《医師監修》大腸肛門病専門女医が教える。おしりの病気になりやすい便秘とそのケア法とは

おしり

頑固な便秘がつらいとき、おしりもつらい……とひそかに悩む人は多いのではないでしょうか。大腸肛門病専門医で肛門科指導医、大阪肛門科診療所の佐々木みのり副院長は、「痔の原因は便秘にあることがほとんどです。それも、ご本人が気づいてない便秘にあります。逆に言えば、便秘に気づいて便通を整えればおしりも健康になるということです」と話します。自覚がない便秘とは……。おしりの病気の視点から、便秘の改善についてのお話を聞いてみました。

今月の特集のほかの記事はこちら
≪医師監修≫糖尿病専門医に聞く。1回5分のウォーキングでも運動効果はありますか?
≪専門家監修≫鍼灸師が教える。おなかの脂肪に働きかけるツボ&ストレッチ5つ
≪専門家監修≫理学療法士が教える。腰が痛くならない「おなかやせ」エクササイズ3つ
≪医師監修≫ストレスで便秘になる理由は自律神経にあり! 臨床内科専門医が教える
≪医師監修≫漢方専門医が教える。便秘と太り気味の対策に漢方薬を選ぶポイント

 

自分では気づいていない『出残り便秘®』が危い

便秘に気づいていないとはどういう状態なのでしょうか。佐々木医師ははじめに、次のように説明をします。

「便秘とは、『便を秘めること』です。ですから、たとえ毎日お通じがあっても完全に出し切れずに残っていれば、便秘だと言えます。排泄したけれど、おしりの出口のあたりに内容物が残っているのに、時間がない、あるいは気づかないままに排出終了と思ってトイレから出ることがあるでしょう。そうすると、残ったままの内容物は時間とともに水分が吸収されて硬く古くなっていきます

これをくり返すと、内容物の状態も排便の状況も悪化します。これを当院では『出残り便秘®』と呼んでいますが、毎日お通じがあるので便秘だということに気づきにくいわけです」

『出残り便秘®』にアールマークがついているのは、この言葉が大阪肛門診療所の登録商標だからということです。佐々木医師は、「登録商標にしたのは、この言葉を間違った定義のままで広まってほしくないからです」と言い、その『出残り便秘®』について次のように説明を続けます。

「残った便は次の排泄時まで持ち越しとなります。出残りがあると、次のお通じのときは、その上に出来たてのホヤホヤな内容物が乗っかって2段積みになっています。『毎日お通じはあるけれど、出始めは出にくくて硬い』と思ったときは、この2段積みの状態を疑ってください。前回の出残り分がふたをしているのです。

そうなるといきんで出そうとするでしょう。出始めが硬い便やコロコロした便が出ても全部は出し切れず、さらに時間が経つと、上にある新しい分も古く硬くなっていきます。この状態では、毎日お通じがあっても便秘であり、さらに、出始めの硬い便でおしりが切れて切れ痔(裂肛。れっこう)という病気を引き起こすことがあるのです」

なんともイメージがしやすいお話です。思い当たる人も多いのではないでしょうか。

「出残り便秘®」をチェックする方法5つ

ここで佐々木医師は、便秘の種類について、こう解説をします。

「大きく分けて、腸にガンや炎症などの病変が生じて起こる『器質性便秘』と、病気がないのに起こる『機能性便秘』があります。

次に、機能性便秘には、腸のぜん動運動の力が弱くなってスムーズに送り出せない『弛緩(しかん)性便秘』と、ストレスなどで腸が敏感になって内容物の通過がうまくいかない『けいれん性便秘』、また、大腸の一部で出口に近い直腸に溜まる『直腸性便秘』があります。

『出残り便秘®』とは、直腸性便秘によるひとつの症状だとも言えます。直腸性便秘の学術的な定義とは少し違うため、『出残り便秘®』という言葉を考えたわけです。」

便意は、直腸に届いて初めて感じると聞きます。便秘になるとその感覚はどうなるのでしょうか。

「出残り便が常態化すると、直腸や肛門が便に慣れてどんどん鈍感になっていきます。すると便が直腸まで下りてきても気づかず、大量に便が溜まらないと便意を感じなくなります。つまり、『出残り便秘®』は『鈍感便秘®』(大阪肛門科診療所の登録商標)を引き起こすようになるのです。

