《医師監修》臨床内科専門医に聞く。肌荒れは腸内環境とストレスの改善が決め手。

04_adobestock_83087019

気がつけば肌がガサガサ、化粧のりが悪い、さらに吹き出物がポツポツ……。化粧品を変えたなど特別な理由も思い当たらないのに、不調に襲われることがあります。

多くの女性に皮ふのトラブルの相談を受けているという、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に聞くと、「おなかの調子はどうですか。肌荒れの原因は、自覚がない便秘によることが多いのです」とのことです。詳しいお話を聞いてみました。

イライラ、ウツウツは便秘をまねく

肌荒れには便秘が関係しているとのことですが、その理由を理解するにあたって正木医師はまず、どうして便秘になるのかについてこう説明をします。

「食べたものが消化吸収され、最終的に排出されるまでの胃や腸の働きは、自律神経が担っています。自律神経には交感神経副交感神経の2つがあり、互いにバランスをとり合って内臓や組織の働きをコントロールしていますが、活動中や緊張、興奮しているときは交感神経が、ゆったりとリラックスしているときは副交感神経が優位になります。

胃腸の消化吸収の働きが高まるのは、副交感神経が優位なとき、つまり、リラックスしているときです。逆に、興奮しているときやイライラ、ウツウツしているとき、ストレスが強いときは便秘になりやすいのです」

腸内環境が悪化すると便秘をする

さらに、もうひとつの要因があるという正木医師は、こう説明を続けます。

『腸内環境』が便秘や下痢に影響します。腸の中には乳酸菌をはじめとするさまざまな善玉菌が住んでいます。ところが、脂っこいものを食べるなど食事の質が悪いと善玉菌の数が減り、悪玉菌が増殖します。

また、悪玉菌が増える原因は食事だけではなく、便秘もそのうちのひとつです。便秘になると悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなり、ますます便秘がひどくなる、あるいは下痢をするという悪循環が起こりやすくなります」

便秘は肌のターンオーバーのサイクルを乱す

便秘の原因は自律神経のバランスの乱れと、腸内環境の悪化にあることはわかりました。では、便秘になると肌が荒れるのはなぜなのでしょうか。

「まず、腸内環境と皮ふの関係から説明しましょう」と正木医師は、次の説明を続けます。

「便秘になると腸内に悪玉菌が増えるだけではなく、悪玉菌や滞留した便から腐敗ガスなどの有害物質が放出され、腸内に充満します。この有害物質は血流にのって全身に運ばれていきます。

皮ふ細胞はこれを取り込み、体の外へ排出しようとします。ところが、有害物質が多いほどに皮ふ細胞の負担は増え、その結果、新陳代謝のサイクルが乱れて皮ふの再生である『ターンオーバー』に支障が現れて、皮ふのトラブルにつながるわけです。

皮ふのターンオーバーのサイクルは28日~56日ですが、先にお話した自律神経のバランスが乱れると、このサイクルも乱れます」

腸内環境の悪化と自律神経のバランスの乱れによって便秘が起こり、肌に直接的に影響するということです。正木医師は、肌荒れの改善についてこうアドバイスをします。

「腸内環境と自律神経のバランスを整えることが、便秘の改善にも皮ふのトラブルをなくすことにとっても重要になります。皮ふの調子が悪くなると、化粧品を使う量を増やしたり、新しい化粧品を試したりなど、スキンケアの方法を変えてみたくなるでしょう。ですが、表面的なケアをする前に、まずは腸の状態に目を向けて欲しいのです。

規則正しいお通じがあるかどうか、睡眠不足やストレスなどで自律神経のバランスが乱れていないか、脂っこいものや同じものばかりを食べて腸内環境が悪化していないか。

それらを改めることで便秘だけでなく、皮ふの調子が改善することはよくあります。何よりも、生活の見直しから始めてください」

便秘で太り気味なら、おとなニキビや吹き出ものに注意

さらに正木医師は、「特に気をつけていただきたいのが、太り気味、肥満傾向の方です」と言い、「これらのタイプの人が便秘になると、皮ふの新陳代謝の乱れが毛穴の詰まりとなって現れやすく、そうして起きるのがおとなニキビ、吹き出ものです」と指摘をします。

おとなニキビや吹き出もののケアとして知られているのは、「洗顔を念入りにすること」と言われますが、便秘が原因の場合は、
「おとなニキビや吹き出ものは毛穴の詰まりが原因の1つなので、ていねいに洗顔をすることは正しいと言えるでしょう。しかし、トラブルの原因が便秘にあるなら、スキンケアを見直す前に便秘を改善することこそが必要になります」と正木医師。

きれいな肌は体の中から作るものとよく耳にしますが、その理由は自律神経のバランスと腸内環境にあるということです。逆に言えば、肌のトラブルは腸の不調やストレス過剰のサイン」だと察知することができるわけです。毎朝鏡を見て肌の状態から体調に敏感でいるように意識したいものです。

取材・文 堀田康子×ユンブル

正木医師ご監修による、次の記事も参考になさってください
≪医師監修≫ 悪玉が多いとどうなる? 臨床内科専門医に聞く、コレステロールの謎」
≪医師監修≫ 臨床内科専門医が教える。むくみがつらいときの原因と対処法」
≪医師監修≫ 臨床内科専門医が教える。その症状、認知症の初期かも? もの忘れで悩む人へ
《医師監修》ホルモンの乱れ? ダイエット? 臨床内科専門医に聞く、月経不順の原因とは
《医師監修》憂うつで眠れない。臨床内科専門医に聞く、ウツウツをしずめて眠る漢方薬の役割とは
《医師監修》臨床内科専門医が教える。「血(けつ)」を補う。足のつりを鎮める漢方薬の役割とは
≪医師監修≫ストレスで便秘になる理由は自律神経にあり! 臨床内科専門医が教える

03_1611_%e6%ad%a3%e6%9c%a8%e5%8c%bb%e5%b8%ab_%e5%b9%85200
取材協力・監修
正木初美氏。日本臨床内科医会専門医、大阪府内科医会理事、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本医師会認定産業医、正木クリニック院長。内科、リハビリテーション科とともに、更年期外来、禁煙外来、漢方治療を行っている。
正木クリニック 大阪府大阪市生野区桃谷2-18-9

今月の特集のほかの記事はこちら
《医師監修》糖尿病専門医が教える。「隠れ肥満」に最大注意!
《専門家監修》鍼灸師が教える。おなかが出ている人向き、猫背対策のツボ&ストレッチ
《医師監修》糖尿病専門医に聞く。「血糖値スパイク」とは何? どうすれば防げる?
《専門家監修》理学療法士が教える。座ったままできる簡単「筋膜リリース」3つ
《医師監修》内科医が教える。その頭痛、肩こりは便秘が原因かも!?

04_adobestock_83087019

この記事が気に入ったら
いいね!しよう