そののぼせ、大丈夫? 入浴後だけじゃない「のぼせ」の原因

のぼせ

長時間お風呂に浸かっていたり、暑い中ずっと外にいたりして、のぼせてしまったという経験はありませんか? 頭が熱くなってぼーっとしてしまう、この「のぼせ」の症状ですが、普段の生活の中でも頻繁に起こるという方は、原因について考えてみる必要がありそうです。今回は、普段の生活で起きている「のぼせ」についての原因と予防法をお伝えします。

「のぼせ」とは?

のぼせの主な症状は、体が熱くなり、頭がぼーっとする状態のことです。夏場の炎天下でのスポーツや、草むしりなどの作業、長風呂などで、血管が開いたままの状態になってしまうと、血管の収縮と拡張の繰り返しが正常に働かず、脳の血液の循環に影響が出てしまい、このような症状が起こります。

また、頭がぼーっとするだけでなく、のぼせによって頭痛やめまいの症状や、上半身だけが熱っぽくなり、下半身や手足の先は冷える症状が出ることもあります。

自律神経の乱れや高血圧などが原因になることも…

暑い場所に長時間いなくても、のぼせの症状が出るという方は、以下の原因が考えられます。

・自律神経の乱れ

過度の緊張やストレス、また季節の変わり目などは、自律神経が乱れやすく、血管が拡張状態になりやすいため、のぼせの症状が出ることがあります。また、精神的にストレスを抱え、慢性的に、心が不安や緊張状態にあって、のぼせのほかにも不眠、多汗、全身の倦怠感、めまいなどが起こっている場合は、自律神経失調症の可能性も考えられます。

・女性ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのバランスが乱れると、生理の影響だけでなく、自律神経に影響を与えます。皮膚の血管が異常に収縮したり拡張したりすることが起こりやすくなり、のぼせの症状として表れるのです。特に出産の後や閉経期前後の更年期には、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。
更年期の場合は、のぼせのほかにも、ほてりやイライラ、動悸、めまいや肩こりなど心と体に関係するさまざまなトラブルが生じやすくなります。

・肥満症・高血圧

食べすぎや栄養バランスの乱れによって起きる肥満症は、血管の動脈硬化の原因となり血液の流れを悪くし血圧を上げることになります。また塩分の摂りすぎなどの生活習慣が原因で高血圧になると、のぼせの症状が起きやすくなります。高血圧になると、のぼせのほかにも、ほてりや頭痛、めまいなどの症状を伴うこともあるので、早めの対策が必要です。

・感染症や病気の疾患

そのほか、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかっているときは、発熱時にのぼせの症状を伴うことが多いです。また、のぼせのほかにも、発汗や手の震え、動悸が伴う場合、甲状腺機能亢進症やバセドウ病などが疑われるので、気になる場合は医師に相談してみることをおすすめします。

普段からのぼせないようにするには…?

一時的なのぼせを予防するためには、血圧の急激な変化をなるべく抑えて体温調節をしっかりとすることが重要です。そのため、夏の炎天下で作業するときは、休憩をはさみながら涼むようにし、こまめに水分補給をするようにしましょう。
また、ストレスを発散する機会を持ち、自宅でアロマを焚いたり、ヨガや瞑想をしたりして、自律神経のバランスを保つも大切です。

肥満症や高血圧に伴うのぼせの場合は効率的に漢方を取り入れて

肥満症や高血圧が原因でのぼせの症状が出てしまっている場合には、生活習慣を見直すことも重要です。塩分の摂り過ぎには注意し、適度な運動を心がけ、脂肪を減らすようにしましょう。
肥満症や高血圧に伴うのぼせに効果のある漢方を取り入れてみるのもおすすめです。生活習慣の改善と共に取り入れてみるといいかもしれません。

「のぼせ」は痛みなどの症状ではないため、意外と放っておいてしまいやすい症状ではありますが、重大な病気のサインになっている可能性が否定できない症状です。気温が高くもないのにのぼせる、ほてる、汗が出る、疲れやすいなどの症状が出たときには、医師に相談してみることも大切です。


【参考】
のぼせ|Doctors me
https://doctors-me.com/doctor/symptom/99
のぼせ|タケダ健康サイト
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=nobose

02miyamoto

宮本知明
薬剤師

総合病院で薬剤師を経験。学生時代の病院・薬局の6カ月の実務実習と薬剤師になってから仕事をしていく中で、患者さんの薬依存の実態、減薬されていかない現状を目の当たりにし、現代医療と薬に疑問を持ち始める。自然療法・心理療法の資格を習得し、講師業・執筆業を通じて薬を減らす健康管理から豊かな人生へ導く「ホリスティックヘルス」を個人・家庭から促す啓蒙活動を現在行っている。
日本ホリスティック医学協会専門会員。日本抗加齢医学会会員。日本プライマリ・ケア連合学会会員。
宮本知明公式ブログhttp://holisticpharmacist-tomo.com/

ロート製薬からのお知らせ
【PR】
おなかまわりの脂肪が気になり始めたら、「新・ロート防風通聖散錠T」を試してみてはいかがでしょうか。
新・ロート防風通聖散錠Tは、漢方処方「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」のエキスを配合した錠剤です。
体力があり、おなか周りに脂肪が多く、便秘がちな方に向いています。のぼせ
出典:ロート製薬http://jp.rohto.com/wakansen/product/item03/<販売名>新・ロート防風通聖散錠T
<分類>第2類医薬品
<効能・効果>体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
<用法・用量>
次の量を1日2回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。
成人(15才以上)…1回4錠、15才未満…服用しないこと

詳しい商品情報はこちらhttp://jp.rohto.com/wakansen/product/item03/

のぼせ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム