だるい、疲れが取れない…「気虚(ききょ)」の原因と対処法

だるい気虚

疲れやすくて、寝ても疲れが取れない、体がだるい、食欲がないなどの症状は、体が「気虚(ききょ)」の状態になっている可能性があります。では「気虚」とは一体どんな状態なのでしょうか? 対処法とともに気虚について深掘りしてみました。

あなたの「気」足りていますか?

東洋医学の考えに基づくと、「気」とは、元気や気力といった生命エネルギーのこと。「血(けつ)」や体内を満たす「津液(しんえき)」を巡らしたり体を温めたり、外部の邪気から体を守る働きなどをしています。

気は、運動や労働などで減少しても、食事と睡眠をしっかりとれば回復するとされています。しかし、胃腸の働きが低下していたり、体質的に胃腸が虚弱であったりすると、気が不足しがちに。また、過労が続くと気の回復が間に合わず、気が不足しがちな状態になります。

この「気が常に不足している状態」を「気虚」というのです。

気虚になると「疲れやすい」「体がだるい」「食欲がない」「胃がもたれる」「下痢になりやすい」といった症状がよく出ます。また体が冷えやすくなったり風邪を引きやすくなったりもしがちです。

食事と睡眠、「ツボ」も効果的

気の不足を放置しておくと、さまざまな不調や病気を招くことになりますので、早めに対処するようにしましょう。

<食養生>

気を回復させるためには、バランスの良い食事をしっかりとり、生活リズムを整えることが大切です。
気は朝作られるといわれています。まずは、1日の活力源となる朝食をしっかりとることから始めるといいでしょう。ただし、満腹になるまで食べてしまうと、胃や腸を疲れさせてしまいます。腹八分目を心がけましょう。

胃腸の働きを低下させる冷たいものや生もの、消化に時間がかかり胃腸に負担をかける油っこいものをとり過ぎないように。食材としては、気を補うとされる、うるち米やもち米、黒米、さつまいもや、じゃがいも、山芋といった米類やいも類、大豆や空豆などの豆類がオススメです。体がだるかったり元気が出なかったりしてすぐに気を補いたい場合は、朝鮮にんじんや牛肉、鶏肉、エビ、ウナギなどもいいでしょう。身体を温めるにんにくやしょうが、ねぎ、シナモンなどを加えてもいいですね。

<水分摂取>

冷たい飲み物は、胃腸を冷やして機能低下をまねきます。温かいものを飲むように心がけましょう。気虚には特にほうじ茶、紅茶、杜仲茶が効果的。紅茶に、気の巡りをよくして体を温めるシナモンやしょうがを加えた、シナモンティーやジンジャーティもオススメです。

<ツボ>

食事や水分摂取と同時に、「ツボ押し」も気虚の状態を改善する役に立ちます。

●中脘(ちゅうかん)
中脘はお腹にあるツボで、みぞおちとおへそのちょうど中間の正中線(体の中央を通る線)上にあります。胃の調子を整え、気を補う効果があります。呼吸に合わせて息を吐くときに押して、吸うときに戻す、またはやさしく揉むといいでしょう。

●気海(きかい)
おへその中心から指2本分下にあり、体を元気にするツボです。人差し指と中指でやさしく押したりマッサージしたり、温めるのもオススメです。

●足三里(あしさんり)
両足にあるツボで、足の膝の皿から指4本分下、足のすねから指3本分外側のくぼみにあります。足三里は、さまざまな効果のある万能ツボといわれ、体を元気にするツボです。特に、胃腸の働きを良くします。温かいシャワーを当てたり、軽く押してもんでみてください。

全身の疲労には漢方で対処することも

全身の疲労に用いる代表的な漢方処方に「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」があります。補中益気湯の「中」とは「中焦(ちゅうしょう)=胃腸」のことで、「胃腸の働きを高め、気を増すす」方剤です。

気を増やす作用のある「人参(にんじん)」と「黄耆(おうぎ)」を主薬とした10種類の生薬からなる漢方薬。胃腸の働きを整え、血を補い、巡りを良くして気の生成を促すと同時に、体を温めるなどの働きによってぐったりとしんどい全身の疲れ、食欲不振を改善します。

漢方薬を選ぶときは、症状だけでなく体質に合ったものを選ぶことが大切です。ご自身の体質に合っているかどうか漢方医や漢方薬局で相談して、上手に使ってくださいね。
(文/大田あこ)

ロート製薬からのお知らせ
【PR】
寝てもだるさが抜けない、疲れやすい、食欲がないと感じたら、ロート製薬のロート補中益気湯錠を試してみてはいかかでしょうか。
補中益気湯は、疲れた体や弱った体に効果的な10種類の生薬からなる漢方薬です。胃腸の働きを整え、身体の回復力を補いながら、全身の疲労に効果を発揮します。

%e7%84%a1%e9%a1%8c-png1010-25-2
出典:ロート製薬http://jp.rohto.com/wakansen/product/item12/
<販売名>ロート補中益気湯錠
<分類>第2類医薬品
<効能・効果>体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒
<用法・用量>
次の量を1日3回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。
成人(15才以上)…1回4錠、7才以上15才未満…1回3錠、5才以上7才未満…1回2錠、5才未満…服用しないこと
※食間とは、食後2~3時間をさす。

詳しい商品情報はこちらhttp://jp.rohto.com/wakansen/product/item12/


参考サイト
日刊トレンディネット:http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20100723/1032471/?P=3&rt=nocnt
補中益気湯 All About:https://allabout.co.jp/gm/gc/371463/
「夏ばてに備える」(2)バランスよく食べ体温一定に YOMIURI ONLINE:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170615-OYTET50048/
「気」が不足している「気虚」とは 漢方の山中薬局:http://www.k4.dion.ne.jp/~yama.ph/008-04kikyo.html
中脘(ちゅうかん)をツボ押しする 漢方デスク:
https://kampodesk.com/acupunctures/77153

だるい気虚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう