キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

カンタン健康法「白湯(さゆ)」の基本的な作り方と効果的な飲み方

白湯

「白湯」という飲み物を知っていますでしょうか。白湯は水を温めたもので、飲むことでカラダを温め、血の巡りをよくしてくれて、内蔵の働きを整えてくれる働きがあるとされます。

寒さで体が冷えると、血のめぐりが悪くなったり、内臓の働きが鈍くなったりすることがあります。何だか体がだるい、便秘などでおなかの調子がよくない…。そんなときは、白湯を上手に取り入れて、体調管理に勤めたいものです。

今回は手軽に味わうことができる白湯の基本的な作り方と、取り入れる際のポイントについてご紹介します。

なぜ「白湯」が体にいいのか?

水を温めるだけで完成する白湯。でも、ただお湯を沸かせばいいというものではありません。白湯は本来、何も入れていない水を沸騰させてから、50℃くらいに冷ましたものを指します。白湯が体にやさしいことは、世界三大伝統医学の一つであるインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」が教えてくれています。

アーユルヴェーダでは、自然界は「水(カパ)」「火(ピッタ)」「風(ヴァータ)」の3つの要素から成り立っているとされ、健康のためにはこれら3つのバランスをとることが大事だと考えられています。

アーユルヴェーダを詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

白湯は材料から分かるとおり「水」の要素を持っています。火にかけられることで「火」の要素をもち、沸騰するときに気泡が出ることから「風」の要素が加わり完成します。白湯は「水」「火」「風」の3要素すべてを兼ね備えているため、体内のバランスを整えてくれる効果があるともいわれています。

白湯が体に与える効果

食べものは食道から胃に入り、十二指腸を通って小腸で栄養が吸収されます。消化器官が十分に働いていると、食べたものをきちんと消化し、血液を通じて全身に栄養がいきわたります。しかし、消化器官の働きが弱いと栄養を十分に消化しきれず、余分な糖やコレステロールなどが毒素として溜まるため、体質の変化や病気の原因になると考えられています。

白湯を飲むと、水分が補給されるだけでなく、体の内側から温まるので消化器官の働きが高まるといわれます。お湯で手や体を洗うと汚れが落ちるように、白湯が体の中をきれいに洗い流してくれるため、溜まった毒素を排出しやすくなり、便秘の解消やむくみの改善などが期待できるのです。

さらに、体が温まると、新陳代謝が活発になるため、脂肪が燃焼しやすくなったり、血流がよくなるため免疫力が高まることも期待できます。また弱った胃腸の働きも活発になり、冷え性が改善されるなどの効果が見込めます。

白湯の作り方の基本と効果的な飲み方

ここでは白湯の基本的な作り方をご紹介します。

きれいな水をやかんに入れて強火で沸騰させます。沸騰したらそのまま弱火にし、ブクブクと泡が立つくらいの火加減で10~15分お湯を沸かし続け、そのあと50℃くらいの温度に冷ますとできあがります。白湯に使う水は、できれば塩素の含まれていないミネラルウォーターなどがおすすめです。

飲むべきタイミングは、起床時や就寝前、3度の食事中など、1日に3回、コップ1杯程度(150cc)を目安に飲みます。特に大切なのは“浄化の時間”といわれる朝で、空っぽのカラダに5~10分くらいかけてゆっくり飲むのがおすすめです。大量に飲み過ぎると、腸内の栄養が吸収される前に体外に流れてしまうので、1日に飲む量は、コップ5~6杯程度(700~800cc)にとどめるようにしましょう。

お金もかからず、簡単に作れて、からだの中からきれいにしてくれる白湯。一度、試してみてはいかがでしょう。


【参考】
白湯でデトックス アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果
http://wellfy.jp/articles/387
一杯を飲み続けるだけで体質が変わる!「朝の白湯」に毒出し効果アリ
http://otonasuhada.jp/morning_sayu/
白湯で腸内環境と冷えを改善。毒出し効果バツグンの白湯の作り方とコツ
http://otonasuhada.jp/tips_sayu/
白湯を飲み始めて4年…究極のデトックスを体で実感!
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1401949401150/
お湯を飲むだけ!「白湯」が健康に良いのは本当か
http://diamond.jp/articles/-/88544

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
白湯

この記事が気に入ったら
いいね!しよう