歯周病ってなに? 原因とセルフチェック方法

歯周病ってなに? 原因とセルフチェック方法

11月8日は「いい歯の日」。いつまでもおいしい食事を味わうために、歯は大切にしたいところです。しかし、成人した日本人の8割は歯周病、またはその予備軍だといわれています。

そこで、歯周病の原因やセルフチェック方法、対策を紹介していきます。

歯周病って何? その原因は?

歯周病は歯周病菌により引き起こされる感染症です。歯周病菌は生きた細菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれている細菌の一つで、歯を根元から支える歯槽骨(しそうこつ)や、歯と歯槽骨を結ぶ歯根膜など周辺の組織を溶かします。歯周病になると、歯茎に腫れや出血がみられるほか、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともあります。

約37度で一定の湿度が保たれているほか、食事により栄養が常に補給される人間の口内は、細菌が繁殖するには絶好の場所だといわれます。

多くみられるのは、虫歯を治療する際に使われる銀歯など、詰め物の根元で繁殖するケースです。かぶせ物をした場合も同じく、自分の歯に合っていないと、その周囲に付いた歯垢から歯周病菌が広まってしまうこともあります。

また、加齢や慢性的な持病などによる免疫力の低下も、歯周病の元になります。日頃の生活習慣も大切で、喫煙者であれば歯茎の血行が悪くなり歯周病への抵抗力が弱まることがあります。

ほかにも、歯にくっつききやすいといわれる甘いものを過度に摂取するなども、歯周病の源である歯垢を増やす原因になりかねません。

さらに、口呼吸も腔内が乾燥しやすくなるため、歯垢が溜まりやすくなる原因になります。歯茎によけいな力を加える歯ぎしりも、炎症を起こしやすくなります。

歯周病セルフチェック

歯周病かどうかをみきわめるセルフチェック方法があります。以下の項目にいくつ当てはまるかを、さっそく数えてみましょう。

・歯磨きをするとブラシに血がつく
・自分の口臭が気になってきた
・目が覚めたとき、口の中に“ネバネバ感”がある
・鏡で見たときに歯茎が赤く腫れあがっている
・歯茎にむずがゆさや痛みがある
・以前よりも堅いものが噛みづらくなった
・以前よりも歯の見える部分が長くなった
・歯の間のすきまが広がり、食べ物が挟まるようになった

7つ以上なら、歯周病の症状がかなり進んでいる証拠。4つ〜6つなら症状がだいぶ進んでいる可能性があり、3つまでならこの次に紹介する予防法を意識したり、歯科検診などを考えましょう。

歯周病の予防方法

歯周病の予防に欠かせないのは毎日の歯磨きと、定期的に歯医者へ通い、チェックとメンテナンスをおこなうことです。

歯磨きはできる限り、食後に必ずおこなうようにしましょう。力任せにやるのではなく、左右細かく動かし、かすかな振動を与えるように心がけます。歯周病対策には、歯と歯肉の間となる歯周ポケットを意識して行うのも肝心です。

また、人それぞれの歯並びの違いから、磨き残しが多くなる箇所もあります。自分に合った磨き方は、プロである歯医者さんから教えてもらうのも役立ちます。

歯周病になってしまえば、せっかくの食事も楽しめなくなってしまいます。いつまでも美味しいものを味わうためにも、くれぐれも日頃のメンテナンスなど気をつけておきたいですね。


【参考】
やるとやらないで大きな差 プロによる歯の定期メンテ
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO13416380X20C17A2000000?channel=DF140920160927
https://style.nikkei.com/article/DGXDZO50260210U3A100C1W13001?channel=DF140920160921
歯周病の原因
http://systema.lion.co.jp/shishubyo/about/genin.htm
歯周病とは?
http://www.jacp.net/perio/about/
歯科医師が教える「正しい歯磨き方法」のポイント5つと、意外なうがい法
http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/05/teeth/

歯周病ってなに? 原因とセルフチェック方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう