キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【薬剤師監修】バターなのにダイエット向き!?体にいい脂肪酸豊富のグラスフェッドバターとは

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAH1Ty27CMBC8V+o/RD4jmhBaoLdKVW+VeusBcVjsBVY4XmQ7FITy73VeYCrKJfLMemYf3pweH5JELMGRFK/JqUYBk9al8xY8sQl0Ouh4VOTZEuiarLmqiQjnwZcOXWQBGopjwFmvlWCcZ7ndbdjzVYA1l3bJh0DmPaksQuE8FRizqyDVBDUVZZfgcR3KusrftzRvcdIHulp8CIkPZpWAUcm7JbMVg+iGK5f1jU9yErUGg1w60cerwR3TN0MFaPf0TVppWuEt2y/0kVt7WPRNwhqNPF5aqWWb0nu0zfzinkLoyn52Nl2caUFXY/9Xmx5eDpOXYfZ8y+My+FifpaNpPgzf2fiWSOGOHfkms7uXejS5yNtDFT2vRY3QLte8dRfbnzCNonnu7tKeFHKEoVTE0TrsWYZH+bM4O0uSzDqSsd+gjbAMvwEXEWHYN5V0DQgVdq+GWZ6l43ych4FM88koTaehpeoXW/zzaV4DAAA=

空前の健康ブームにある昨今。「◯◯が体にいい」、「◯◯でダイエット」という言葉をよく耳にします。そんな中、「グラスフェッドバター」というバターの名前を耳にしたことありませんか?

ネット上ではダイエットに向いているバターだと称されるグラスフェッドバター。太りそうなバターなのに、なぜダイエットに向いているといわれているのでしょうか。

グラスフェッドバターとは?

グラスフェッドバターと普通のバターの違いは、作られるミルクに違いがあります。さらに元をたどると、牛が食べている「エサ」にも違いがあるのです。一般的なバターは、穀物をエサとして育てた牛のミルクから作られます。穀物をエサにすることで、効率的に乳量や乳脂肪分を高めているのです。

一方、グラスフェッドバターは、牧草をエサとして育てた牛のミルクから作られます。本来の牛のエサを与えることで、天然のミルクそのものが得られるわけです。

天然のミルクから作られた、グラスフェッドバターは「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれています。メディアでよく目にする、「グラスフェッドバターは健康にイイ」は、この不飽和脂肪酸が豊富に含まれているという部分にポイントがあります。

不飽和脂肪酸は生活習慣病を予防する効果が!

不飽和脂肪酸の中でも「n-3系脂肪酸」とか「オメガ3脂肪酸(ω-3脂肪酸)」という言葉を耳にしたことありませんか? n-3系もオメガ3も同じ不飽和脂肪酸を表す言葉で、呼び方が違うだけです。マクドナルドを「マック」と呼ぶか、「マクド」と呼ぶかの違いと同じですね。ここでは以下、「n-3系不飽和脂肪酸」で統一します。

グラスフェッドバターには、このn-3系不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。n-3系不飽和脂肪酸は、「中性脂肪値を低下させる」、「血管を柔らかくする」、「血栓ができるのを防ぐ」など、さまざまな生理作用を発揮します。この生理作用が、生活習慣病を予防する効果につながるのです。

n-3系不飽和脂肪酸の効果性に関しては、ある程度のエビデンスが得られているものの、どのくらいの量のn-3系不飽和脂肪酸を摂取すれば生活習慣病を予防できるのか? という詳細については、まだわかっていません。

日々の積み重ねが大切! グラスフェッドバターに変えるメリット

ここまで読んでみて、「n-3系不飽和脂肪酸をどれくらい摂取すれば、生活習慣病を予防できるのかわかっていないなら、グラスフェッドバターに変えても意味がないんじゃない?」、こんな疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。

生活習慣病に限らず、予防効果を得るために、量的な概念はとても大切だと私も思います。しかし、量的な概念がわからなければ意味がないというわけではありません。

たとえば、毎日バターをつけてトーストを食べるという方が、バターをグラスフェッドバターに変える。これは日々積み重ねられることなので、意味のある改善といえます。

生活習慣病も日々の積み重ねが原因で発症します。バターを摂取する量も関係しますが、一般的なバターがコレステロールや中性脂肪などの「脂質代謝系」と呼ばれる項目の数値に影響を与えるのは明白です。特に脂質代謝系に悪影響を与えるのは、n-6系不飽和脂肪酸という脂質で、一般的なバターに多く含まれています。

毎日バターを摂取する方にとっては、バターをグラスフェッドバターに変えることで、n-6系不飽和脂肪酸の摂取割合を下げ、n-3系不飽和脂肪酸の摂取割合を上げることができるメリットがあると思います。

バターをグラスフェッドバターに変えるのも1つのダイエット法

トーストにたくさんバターを塗って食べるのっておいしいですよね。トーストからにじみ出るくらいにバターをたっぷり塗って、口の中に入れたときの幸福感はなんともいえません。毎日トーストにバターを塗って食べるのが習慣になっている方にとっては、ダイエット中でもこの習慣はできれば続けたいですよね。

ダイエット法はいろいろありますが、習慣になっていることをやめるのではなく、「置き換える」という発想も1つのダイエットです。
「塵も積もれば山となる」ということわざがあるように、ダイエットは毎日の積み重ねが大切。毎日することの中から変えられることを探すのは効果的なダイエット法といえます。

毎日バターを摂取しているという方は、バターをグラスフェッドバターに置き換えてみるダイエット法を試してみませんか。

【参考】
脂質|厚生労働省<br>
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf
不飽和脂肪酸|e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-031.html
オメガ3系脂肪酸|厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』
http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/10.html

植松 透
植松 透
ライター/薬剤師

薬科大学卒業後、化粧品・健康食品・食品を3軸とする企業に勤務。アンチエイジングや予防医療を取り入れた健康カウンセリング、健康食品の開発に携わり、広く健康について学ぶ。企業退職後、新しい働き方を模索しライター活動を開始。
けんぽ協会の紙媒体、webは企業のオウンドメディア・個人サイトで健康関連記事やコラムの執筆・監修を行う。
ライター・薬剤師どちらも本業を掲げ、複業スタイルで活動中。最近はライター業での経験を組み合わせ、介護施設で健康関連の講演会も行っている。
Twitter(@matsu89314)https://twitter.com/matsu89314

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
SSUCv3H4sIAAAAAAAEAH1Ty27CMBC8V+o/RD4jmhBaoLdKVW+VeusBcVjsBVY4XmQ7FITy73VeYCrKJfLMemYf3pweH5JELMGRFK/JqUYBk9al8xY8sQl0Ouh4VOTZEuiarLmqiQjnwZcOXWQBGopjwFmvlWCcZ7ndbdjzVYA1l3bJh0DmPaksQuE8FRizqyDVBDUVZZfgcR3KusrftzRvcdIHulp8CIkPZpWAUcm7JbMVg+iGK5f1jU9yErUGg1w60cerwR3TN0MFaPf0TVppWuEt2y/0kVt7WPRNwhqNPF5aqWWb0nu0zfzinkLoyn52Nl2caUFXY/9Xmx5eDpOXYfZ8y+My+FifpaNpPgzf2fiWSOGOHfkms7uXejS5yNtDFT2vRY3QLte8dRfbnzCNonnu7tKeFHKEoVTE0TrsWYZH+bM4O0uSzDqSsd+gjbAMvwEXEWHYN5V0DQgVdq+GWZ6l43ych4FM88koTaehpeoXW/zzaV4DAAA=

この記事が気に入ったら
いいね!しよう