「疲れがとれない」そんなときは漢方の「腎」をケアしよう

生命力の源「腎」をケアして、若々しさキープ!

「最近なんだか疲れがとれない」「急に白髪が増えた」など、病気ではないけれど、カラダの不調を感じている人はいないでしょうか。

特に寒さの厳しい冬は、疲れに加えて寒さによって体調を壊す方も増えています。そんなときは、中医学(中国漢方)の世界の考え方に即した「腎」の働きを少し見直してみましょう。腎は漢方の世界では“生命の源”と呼ばれるくらい、元気なカラダづくりにおいて大事な働きをしてくれています。

寒い冬にはこの腎ケアが欠かせない季節。腎の働きをサポートしてくれる冬の食材をご紹介します。

漢方の「腎」ってどんな働きをするところ?

中医学の世界では、五行学説という考えのもと、人間の働きを「心」「肝」「脾」「肺」そして「腎」という5つのグループに分類し、お互いが助け合ったり抑制し合ったりしながら、バランスを取っていうると考えられています。

(参考)漢方と五行論について

その中でも腎は、「腎臓」をはじめとする「間の成長や生殖機能を担う大切な器官をまとめたもので、成長や生殖に欠かせないエネルギー「精」を蓄える場所でもあります。いわば人間にとって生命力の源。腎が弱ってしまうと精を蓄えられなくなり、疲れやすくなったり、息切れしやすくなったり、不妊症や白髪、耳が遠くなるなどの現象が進むといわれています。

寒い冬は体がちぢこまり血流も悪くなり、腎が冷えて傷付くという悪循環が生まれます。そのため、寒さの厳しい時期は、1年の中でもっとも腎をケアする必要がある季節になります。

腎をケアするための食材と食事のポイント

五行学説では、すべての食べ物が五行のいずれかに対応しているという考え方のもとにあります。腎の働きを助ける食べ物としては、おもに“黒い食べ物”が有効であるとされ、たとえば黒米や黒豆、黒きくらげや、しいたけなどは、滋養強壮効果があるために腎をサポートしてくれます。

また、ミネラル分であるヨードを多く含んだ海藻類は「鹹味(かんみ)」と呼ばれ、こちらも滋養強壮効果があり、腎の働きを補ってくれると考えられています。

ここでは黒い食べ物だけでなく、腎の働きをサポートしてくれるさまざまな食材をご紹介します。

・エビ

腎の気を補い、体を温めてくれます。エネルギー不足による疲労感や足腰の冷え、めまいやふるえに効果があるとされています。鍋や炒め物など温かい状態で食べるのがおすすめですが、アレルギーを起こしやすいため、腫れ物、皮膚病などがある場合は控えましょう。

・昆布

腎の気の巡りをよくし、むくみの解消に効果があるとされています。体内の水分バランスを改善してくれるため、血の巡りもよくなり、動脈硬化の予防にもなります。この時期はぜひ、お鍋やおでんに入れて食べるのがおすすめです。ただ、摂りすぎると甲状腺機能亢進症になるおそれがあるため注意も必要です

・羊肉

肉類の中では、腎を温める力がいちばん強いといわれています。腎の気を補い、下腹部を温めてくれる効果があるとされ、足腰の冷えを改善する効果も期待できます。寒さの厳しい北海道で、ジンギスカンが愛される理由も納得できますね。

・黒豆

おせちでは「“まめ”に働けるよう健康でいられるように」と願いが込められる黒豆。腎の機能を高めるだけではなく、血の巡りをよくする働きもあるといわれます。利水作用があるのでむくみの防止を期待できるほか、腰痛、老化防止にも役立つといわれています。

・牡蠣

腎を潤して、血を補ってくれます。血が不足することによるによるイライラ、めまい、不眠、生理痛や生理不順の改善に効果があるとされています。肝機能を高めデトックスを促進してくれるので、美肌にもつながります。鍋に入れてもフライにしても、おいしい牡蠣。旬の時期でもあるためたくさん食べておきたいですね。

腎の不調を感じる際には、これらの食材を積極的に摂取していきましょう。また腎は冷えることを嫌うため、ネギやショウガ、ニンニクなど、体を温めてくれる成分とも相性がよいとされます。腎があるとされる下腹部を冷やさないようにしながら、温かくして日常に取り入れてくださいね。

腎をケアし鍛えることは、アンチエイジングにもつながります。積極的に取り入れて、若々しく健康的に過ごしましょう。


<参考>
五臓の生理機能
http://www.chuiyaku.or.jp/tokushu/china-view04/page02.html
・書籍 漢方養生指導士 養成講座養成薬膳/日本堂スクール
・薬膳LAB
https://www.honzou.jp/wordpress/
rhythm(オムロン)
https://www.life-rhythm.net/antiaging_food_winter/
わかさの秘密(ヨウ素・ヨード)
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/iodo/

生命力の源「腎」をケアして、若々しさキープ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう