《専門家監修》のどの痛みや風邪諸症状に!「大根はちみつ」で冬を乗り切ろう

のどの痛みや風邪諸症状に!「大根はちみつ」で冬を乗り切ろう

寒い冬になると流行する風邪。風邪の症状で、のどの痛みを感じるときは、痛みを少しでもやわらげて、食事をしっかり摂ってはやく治したいものですよね。そんなときにおすすめなのが、とろりとした食感でのどを潤してくれる「大根はちみつ」です。今回は、「大根はちみつ」の作り方と効用についてご紹介します。

材料は2つだけ!「大根はちみつ」の作り方と取り入れ方

「大根はちみつ」は、家庭にあるシンプルな材料で簡単に作ることができます。

<材料>
大根・・・5㎝程度
はちみつ・・・適量
密閉容器・・・1個(蓋つきのびんやタッパー)
分量は、お好みで調節してください。

<作り方>
1、大根は、皮をむいて1㎝程度の角切り(サイコロ状)にします。
2、1を容器に入れ、大根全体にかかるようにはちみつを注ぎます。
3、フタを閉めて、しばらくおきます。3時間ほどで水分が大根から出てきます。はちみつとなじんでシロップ状になればできあがりです。

このシロップを水やお湯で割っていただきます。のどの痛みがひどいときは、ティースプーン1杯程度をそのまま舐めてもいいでしょう。大根はそのまま食べることもできます。ゆずやレモンなど柑橘類を加えて甘酢漬けのように食べてもおいしくいただくことができます。

できあがったら冷蔵庫に保存して2〜3日以内に食べるようにしましょう。長期保存はできませんので、症状に合わせて飲みきれる分だけ作るほうが安心です。

大根の辛み成分がのどの炎症を鎮めてくれる

大根に含まれている辛み成分は、殺菌作用が強く、のどの炎症を抑える効果が期待されています。また、血栓の予防、食欲増進、発がん性物質の活性化を抑える作用があるなどいろいろな効果も期待されている注目の成分です。

この辛み成分は、イソチオシアネートとよばれるアブラナ科の野菜に含まれているイオウ化合物の一つで、長ネギ、玉ねぎ、にんにく、にらなどのユリ科やきゃべつ、わさびなどにも含まれており、食品独特のよい香りやツンとつくような臭いのもとになります。切ったりすりおろしたりすると、野菜の細胞が壊れますが、このとき辛み成分が作られています。

また、大根はほとんど水分ですが、食物繊維やビタミンCが含まれています。ビタミンCは、ウイルスと戦う免疫活動をおこなう白血球の働きを強くしたり、ビタミンCみずからウイルスに攻撃したりと、免疫力を高める働きがあります。免疫力が高まると、風邪をひきにくくして風邪の回復も早まる効果も期待できます。

はちみつとの相乗効果で効果UP

はちみつには、昔から薬としての効果があると考えられていて、世界中で利用されています。はちみつもまた殺菌効果が知られていることから、邪の症状やのどの治療に期待できます。

さらに、はちみつはビタミン類やミネラル、アミノ酸などの栄養素を豊富に含んでいるため、風邪の症状があるときに食べると吸収がよく、エネルギーや栄養を効率よく摂ることができます。

「大根はちみつ」は、のどの痛みや風邪の症状をやわらげてくれる効果が期待できます。大根とはちみつがあればすぐ作ることができますので、試してみてはいかがでしょうか。

妊娠中で薬が服用できないときや、夜に咳が出て眠れないといった辛いときに役立つかもしれません。

ただし、はちみつにはボツリヌス菌が混入している危険性もあります。1歳未満の乳児が食べるとボツリヌス症を引き起こす可能性があるといわれていますので、乳児には食べさせないようにしましょう。

また、必ずしも「大根はちみつ」で風邪が治るというわけではありませんので、症状がよくならないときは病院を受診するようにしましょう。

岡田

岡田明子(おかだあきこ)
一般社団法人NS Labo代表理事 管理栄養士

健康や美容関連のレシピ提供や商品開発、講演や執筆、メディア出演などヘルスケア分野を中心に幅広く活躍中。自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べて痩せるダイエットメソッド」を確立。個人への食事サポートも行いダイエットや妊活に悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。

(著書)
朝だから効く!ダイエットジュース(池田書店)
美腸ダイエットジュース (池田書店)
30代からの妊活食(KADOKAWA)

HP:http://ns-labo.jp/
ブログ:http://okada-akiko.com/


【参考】
ヒリヒリ喉に蜂蜜大根シロップ|AllAbout
https://allabout.co.jp/gm/gc/301297/
冬の風邪に!話題沸騰「はちみつ大根シロップ」を試す人が続々|AUTHORs
https://beauty.authors.jp/food/36689
「健康食品」の安全性・有効性情報|国立健康・栄養研究所
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail3021lite.html
『改訂新版 いちばん詳しくて、わかりやすい!栄養の教科書』(新星出版社)

のどの痛みや風邪諸症状に!「大根はちみつ」で冬を乗り切ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう