今年の厄を払い、来年の美容と健康のために! 管理栄養士が教える「年越しそば」の選び方・食べ方

年越しそば

大晦日に食べる伝統食と言えば「年越しそば」。管理栄養士である筆者が、年越しそばの由来から美容と健康に良いそばの効能や選び方、おすすめの食べ合わせについてご紹介します。

年越しそばの意味や由来とは?

年越しそばは江戸時代から定着した食習慣と言われており、由来については諸説あります。

1.鎌倉時代、博多にあったお寺で年を越せない貧しい町人にそば餅を振る舞ったところ、翌年からみな運が上を向いたためという説
2. 三角の形をしたそばの実は縁起が良く、無事息災のために「そばがき」を食べたとする説
3.そばは切れやすいため、一年の苦労や厄、借金をきれいバッサリ切り捨てるために食べた説
4.金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのにそば粉を使うことから、金を集める縁起物とする説
5.そばが体の新陳代謝を促すことから、体内を清浄して新年を迎えるという説

縁起物としてそばを食べていたということもありますが、そばの栄養と効能を、昔の人も体で感じ取っていたようですね。

年越しそばの効能UP! より美容と健康に良いそばの選び方

そばには、具体的に次のような栄養や効能が知られています。

1.ルチン…シミ・しわの予防に

細胞にダメージを与え、病気や、女性としては避けたいシミやしわなどの老化をすすめる原因となる活性酵素を抑えるルチンを多く含んでいます。

2.ビタミンB群…お疲れ解消、口内炎の予防、二日酔い予防

そばに多いビタミンB1は糖質をエネルギーにする際に必要なため、不足すると疲れや食欲不振を招きます。ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康に保ち、風邪や口内炎の予防良いと言われています。アルコールの代謝を促進すると言われているビタミンB群の仲間のナイシアンも多く含まれており、お酒をのむ機会の増える大晦日にぴったりです。

3.食物繊維…肌のコンディションアップ

便秘にお悩みの方は、麺類で一番おすすめなのがそばです。100gあたりの食物繊維の量は、うどんが2.4gなのに対し、そばは3.7g。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維どちらも含まれるので、スムーズなお通じに繋がります。腸内環境の良さは肌のコンディションの良さと関係しています。

JAS(日本農林規格)によると、そば粉が40%含まれていればそばを名乗れます。商品の袋に記載されている原材料は重量が多い順番で書かれているので、一番初めが小麦粉であればそば粉よりも小麦粉が多いということ。美容と健康のためにそばの栄養をいただくなら、100%そば粉で出来た十割そばがおすすめです。

また、そばにも2種類あり、普通のそばと「韃靼(だったん)そば」があります。大きく異なる点として、韃靼そばはルチンと苦味成分の含有量が極めて高いこと。日本食品分析センター調べのデータでは韃靼そばは普通のそばの120倍多くルチンが含まれていたそうです。ルチンの効能を取り入れたい方は、韃靼そばを選んでみてください。

栄養を効果的に取り込む! おすすめの食べ方

そばに含まれるルチンやビタミンB群は水溶性成分のため、茹でるとゆで汁に移行しやすくなります。そばの有用成分を余すところなく取り入れるにはそば湯までしっかりいただくのがおすすめですが、注意して欲しいのが塩分量。飲みすぎには注意して、そばの風味を楽しみましょう。

また、そばを食べるときは、ぜひ美肌に欠かせないたんぱく質が豊富なエビ天や鮭、ブリなどをのせていただきましょう。縁起を担ぐ意味でもおすすめです。

エビ天

エビは体を大きく成長させるために、脱皮をします。1年の悪いことを脱ぎ捨てて、新しい年を迎える準備をしましょう。

鮭・ブリ

大晦日に「年取り」といって家族揃って年越しのお祝いをするという風習があります。東日本では「栄える」鮭、西日本では「出世魚」のぶりが年取り魚と呼ばれているそうです。

さらに、そばに含まれるルチンにはビタミンCの吸収を良くする働きがあるため、サイドメニューにビタミンCの豊富なブロッコリーや赤ピーマンを使用したサラダ、食後に柿やキウイフルーツなどを添えるのがおすすめ。ビタミンCはコラーゲンを生成し、肌に弾力やハリをもたらし、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐはたらきもある美肌に大切なビタミンです。

今年一年の厄を落とし、新しい年を縁起良く迎えるためにも、年越しそばをより効果的に、かつ美味しくいただきましょう。なお、そばアレルギーの方はそば湯はもちろん、同じ釜で茹でたうどんも危険です。外食でいただく際はしっかりと確認してくださいね。


【参考】
食品成分データベース(干しうどん乾と干しそば乾)|文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl
乾めん類の日本農林規格|農林水産省告示
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/kikaku_12_kanmen_160224.pdf
韃靼そばの栄養成分|日穀製粉株式会社
https://www.nikkoku.co.jp/entertainment/dattansoba/nutrition.php
高速液体クロマトグラフィーによるそばルチンの定量|日本食品工業学会誌
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1962/36/2/36_2_114/_pdf
日本の海老食文化|一般社団法人日本海老協会
http://ebikyoukai.jp/know.php
食生活マメ知識|一般社団法人FLAネットワーク協会
http://www.flanet.jp/column/201412.html
『蕎麦の事典』新島繁編著(株式会社柴田書店)
『新しい実践栄養学』落合敏著(主婦の友社)
『おなかの調子がよくなる本』福田真嗣著(KKベストセラーズ)
『ニッポンの縁起食』柳原一成・柳原紀子著(日本放送出版協会)

海老沢直美

海老沢直美
生理前の不調(PMS)改善カウンセラー・管理栄養士

管理栄養士としてレストランやスポーツの現場で選手の栄養サポート及び健康指導に従事。病院給食勤務、特定保健指導を経て現在は、PMS(月経前症候群)に悩む方へ食事カウンセリングを行う。高校生から13年悩んでいた自身のPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、望む人生を送る女性のサポートをしている。昭和女子大学卒。
海老沢直美「生理前を楽にする方法」
公式ブロhttps://ameblo.jp/ebihoro1856/
FBページ fb.me/pms.raku

年越しそば

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム