK。湯上りもさっぱりして、暑い夏も快適に過ごせそうです。

ハッカ油を使用する際に気をつけること

ハッカ油を購入するときは類似品に気をつけ、中身にも注目しましょう。成分が100パーセントエッセンシャルオイルなら安心です。

また肌につける場合は、原液をそのままつけると刺激が強いので、キャリアオイルなどで薄めて使用するようにしましょう。

殺菌、消臭、防虫に効果のあるハッカ油は、これからの暑い季節のお家仕事に活用できる便利な精油です。清涼感のあるハッカのさわやかな香りに包まれると心も元気に。ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。


【参考】
All About Beauty 超万能なハッカ油の使い方!虫除けから消臭・除菌まで
https://allabout.co.jp/gm/gc/464351/
All About「よく耳にする噂を検証! ゴキブリ退治・生態15の真相」
https://news.allabout.co.jp/articles/c/469267/

ゴキブリ対策にもなる? こんなに使えるハッカ油

この記事が気に入ったら
いいね!しよう