何かだるい…秋に持ち越したくない「夏の不調」を中医学で解決!

辛い暑さ、中医学的に体にどういう影響がある?

9月になりましたが、まだまだ夏バテや熱中症になりやすい時期。口にするものが冷たいもので多くなってしまったり、冷房の効いた部屋で長居してしまったりする方も少なくないでしょう。また、暑い場所に長時間いることで、頭がぼーっとしてしまうこともありますよね。

今回は、そんな夏に起こりやすいさまざまな不調を、中医学の視点で解説し、おすすめの食材や漢方をご紹介します。

夏は「暑邪」と「湿邪」が原因でさまざまな不調が…

中医学では、夏の暑さからくる夏特有の体調不良を「暑邪(しょじゃ)」といい、いわゆる夏風邪に近い意味を持ちます。症状としては、高温多湿になることで、体内の熱が上がって頭がさえなかったり、皮膚の弱い人は炎症が生じたり、たくさんの汗をかいたりといったものです。

特に汗のかきすぎには、中医学的にも注意が必要です。汗をかきすぎると、疲労感やだるさ、息切れのような症状が現れやすくなりますよね。これは、体内の水分が抜けることで、エネルギーが消耗しやすくなっているためです。

また、日本の夏は高温多湿のため「暑邪」だけでなく、湿度による「湿邪(しつじゃ)」にも気をつけなくてはなりません。湿気に弱い脾胃(ひい)の機能が弱くなってしまい、食欲不振、下痢、夏痩せといった症状が現れやすくなります。

「暑邪」と「湿邪」の特徴を知り、夏の不調を秋に持ち越さない予防をしていくことが大切です。

夏の不調タイプに合わせて摂取したい食材や漢方

「暑邪」と「湿邪」が原因で起こる夏の不調はさまざま。不調に合わせて食材や漢方を選び、摂るようにすることが大切です。症状別にご紹介します。

<体が熱くなって元気がない…夏バテ症状>

主に「暑邪」による症状です。体が熱くなり、汗が出てやせ細っていき、どんどん元気がなくなっていくような「夏バテ」。そんな時は、以下のような食材を摂るといいでしょう。

・山芋
・大豆
・豆腐
・桃
・リンゴ
・うなぎ

これらの食材は、身体のエネルギーを補ってくれるのでオススメです。

また、夏バテ専用の漢方薬として「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」というものがあります。夏の暑さを、清水のように体をさわやかに冷やして、元気のエネルギーを満たしてくれる漢方薬です。

<身体の中に熱を感じる…熱中症症状>

炎天下などに長時間いたときに、顔がほてっていたり、身体に熱を感じたりする症状「熱中症」。こちらも主に「暑邪」の影響です。以下の食材を摂り入れるようにしましょう。

・スイカ
・冬瓜
・キュウリ
・ゴーヤ
・トマト
・小豆

体の熱を自然と取ってくれる夏野菜も有効活用してみてください。

熱中症対策に役立つ漢方薬としては、「白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)」がよく用いられます。漢方処方の中の石膏が、体にこもった熱を冷ましてくれる効果が期待できます。

<胃がムカムカ…食欲不振>

あまりの暑さに冷たいものを摂りすぎたり、冷房の効いた部屋に長居したりすると、体の水分コントロールがうまくできなくなってしまい「湿邪」が溜まってしまいます。

その結果、消化器の不調が起きやすくなり、食欲がなくなってしまうことも。そのような症状があるときは、利尿作用や、解毒作用があり、胃のムカつきを抑える効果のある、以下のような食材を積極的に摂るといいでしょう。

・緑豆
・春雨
・もやし
・梅干し
・紫蘇
・柑橘類

また、食欲不振のときに使える漢方としては、胃腸の疲れが強い方には「六君子湯(りっくんしとう)」、下痢や吐き気がある方には「胃苓湯(いれいとう)」がオススメです。

今回は、夏の不調に効く食事や漢方をご紹介しましたが、それだけでなく、冷房の効いた部屋に長時間いることを避ける、暑い場所に外出する際は帽子や日傘を持参する、水分をしっかり摂るなど、日常の生活にも十分に気を配ることが大事です。

今のうちに夏の疲れをしっかり取って、秋に持ち越さないようにしましょう。


【参考】
『オットー博士のなるほど!東洋医学』第五回-暑さで体を壊さないように-|東邦大学医療センター大森病院
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/oriental_med/guide/column/column_05.html
夏バテせずに、パワフルに過ごす!~夏の薬膳~|All about
https://allabout.co.jp/gm/gc/301374/

02miyamoto

宮本知明
薬剤師

総合病院で薬剤師を経験。学生時代の病院・薬局の6カ月の実務実習と薬剤師になってから仕事をしていく中で、患者さんの薬依存の実態、減薬されていかない現状を目の当たりにし、現代医療と薬に疑問を持ち始める。自然療法・心理療法の資格を習得し、講師業・執筆業を通じて薬を減らす健康管理から豊かな人生へ導く「ホリスティックヘルス」を個人・家庭から促す啓蒙活動を現在行っている。
日本ホリスティック医学協会専門会員。日本抗加齢医学会会員。日本プライマリ・ケア連合学会会員。
宮本知明公式ブログhttp://holisticpharmacist-tomo.com/

辛い暑さ、中医学的に体にどういう影響がある?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム