キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

「カラーセラピー」で何がわかるの? セラピストに聞いてみた 後編

カラーセラピーサロン体験

現在の自分の状態や深層心理を知ることができる「カラーセラピー」。前編では、カラーセラピーの文化や流派の違いについて、「WHITE-TARAホワイト・ターラ」の金山知佳子先生に聞きました。

基礎を学んだあとは、「これカラダ!」編集Oがセラピーを受けてみることに! はたしてどんな流れでセラピーは進んでいくのでしょうか。

カラーセラピー体験! まずは色選びから

編集O なんか、ドキドキしますね。

金山 知佳子先生(以下、金山) まずは、ボトルの中から直感で「気になる色」を4本選び、左手で取ってください。好き嫌いなどは気にせず、純粋に自分が気になる色を選びます。

カラーセラピーサロン体験
編集Oが選んだボトルはこちら! 左から、イエロー・レッド、ペールブルー・ペールブルー、ブルー・ブルー、ペールゴールド・クリア

金山 では、診断していきましょう。実は、並び順にも意味があるんです。左から一本目は、その人の「本質」であり、「過去」を表す色です。基本的には、上が顕在意識で下が潜在意識です。Oさんが選んだイエロー・レッドのうち、上のイエローは太陽の色で、独立心や自立心を表す。つまり、これがOさんの自覚的な性質ということです。お子さんの頃は、活発なタイプでした?

編集O そうですね。…というよりは、今もけっこう活発かもしれません(笑)。

金山 一本目と対照的に「今」を表しているのが2本目と3本目です。ブルーは水のイメージで、受容のエネルギー。落ち着きや静けさを表します。2本目は、Oさんが過去の課題としているものを表します。2本目も3本目も同じ色のブルーを選んでいますね。現在、受容や落ち着きを得ているという感覚はありますか?

編集O いえ、自分に厳しすぎるところがあるので、「受容」というのは課題かもしれないですね…。

金山 今はまだチャレンジしている最中なのでしょう。Oさんは、自分を外に表現する傾向があり、好き嫌いも明確にあるようです。これから課題となるのは、「今の自分を受け入れて信頼する」という、女性的なパワーです。ちなみに、最近そのような課題を意識されたことはありましたか?

編集O 先週まさに…。私は自分に厳しいこともあり、できないことがあると許せなくなってしまうタイプなんです。ただ、あることをきっかけに考え方に変化が起こり、少しずつ自分を許してあげようと意識しているところです。

金山 ブルーは信頼を表す色でもあります。人が生きる上で、「ありのままの自分を認めてあげる」ことはとても大切です。それができていれば、多少細かな石につまずいたり、気に入らないことが起こったとしても、反発や反骨心などといった嫌な感情を持たないですみますよね。これは、カラーセラピーの考え方でもあるんです。

カラーセラピーサロン体験

おおしま 確かに、ありのままの自分を許せないでいると苦しいことが増えていくばかりですもんね…。

金山 そして4本目。これは、ご自身の理想とする未来の色です。カラーセラピーは占いではありませんから「こういう状態になるよ」という意味ではありません。あくまでご自身がこういった姿になるためにどうすべきか、を考えていくことが大切です。

Oさんが選んだ色は、上がペールゴールドで下がクリア。カラーセラピーだと、どちらも強烈な光の色です。「もっと制約を外して、自分を解放したい」「今いるステージよりさらに上に行きたい」という願望が表れています。

編集O 今後の仕事について、「自分が持っている武器を使って、さらに活躍の場を広げられないか」と、つい先週考えていたところです(笑)。ズバリといい当てられたので、ただただ驚いています。

金山 Oさんの場合は、ある程度自分の中に答えがありながらも、自信がもちきれていないケースだったようです。オーラソーマの場合はここで終わるのですが、オーラライトは選ばなかった色にも着目するんですよ。

カラーセラピーサロン体験

金山 ひとが色を選ばない理由は二つあります。ひとつは、Oさんがもう十分その色をもっているから。もう一つは、あまりにこの色をもっていないので、選ぶこともできていないためです。これはちょっと問題なんですね。そこで、「ミッシングカラー」といって、今の段階では選んでいないけど、欠けているから補いたい色をお聞かせいただこうと思います。

編集O ミッシングカラーによって、自分に足りない部分がわかるんですね。

金山 グリーンはリラックス。ピンクは愛。ありのままの自分を愛するセルフラブです。マゼンダは周囲のひとへの気配り。バイオレッドは個性や希少性。いままでのお話を聞いていると、Oさんには、自分自身を認めて愛する気持ちであるピンクが足りていないかもしれません。意識的にピンクの小物に変えるなどして、ちょっとだけ補うといいでしょう。

では、最後に今日のヒーリングカラーを選びます。一番気になった色をお聞かせください。

編集O ええと、ブルーです。

カラーセラピーサロン体験

金山 オーラソーマだとここでカラーボトルやツールの購入を勧めるシステムもあるのですが、オーラライトはその必要はありません。これはチャクラライトっていうヒーリングのツールです。左手を出していただけますか。

チャクラライトには、香りや色のエネルギーが入っています。両手でこすったあと、「絶対的な信頼」をイメージするとともに、きれいな青空を想像しながら吸ってください。

カラーセラピーサロン体験

金山 次に「不信感」とともに吐きます。

カラーセラピーサロン体験

金山 これを5回繰り返します。これを「色彩呼吸法」といいます。今後は1日のうち1、2回ほど空を見上げるようにしてみてください。空って、たとえ曇っている日があったとしても、いずれは晴れますよね。これが信頼というイメージにつながります。

編集O そういえば、最近スマホやパソコンの画面を空や海の写真に変えたんですよ。特に意識していなかったけど、無意識にブルーを求めていたのかも。

金山 潜在意識が求めていたのかもしれませんね。カラーセラピーは、このような意味づけが視覚的に確かめられるというメリットがあります。たとえば、私が運勢を占えたり、守護霊が視られたりしても、Oさん自身には見えませんよね。セラピーに来る方が、視覚的に自分のことを知り、考え、本当の自分に気づいていく。一つの色でも、10人いれば10種類の答えが返ってきますから。その意味づけをサポートするのが、カラーセラピーの役割です。

編集O なんだか、最近気づいていたことに対してさらに確信が強まった気がします。カラーから自分の性質がわかるっていうのはおもしろいですね。今日はどうもありがとうございました。

今回はカラーセラピーの一種である「オーラライト」を体験してみました。色彩心理学の知識とともに話を引き出してくれるので、編集Oもより自分の考えに納得でき、新しい課題を再確認できたようです。選んだ色で、自分のことをより深く知ることができるカラーセラピー。自分の考えに自信をもちたい人や、自分が本当に望んでいるものを知りたい人にはぴったりかもしれません。

(取材・文/園田菜々)

【取材協力】
カラーセラピーサロン&スクール WHITE-TARAホワイト・ターラ
https://www.white-tara.com/
住所:東京都品川区南品川4-18-2

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
カラーセラピーサロン体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう