株式会社ウェルヴィーナス

《専門家監修》体を温めよう! 女性の冷えに温活レシピ

pixta_33688675_m

3月といってもまだまだ冷える時期。冷えに悩む女性は多いですよね。体の冷えは思いもよらぬトラブルを引き起こすこともあります。原因を知り、体を温める栄養素や食材を取り入れて、体の中から温めましょう。

体の冷えは、トラブルの元

冷えは、血液の循環を悪くしてさまざまな不調を招きます。
頭痛や便秘、下痢、腰痛、肩こり、むくみ、といった定番のものをはじめ、集中力の低下や気分の落ち込み、耳鳴り、めまい、吐き気など、一見冷えとは直接関係なさそうな不調も冷えが関係している場合があります。

さらには、シミ、そばかす、肌のくすみ、目の下のクマ、たるみ、肌の乾燥、肌荒れ、髪のパサつき、といった美容にも大きく悪影響を及ぼすので、女性にとっては大問題です。

これらはもちろん冷えだけが原因ではありませんが、冷えを解消することで軽減する場合もあります。冷えは万病のもと、と言われる理由ですね。

女性に冷えが多いのはなぜ?

女性の多くが冷えに悩むのは、女性は熱を生み出す筋肉が男性よりも約1割少ないためです。

生理サイクルも関係あります。生理前になると女性ホルモンのプロゲステロンが増え、体が水分を蓄えやすくなります。それによってむくみが生じると、水分が多くなるため冷えやすくなります。生理がくると血液と一緒にため込んだ水分も排出されますが、その反面熱も一緒に体外に出てしまうことで冷えやすくなり、下痢や軟便にもなりやすくなります。

そもそも、女性が快適だと感じる温度は男性より3℃高いと言われていますから、総合的にみても、女性の方が寒さや冷えに対して敏感なのも当然と考えられるのです。

体を温める温活レシピ

冷えによる不調を防ぐためにも、冷えやすい女性はとくに、日々の食生活で体を温める栄養素や食材を積極的に取り入れて、体の中から温めることが重要です。

体を温める食事の基本は、主食(ごはん、パン、麺)、主菜(たんぱく質源)、副菜(野菜や果物)の3つを3食揃えること。
朝の低い体温を上げるために、まず朝ごはんは食べましょう。食べ物を消化するときにエネルギーが発生しますが、一番体を温める作用があるのはたんぱく質(肉、魚、卵、大豆製品、乳製品)です。熱を生み出す筋肉の材料でもあるので、忙しい朝もできれば口にするようにしましょう。

不足しやすい野菜や果物は、副菜や飲み物で取り入れるのがおすすめです。今回は、体を温める食材を使用した簡単副菜と、飲み物のレシピをご紹介します。

〇アボカドきのこ

血流を良くするビタミンEの多いアボカドは、食物繊維量も豊富。きのこと組み合わせることでさらに食物繊維量がアップします。
冷えは腸と密接な関係があります。腸内環境が悪いと便秘になり、便秘になると代謝も血行も悪くなるので、体全体の冷えの原因になるのです。
血流と腸内環境に働きかけて冷えを対策する、おすすめレシピです。

<材料(2人分)>
しめじ…1/2パック(約70g)
舞茸…1/2パック(約70g)
塩…小さじ1/2

A醤油…小さじ1/2
A酢…大さじ2

アボカド…1個(約130g)
パプリカパウダー(あれば)…適量

<作り方>
1.きのこは石づきを取り、フライパンにほぐしながら入れる。塩をふり、蓋をして蒸し焼きにする。
2.しんなりしたらAを加えてさっと炒める。
3.2を器に盛る。アボカドは皮と種を取り、縦半分にカットしてからスライスしてきのこの上に盛り付ける。仕上げにパプリカパウダーを飾って完成。

〇生姜ココア

体を温めることで知られる生姜、純ココア、黒こしょうでほっとする飲み物です。甘みにはビタミン、ミネラルを白砂糖より多く含む黒糖がおすすめです。

<材料(マグカップ1杯分)>
生姜(チューブでも可)…小さじ1(約4g)
純ココア…小さじ2
黒糖…大さじ1~お好みで
お湯…150ml
黒こしょう…適量

<作り方>
1.生姜はすりおろしておく。
2.マグカップに生姜、純ココア、黒糖、お湯を入れてよく混ぜる。仕上げに黒こしょうをふって完成。

日々のちょっとした不調が、体を温めることで楽になるかもしれません。簡単にできる温活レシピを活用してみてくださいね。

【参考】
デリケートな時期の冷え対策|マンスリークラブ
http://monthly.bellemaison.jp/reg/hietori365/column_06.html
食事誘発性熱産生 / DIT|厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html
肌荒れや冷えの原因は「腸」?! あなたの「腸年齢」は何歳?|養命酒製造株式会社
http://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/140428/
ココアの冷え性改善効果|森永製菓株式会社
https://www.morinaga.co.jp/cocoareport/hiesyo/
『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』渡邉賀子著(主婦の友社)
『見てわかる!栄養の図解事典』中村丁次著(PHP研究所)
『実践栄養学』落合敏著(主婦の友インフォス情報社)

海老沢直美
海老沢直美
生理前の不調(PMS)改善カウンセラー・管理栄養士

管理栄養士としてレストランやスポーツの現場で選手の栄養サポート及び健康指導に従事。病院給食勤務、特定保健指導を経て現在は、PMS(月経前症候群)に悩む方へ食事カウンセリングを行う。高校生から13年悩んでいた自身のPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、望む人生を送る女性のサポートをしている。昭和女子大学卒。
海老沢直美「生理前を楽にする方法」
公式ブログhttps://ameblo.jp/ebihoro1856/
FBページ fb.me/pms.raku

株式会社ウェルヴィーナス
pixta_33688675_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう