キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

生理の悩みが解消される!? 月経カップを使って感じたメリットデメリット

生理の悩みが解消される!? 月経カップを使って感じたメリットデメリット

毎月訪れる生理の大変さを、少しでも軽減させたいと考える女性は多いもの。とくに下着や洋服を汚す可能性のある「経血」については、タンポンやナプキンなどを使ったり、人によっては経血量を少なくするため、生活習慣の改善を図る人もいるようです。

悩める経血ですが、実は今「月経カップ」なるアイテムがじわじわ浸透しているといいます。もともとは海外で話題となった月経カップですが、最近は日本製の商品も販売されています。今回は第三の生理用品になるかもしれない月経カップについて、ライターOが体験談をご紹介します。

月経カップとは一体なに?

月経カップとは、経血を抑えるためのシリコンカップ状の生理用品です。片手に収まるサイズのシリコンカップで、膣内に挿入し蓋をすることで、経血漏れを防ぎます。

「ディーバカップ」や「ムーンカップ」「スクーンカップ」など、メーカーにより名称が異なりますが、1個3000円ほどで購入でき、1回挿入すると最大12時間(経血の量やカップの大きさにもよる)ほど膣内にとどめておくことができます。

カップ摘出後は洗って再度使用が可能。慣れれば経済的で、しかも漏れや臭いに悩むこともないといいます。

生理の悩みが解消される!? 月経カップを使って感じたメリットデメリット 
大手海外メーカーの月経カップ。ショットグラスほどの大きさで、強度の高いシリコンを使用しています。

月経カップの素材はシリコンですが、メーカーによっては医療用シリコンを使用したものや、色展開やサイズ展開が豊富なものもあります。きちんと装着し、交換タイミングを逃さなければ、ナプキンなどのフォローがなくて良いため、快適な生理ライフが送れるそうです。

月経カップのメリットデメリット

月経カップのメリットは多くありますが、デメリットももちろんあります。まずは一般的にいわれるメリットデとメリットをご紹介します。

<メリット>

・自分の経血量を把握できる
・経血が外気に触れないので、臭いが少なくてすむ
・経血漏れを防ぐことができ、長時間移動や睡眠時が快適。海や湯船に入ることも可能
・月経カップを繰り返し使えば、生理用品のコストが抑えられる
・ナプキンにありがちな皮膚かぶれを引き起こすことがない

生理用品のデメリットが全て払拭されるような気がしますね。とはいえ、月経カップのデメリットももちろん存在しますので、あわせてご紹介します。

<デメリット>

・慣れないと、月経カップは入れにくい
・公衆トイレでの月経カップ交換は、手が汚れるし面倒
・月経カップを取り出すタイミングを間違えるとカップに経血がおさまらずにあふれてしまう

デメリットの方が少ないように見えますが、汚れなど衛生面の心配もあるので、ちょっと不安になりますね。これらは使い続けるとコツを覚えて大丈夫になる人が多いようですが、実際はどうなのでしょう。

本気レポート! 月経カップを使って感じたこと

気になる月経カップの使い心地を、今回ライターOが現物を購入し体験します。まずは海外で一般的なメーカーのものを取り寄せました。シリコンなのでふにゃふにゃとしたさわり心地ですが、やわらかすぎたり、ちぎれそうだったり、ということはありません。

カップを縦に四つ折りにして、ひねるように膣に挿入します。最初の感覚としては「で、でかい……」という違和感です。カップはショットグラスほどの大きさがあるため、折りたたんで入れるのはちょっと大変。

しかし、途中まで入れると、するすると膣内にすいこまれます。奥まで入ったら装着は完了。自然にカップが元の形状に戻り、経血を止めてくれます。入れてしまえば痛みや違和感はほとんどなく、かなり快適です。そのまま1日を過ごしてみましたが、臭いも漏れも違和感もなく、使い心地ばつぐんです。

しかし、次第に「外しどきはいつだろう?」という不安がよぎります。もちろんいつ外してもいいのですが、外出先だと外したカップを洗うことができず、かといって経血で汚れたカップを膣内に戻すこともできない。慣れている方はウエットティッシュでカップの汚れを拭きとるようですが、できれば洗いたい。

結局、帰宅までの約7時間、カップを入れっぱなしにしてしまいました。自宅のトイレでカップを抜こうとすると、案の定カップの中の経血量はオーバー。抜いたそばからドバーっと経血があふれてしまい、あわや大惨事になりそうでした。

その後何回かカップを使ってみましたが、個人的には抜くときに手が汚れることが非常に気になり、習慣化することはありませんでした。

ただ、経血量の把握や交換タイミングについては回数を重ねるごとにコツがつかめてきます。人によっては「月経カップを取り出す際に、ウエットティッシュでつかめば手をよごさずにできる」などの裏技を編み出している人もいるようですので、そこまで心配はいりません。

最終的にはご自身の使い勝手や経済的な価値観などでジャッジをすべきですが、個人的な感想を述べると、手が汚れるという1点を除けば慣れると非常に快適ですし、使用するメリットがたくさん感じられると思いました。

経血量の不快感に悩む方は、一度使用を検討してみると新しい爽快感を体験できるかもしれませんよ。

<文/ライターO>


【参考】
繰り返し使える生理用品「月経カップ」の真実
http://toyokeizai.net/articles/-/173441

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
生理の悩みが解消される!? 月経カップを使って感じたメリットデメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう