がん予防の効果を期待!アメリカ発の「デザイナーフーズ」とは?

02_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0_0312_%e7%94%bb%e5%83%8f

誰でもなりうる可能性のある病気の一つ「がん」。国立がん研究センターの調べによれば、2016年にがんで死亡した人は男女合わせて37万2,986人。年齢にかかわらず、その予防を考えなければならない病気です。

世界的にもがんの対策を求められている現代ですが、日本に先行して研究が進むアメリカでは、がん予防のための「デザイナーフーズ計画」と呼ばれるプログラムがあります。アメリカの国立がん研究所が提唱したもので、野菜やくだものを中心とした約40種類の食品をリスト化。これらをさらに効果が大きく期待される順に1群、2群、3群と振り分け、積極的に摂取するよう促がしており、これらをまとめた図を「デザイナーフーズ・ピラミッド」と呼ぶこともあります。

がんを予防する効果のほか、さまざまな生活習慣病や免疫力の向上も期待されるという「デザイナーフーズ」の分類や食事する上でのポイントを紹介していきます。

にんにくやキャベツは大きな効果が期待される

デザイナーフーズとして、効果の大きく期待される順に1群、2群、3群と振り分けられた野菜やくだものは、ピラミッド上に分類されています。その最上位にあるのが、料理の香り付けなどで活躍するにんにくです。

にんにくは古くから人間の活力源として親しまれてきましたが、その独特な匂いの元である「アリシン」は、体内でがんを促す活性酵素を除去する効果が期待されています。また、加熱すると同じくがん予防へ効果をもたらすという「アホエン」が出るのも、にんにく自体ががんに対して効果が期待される要因です。

このほか、キャベツ、大豆、にんじんやセロリといったセリ科の野菜も1群に分類されていますが、なかでもキャベツはにんにくに次ぐ効果が期待できるといわれています。キャベツには「イソチオシアネート」と「ペルオキシダーゼ」という酵素が含まれており、がん細胞の減少や発がん性物質を無害化させる効果もあるとされています。

がんの予防だけではなく、生活習慣病の予防や免疫力向上にも役立つという研究結果もあるため、積極的に摂りたい食材ばかりです。

玉ねぎやきのこ類など、おなじみの食材も該当

1群に続いて、効果が期待されるのが2群の食品です。玉ねぎや玄米、トマトやピーマンといったナス科の食物をはじめ、柑橘類やお茶などが幅広く当てはまります。

なかでも食卓で重宝される機会の多い玉ねぎは、色素の素であるポリフェノールの一種「ケルセチン」に、がん予防の効果が期待されるといわれます。ケルセチンは強い抗酸化力を持っているため、がん細胞を減少させる効果のほか、血液中のコレステロールが酸化するのを抑制する働きもあるとされています。

1群、2群に続く3群には、抗酸化作用を持つといわれる「ビタミンC」や細胞のがん化を防ぐといわれる「カリウム」を多く含むじゃがいも、細胞の免疫力を向上させるという「βグルカン」を含むきのこ類をはじめ、ハーブ類、きゅうりやメロンといったウリ科の食物が該当します。

どの野菜やくだものも食卓でおなじみなものばかり。毎日の生活で上手く組み合わせながら、摂り入れてみましょう。

がん予防のための食事のポイント

がんになるリスクを減らすためには、食生活自体を見直すのも重要。がんを予防する効果が期待できる食品を摂取するのはもちろん、以下のように3つのポイントを抑えてみましょう。

1:塩分は適度に摂取する

国立がん研究センターは、食塩の摂取量が多いほど胃がんのリスクが高いことを発表しています。そのため、塩辛などの塩蔵食品や食塩は必要最低限の量で摂取するよう努めましょう。

2:野菜や果物不足にならない

先ほど紹介した「デザイナーフーズ」にもあるような野菜やくだものを多く摂取した人は、がんになるリスクが低いという研究結果があります。とりわけ目立つのは食道がんや胃がん、肺がんなどに対してのリスク低下が期待されており、生活習慣病全般を予防するためにも意識的に摂取しましょう。

3:熱いままでの飲食は禁物

飲食物を熱い状態で摂取すると、食道がんのリスクが高まるという研究結果もあります。熱いものは少し時間を置いてみるなどして、口や食道の粘膜が傷つかない程度に冷ましてから摂るよう心がけましょう。

食生活は健康の基本です。「デザイナーフーズ」に挙げられた食材をバランスよく適度に食べて、誰もがリスクを抱えるがんの予防に役立ててみてください。


【参考】
がんを予防するために食べたい野菜(一般財団法人脳神経疾患研究所)
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/yasai.html
がん予防に効果のあるデザイナーフーズ(All About)
https://allabout.co.jp/gm/gc/298728/
キノコががんによいと言われるワケ(All About)
https://allabout.co.jp/gm/gc/298763/
第1回「玉ねぎ」 食べ物が持つ健康パワー(キッコーマン)
https://www.kikkoman.co.jp/homecook/kenkou/01.html
最新がん統計(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
科学的根拠に基づくがん予防(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause_prevention/evidence_based.html
がん予防に一番効く! ニンニクの力(ゼクシィキッチン)
https://zexy-kitchen.net/columns/472
ガンを予防する野菜”デザイナーフーズ”って何?(ハフポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/office-de-yasai-news/cancer_b_8552544.html

02_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0_0312_%e7%94%bb%e5%83%8f

この記事が気に入ったら
いいね!しよう