『出残り便秘®』は毎日便通があるのですが、直腸が鈍感になる鈍感便秘の場合は数日間排便がないことがあります。これを弛緩性便秘と勘違いして下剤を服用する人は多いのですが、実際には、『出残り便秘®』の可能性が高いわけです」と佐々木医師。

ここで佐々木医師は、「出残り便秘®」かどうかを確認する次の5つの項目を伝えます。

(1)残便感がある
(2)排便後、おしりがムズムズすることがある
(3)排便後、おしりをトイレットペーパーで3回拭いても便がつく
(4)排便後に温水洗浄をすると、また便意を感じる、便が出る
(5)温水洗浄で肛門を刺激しないと排便ができない

「これらのうち、ひとつでも思い当たる場合は、『出残り便秘®』の可能性が高いと考えましょう」と佐々木医師は注意を促します。

「あっ!」と思ったらすぐにトイレへ

『出残り便秘®』で便秘改善の薬を服用するとどういったことが起こるのでしょうか。佐々木医師は、
「飲むタイプの薬の多くは、これから作られる便には効きますが、既に出来上がった便や、ましてや出残り便には有効ではありません。飲むタイプは便の製造と運搬には働きかけますが、完成品である便の排出の過程には作用しないからです。

毎日お通じがある『出残り便秘®』は腸のぜん動運動は正常なことが多いので、下剤を飲むとぜん動が過剰になって、腹痛や下痢を生じます」と、安易に薬を服用しないように勧めます。

さらに佐々木医師は、おしりのトラブルへの発展に注意を促します。
「痔の対策にと下剤を飲む人はとても多いのですが、出始めの便は硬いままで、その上の内容物が下剤によるおなかの急降下で出残り便を押し出すわけですから、かえって痔が悪化して急患で来院されるケースは頻繁にあります」

では『出残り便秘®』のときにはどういった方法、薬を選べばいいのでしょうか。
「食生活を見直すなど生活習慣の改善はもちろんですが、もっとも重要なことはトイレをがまんしないことです。便意を感じたらすぐにトイレに行きましょう。

『あっ!』と思ったときにはできるだけ急いでトイレに入ることがスッキリと排泄するコツです。便意が強くなるのを待つ、あるいは何らかの理由であとでトイレに行くなどすると、その間に腸が硬くなって出にくくなる、また、がまんするくせがつきます。

特に、1日のうちでもっとも便意を感じやすいタイミングは朝食後です。そのときに、できるだけゆったりトイレに入る時間をとりましょう。ドタバタすると自律神経のひとつの交感神経が優位になるため、便意を感じることができません。

市販薬を選ぶ場合は薬店の薬剤師に相談してください。恥ずかしがる人も多いのですが、選び間違って痔を悪化させるよりはいいでしょう。ただし、1週間ほど試してもすっきり排泄ができない、現状が改善しない、症状に不安がある場合は、ほかの病気が隠れていることがありますので、内科か肛門科を受診しましょう」

『出残り便秘®』と「大腸のぜん動運動が弱まる便秘」とは、便が溜まる場所も状態も違い、おしりにトラブルをもたらすのは、『出残り便秘®』だということです。下剤やトイレのがまんを厳禁とし、朝食後のトイレタイムを毎日ゆったりとりたいものです。

取材・文 阪河朝美 × ユンブル

%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%8a%e5%8c%bb%e5%b8%ab_%e5%b9%85200

取材協力・監修
佐々木みのり氏。関西初の女性医師として大腸肛門病専門医の資格を取得。肛門科指導医。大阪肛門科診療所(旧・大阪肛門病院)副院長。大阪大学病院などで皮膚科医として勤務後、肛門科医へ転身。臨床を行うかたわら、肛門科、内科、皮膚科などの医学会でも肛門疾患の治療について講演活動などを積極的に続けている。
大阪肛門科診療所(旧・大阪肛門病院) 大阪市中央区釣鐘町2-1-15

今月の特集のほかの記事はこちら
≪医師監修≫糖尿病専門医に聞く。1回5分のウォーキングでも運動効果はありますか?
≪専門家監修≫鍼灸師が教える。おなかの脂肪に働きかけるツボ&ストレッチ5つ
≪専門家監修≫理学療法士が教える。腰が痛くならない「おなかやせ」エクササイズ3つ
≪医師監修≫ストレスで便秘になる理由は自律神経にあり! 臨床内科専門医が教える
≪医師監修≫漢方専門医が教える。便秘と太り気味の対策に漢方薬を選ぶポイント
おしり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう