≪専門家監修≫足と靴専門の理学療法士が教える。「夕方むくみ」で足が痛くならない靴の選びかた

201707miura

朝はすんなりと履けたパンプスが、夕方になると窮屈で脱ぎにくい、足が痛いと感じることはありませんか。足のむくみが原因で、朝と夕方では足のサイズが変わると言います。そこで、足がむくみやすい人が靴を選ぶときのポイントについて、足と靴専門の理学療法士で、馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区)所長の三浦賢一さんに聞いてみました。

むくみで変化するのは、足の長さではなく「幅」

「足のむくみは朝よりも夕方がひどくなるから、靴を購入するなら夕方の足に合わせたほうが良い」という話を聞いたことがあります。それは本当なのでしょうか。三浦さんはこう説明します。

「靴を買うのは夕方、という考えかたは必ずしも正しいとは言えません。個人差はありますが、足がむくみやすい人は、朝と夕方で足の容積が10~20パーセントも変わります。すると、むくみが少ない朝の時間帯は自分の足より大きな靴を履いていることになり、靴の中で足が前滑りしてつま先を傷める、靴ずれすることがあります。

足のむくみで変化するのは、足の長さである『サイズ』ではなく、足の周囲の『ワイズ』(足囲)のほうです。まず、むくみが少ない朝に足のワイズを計測し、次に、むくんでいる夕方に再度計測し、その中間を自分の足のワイズと考えます。そして、そのサイズに合う靴を選びましょう」

自分の足の幅を感覚的にとらえるのではなく、むくむ前とむくんだときのワイズを計測して両方の数字を知っておくことが重要だということです。

足の幅のまわりを自分で測る

足の「ワイズ」を測ったことがない人は多いのではないでしょうか。ここで、ワイズの測りかたを三浦さんに教えてもらいましょう。

「足のおや指と小指の付け根の、それぞれいちばん外に出っ張っている部分をメジャーでぐるりと一周させ、長さを測ります。それが「ワイズ」です。メジャーがない場合は長めのひもや糸で代用し、一周させた長さを定規で測ってください。

例えば、サイズが23センチメートルの人なら、朝と夕方では、ワイズは8~20ミリメートルほど変わります。

足のむくみ対策での靴選びは、このワイズが自分に合っているかどうかが重要です。購入するときは、自分のワイズをショップの人に伝え、その靴が適切かどうかを確認しましょう。

フラットパンプスやスニーカー、デザートブーツなど、ヒールがないタイプやひも靴タイプなら、ワイズとサイズで選べばまず大丈夫です」

<ワイズ(足囲)の測りかた>

kutuerabi1

幅が広い靴には、「E」や「EEE」といった表示がありますが、自分の足の幅のそういった表示を知ることはできるのでしょうか。

「次の足のサイズ・ワイズ表を利用してください。この表を見ると、足のサイズが23.0センチメートルでワイズが22.8センチメートルの人は、靴に『E』と表示されているものが合うことが分かります」と三浦さん。

<足のサイズ・ワイズ表(女性用/単位:ミリメートル)JIS規格>

wise

むくみやすい場合は「ストラップタイプ」を選ぶ

足のむくみかたは、個人によって差があると言います。三浦さんは、毎日のように足が大きくむくむと感じている人に、次のようにアドバイスをします。

「夕方には靴がきつくて痛いというほどむくみやすい人は、夕方の足のワイズで靴を選び、パンプスの場合はストラップの付いたタイプにしましょう。足と靴がストラップでホールドされ、むくみの少ない朝の時間帯に大きめを履いていても、足元がぐらつくなど不安定になるのをカバーします。

また、仕事でパンプスを履く女性は、靴を選ぶときにストラップの位置に着目しましょう。大きく分けて、足の甲を押さえる『甲ストラップ』と足首を押さえる『アンクルストラップ』の2つがあります。
むくみやすい人は甲ストラップを、かかとが靴から抜けやすい人はアンクルストラップを選ぶとよいでしょう。ストラップがあると、足とパンプスの一体感が高くなるので、歩きやすくなります」

kutuerabi2

最後に三浦さんは、「自分の足の幅に合う靴を選べば、むくみに悩む人でも思いのほか楽に履くことができるでしょう。『自分はむくみ体質だから、パンプスで足が痛くなるのは仕方がない』と諦めずに、積極的に自分に合う靴を探してください」と、ワイズに注目した靴選びのメリットを強調します。

筆者はパンプスで長く歩いた日には足がむくみ、甲に靴の跡がついて小指も腫れます。思い起こせば、その靴を買ったのは休日の午前中でむくみが気にならないタイミングでした。次はワイズを測ってからショップに出かけ、ストラップ付きのパンプスを試して楽な靴を選びたいものです。

取材・文 小山田遥/ユンブル

三浦賢一氏

取材協力・監修
三浦賢一氏。理学療法士。足のケアと靴の製作の馬喰快歩堂所長。シューカスタム研究会主任研究員。一般社団法人日本ソーシャルウォーク協会理事。 オーダーメイドの靴工房を営む女性主人公の物語『小路花唄(こうじはなうた)1』(麻生みこと 講談社コミックプラス)の監修を担当。
馬喰快歩堂: 東京都中央区日本橋横山5-18中村横山ビル1F
http://www.ashi-ikiiki.com/

201707miura

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム