《医師監修》 20~30代にも起きうる更年期障害のような症状の原因とは?

pixta_33464784_m

50歳前後の女性にみられる「更年期障害」は、ほてりやめまい、頭痛など、人により千差万別な症状が現れます。一方で、20~30代なのに「同じような症状がある」と悩んでいる女性たちも少なくないようです。

一体なぜ、このような症状が起きるのか。更年期障害に悩む女性たちからの相談や治療に取り組む、牧田産婦人科医院の牧田和也先生に伺いました。

更年期障害の原因はエストロゲンの減少

ひと口に「更年期障害」といっても、人により症状は様々です。発症するのは主に閉経前後となる、45~55歳の間が多いといいます。また、主な症状としてはホットフラッシュとも呼ばれる、のぼせやほてり、発汗過多、寝汗、冷えなどの血管運動神経症状に見舞われます。

さらに、 イライラ・不安・睡眠障害・抑うつ感を生じる精神神経症状や、頭痛・めまい・耳鳴りなどの頭部症状。動悸・息切れ・頻脈などの呼吸・循環器系症状、手足のしびれや手のこわばりなどの末梢神経症状や、肩こり・腰痛・腰背部痛・関節痛などの運動器系症状など全身の様々な不調が挙げられます。

更年期障害は閉経により卵巣機能が低下し、エストロゲンというホルモンの分泌が著しく減少することで発症するとされていますが、牧田先生は日常のストレスも要因になりうると指摘します。

「エストロゲン分泌の減少が大きな原因ではありますが、この年代の女性は育児や介護、お仕事をしている方であれば管理職に昇格するなど社会的ストレスも受けます。複合的な要因によりさまざまな症状が出てきます」(牧田先生)

尚、男性にも更年期障害の症状が現れるそうです。ただ、女性と違い閉経がないため70歳くらいまでゆっくりと発症するケースが多くみられるといいます。

若い世代でも更年期障害と似た症状がみられることも

一方で、閉経の年齢に達していない人たち、20代〜30代でも更年期に似た症状がみられる場合もあります。近ごろ、そのような症状が「プレ更年期」とも呼ばれる場合もありますが、牧田先生は「医学的には使われない言葉」であると解説します。

「メディアで『プレ更年期』という単語が使われることもありますが、実は、そのような病名はありません。ただ、20~30代で更年期障害と同じような症状を感じる女性がいるのは事実で、その場合は、ストレス過多による自律神経失調症などが考えられます」(牧田先生)

若い世代で起きる更年期障害と似た症状は、エストロゲンの分泌減少による起こる更年期障害とは異なる原因によるものだといいます。そのため、自律神経のバランスを整えるために生活習慣を見直すのも予防法の一つです。また、牧田先生はさらに注意点を教えてくれます。

「まれに、若くして更年期と同じようなホルモン状態になることもあります。その場合は大きな病気が潜んでいる可能性があります。また、2ヶ月以上生理がこないなどの変化があれば病院に相談してみてください」(牧田先生)

判断基準の目安として、ホルモンバランスが整っているかどうかを知るのは大切。自分の体、特に生理の変化については習慣的に観察することも心がけましょう。

仕事やプライベートに弊害をもたらす場合も

更年期障害のような症状が出ると、生活全般にも影響が出てきます。例えば、のぼせやほてりを伴うと人前に出ることが恥ずかしくなってしまう人もいるそうです。また、気力が低下すれば、仕事や育児、家事などへのやる気が減少するなどの支障をきたしかねません。このような悩みを抱える人たちに、牧田先生は「我慢しないように」とアドバイスしています。

「例えば、生理痛を一時的なものと判断してつい我慢してしまう人たちも少なくありません。更年期障害でなくとも体が不調を訴えている場合には、それが原因で仕事を休んでしまったり、寝込むくらい辛くなることもありえます。予兆を見逃さず、無理せずに医師に診てもらいましょう」(牧田先生)

早めに気が付き、治療をすれば辛い症状を改善できる場合もあります。無理はせず、病院へかかるという選択肢も大切です。

いつ、どの科にかかればいいの?

自律神経の乱れによって、更年期障害のような症状がみられる場合、更年期障害を得意とする専門医に相談するほか、産婦人科や婦人科へ相談するのがよいと牧田先生は話します。

「生理前はエストロゲンと黄体ホルモンが増え、イライラすることがあります。若い世代が更年期と同じような症状を感じるときは、PMS(月経前症候群)との関連性も考えられます。症状が強い場合には、漢方薬を使った治療を行うなど医師によりさまざまな改善策を提案してくれるはずです」(牧田先生)

内科では「内臓をチェックする」というアプローチで診断してもらうこともできるそうです。自身の婦人科系症状を観察しておくことは重要なため、日ごろから体と向き合うのも大切。

また、日頃から「睡眠を充分にとる」「バランスのよい食事を心がける」「冷え性を改善する」「体を温める」といった生活習慣もやはり必須で、夏場には冷たい食べ物、飲み物はできるだけ避けるのも肝心です。

自分を取り巻く状況が変化すると、体の悩みも変化してきます。不調を感じたら、無理をせず医師に相談。そのためにも、日頃から自分の体調を気にかけ、かかりつけの病院をあらかじめ見つけておきましょう。

【取材協力】
牧田産婦人科医院/牧田和也
http://www.makita-sanfujinka.com/
日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医、日本頭痛学会専門医。関西医科大学卒業後、東京電力病院産婦人科科長、慶應義塾大学病院婦人科医長などを経て平成20年より牧田産婦人科医院院長として地域医療に貢献している。

pixta_33464784_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム