《専門家監修》皮膚科医に聞く、UVケアの基礎知識

UVケアの基礎知識

シミの一番の原因、それは紫外線

春から強くなるといわれる紫外線。日焼けの原因になるだけでなく、シミやソバカス、たるみや肌の乾燥にまで影響を与えます。

なんとなく肌に悪いことはわかっているけれど、実際に紫外線が肌にどの程度ダメージを与え、どんな影響を及ぼすのか、具体的に知る人は少ないものです。

今回はきちんと理解できていない人も多い「UVケアの基礎知識」について、「美容皮膚科シロノクリニック」恵比寿副院長で皮膚科医の中川桂先生(以下中川先生)にお話をうかがいました。

悪いといわれる紫外線の正体とは!

—私たちは日常的に、「紫外線は日焼けのモトで悪いもの!」という認識でいますが、そもそも紫外線ってなんのことなのでしょうか?どうしてそんなに悪いんですか?

中川先生 紫外線とは太陽光線の一種で、波長により「赤外線」「可視光線」および「紫外線」に分けられます。
昔は太陽を浴びると健康的、日焼け肌が美しいといわれ、日光浴を推奨していた時代もありました。しかし、健康を維持するために太陽光にあたる時間は短時間で充分であり、現代では紫外線の人体への有害な面が広く知れ渡るようになっています。

紫外線の悪影響は主に肌に出てきます。
紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」の3つの波長があり、地上に届くのは「UVA」と「UVB」であったのが、近年はオゾン層の破壊により「UVC」まで届くようになり、それぞれがお肌にダメージを引き起こします。

紫外線が引き起こす恐ろしい肌トラブルとは

—環境破壊は、私たちのお肌にも悪影響を及ぼしているんですね。それぞれの波長はどんな肌トラブルの原因になるのでしょうか?

1:皮膚がんの原因

「UVA」「UVB」「UVC」3つの波長すべてが原因ですが、特に皮膚がんに影響を及ぼすのはUVBによるものが大きいといわれています。近年ではオゾン層の破壊により特に紫外線の中でも最も有害な「UV B B C」も地表に届きやすくなっているので注意が必要となっています。

2:たるみやしわの原因

特に長波長の「UVA」により、皮膚の真皮まで影響を及ぼすため、コラーゲン線維やエラスチン繊維が壊されて、しわやたるみにつながります。

3:シミの原因

「UVB」は皮膚の表皮に影響を及ぼすため、肌表面を赤く反応させて炎症をおこし、メラニン色素を増加させ、シミの発生原因となります。

4:お肌が黒くなる原因(日焼け後の色素沈着)

日焼けは「UVA」「UVB」「UVC」全てが原因ですが、日焼け後にメラニン色素を増加させて色素を沈着させるのは「UVB」によることが多く、最もメラニン色素の発生を強くします。

お肌の不調だけでなく、皮膚がんの引き金の可能性にもなるということは、女性だけでなく男性や小さなお子さん、お年寄りまでUVケアをしなくてはいけません。

紫外線のゴールデンタイムは何時?

――1日の中で最も紫外線の影響を受けやすい時間帯はいつなんでしょうか?

中川先生 晴れていてオゾン量などの条件が同じであれば、太陽高度が高くなる正午頃(10~14時)に紫外線量が1日で最も多くなります。」

――気温が高くなる時間より少し前の時間帯に紫外線量が多くなるんですね。とはいえ朝も夕方も紫外線は降り注いでいるので油断は禁物です。朝、家を出るときからUVケアは怠らないようにしたいですね。

効果的なUVケアは?

――お肌に大きな影響を与える紫外線から身を守るには、どんなケアが必要なのでしょうか? 効果的な方法を教えてもらいました。

中川先生 基本は、外出時に衣類から出ているお肌には日焼け止めクリームを塗ること。帽子や日傘を活用するだけでなく、足や手など露出しやすい場所は衣類を工夫し、長時間の露出は避けるようにしましょう。
またサングラスで目から入る紫外線をカットすることも大切です。夏は日焼け止めや衣類などを工夫し、総合的防御をしっかりおこなってください。
一方、冬も抜かりなくケアをおこないましょう。曇っていても冬の紫外線は予想以上にお肌に届いています。日焼け止めクリームは夏と同じく3~4時間に1回塗り直すことが大切です。

また、併用して「飲む日焼け止め」を服用することで、体の内側から光老化を抑制し、日焼け防止効果を高めることができますよ。

――日差しの強い夏でなく冬もUVケアが必要なんですね。スキー場などは標高も高いので紫外線の影響を強く受けます。レジャーの時は、入念にUVケアをおこないましょう。

うっかり日焼けしてしまったら? いざというときの緊急対策!

――日ごろからUVケアをおこなっていても、うっかり日焼けしてしまった経験はありませんか? 特にレジャーに行くと、遊びに夢中になりすぎて日焼け止めクリームの塗り直しを忘れてしまったり……。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

中川先生 肌が赤くなったり、ヒリヒリ感が出たりした時には、とにかく冷やすことが大切です。帰宅してから保冷剤をガーゼにくるんで冷やすことで、肌の炎症が落ち着きます。
そして、日焼けで乾燥した肌をしっかり保湿しましょう。また日焼けしたあとは、カラダの中もカラカラになってしまっているので、水分をたっぷり摂取するようにしましょう。
注意点として、日焼け直後は、刺激が強めのスキンケア用品は控えてください。

――日焼けあとは体の中からも水分が奪われている状態なんですね。他にも、日焼けあとに摂取した方がいい栄養などはあるのでしょうか?

中川先生 日頃から肌を健やかに保つ、インナーケアを心がけることはとてもオススメです。
ビタミンA・C・Eは肌を美しく保ち、紫外線による影響を緩和するのに効果的です。ビタミンA・C・Eはメラニンの生成を抑制し、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌にハリを与えます。ビタミンA・C・Eは抗酸化作用が高いので、積極的に摂取することで、アンチエイジング効果も期待できます。

――UVケアは外側から紫外線をブロックするだけでなく、インナーケアも大切なんですね! 熱が出てしまったり、水ぶくれができるくらい悪化している場合は、火傷と同じです。すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。
紫外線が強いこの季節、しっかりとUVケアをおこない、美しい肌をキープしたいですね。

【取材協力】
美容皮膚科 シロノクリニック
HP:https://www.shirono.net/
中川桂先生

UVケアの基礎知識

関西医科大学卒業後、同大学付属病院皮膚科、国立循環器病研究センター麻酔科を経て、2015年にシロノクリニックに入職。シロノクリニック恵比寿の副院長として、理想的でナチュラルな美しさを最大限に引き出す美容医療を提供している。

UVケアの基礎知識

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム