【管理栄養士監修】疲労回復から食中毒予防まで…梅雨のトラブル対策に「梅干」がおすすめ!

pixta_27383897_m

梅雨の時期になると、気圧や湿度の影響もあり、体のだるさやめまい、頭痛が起こり、体や心の不調につながることもあります。そんなときに取り入れたいのが「梅干し」。今回は、梅干しで梅雨の時期を乗り切るおすすめの方法をご紹介します。

梅雨は心身のトラブルが起きやすい時期

この梅雨の時期にあらわれる疲労感やだるさ、頭痛や食欲不振といった不快な症状は、雨や気圧の影響で自律神経が乱れることが原因と考えられます。

自律神経のバランスを整えるためには、毎日の生活のリズムを整え、強いストレスを軽減させることなどが大切です。天気が悪くても、起きたら朝はカーテンをあけ、光を浴びるようにしましょう。

体内時計を整えると、生活リズムを整えやすくなります。また、夜はぐっすり眠ることや入浴すること、適度に運動するなど体の調子を整える生活に変えていくと、ストレスの解消にもつながります。

また、梅雨の時期は湿度が高く、夏に向けて気温もどんどん上昇して菌が繁殖しやすくなり、食中毒がおこりやすい時期でもあります。食中毒は、免疫力が落ちた状態の時こそ特に注意が必要です。

調理をするときは必ず石鹸で手を洗い、調理した料理はなるべく速やかに食べるようにしましょう。保管する場合もそのまま常温に置いておくのではなく、なるべく早く冷まして、冷蔵庫などに保管し、早めに食べきるようにしましょう。

梅雨のトラブルには梅干しを!

このような梅雨に起こりやすい不調やトラブルに一役買うのが梅干しです。

梅干しは、クエン酸を含みます。クエン酸は、酸味を感じる成分で柑橘類にも含まれます。このクエン酸は、乳酸の生成を抑制して、疲労の回復、肩こり、筋肉痛の防止などに役立ちますので、疲労感やだるさを感じたときにうってつけです。

また、梅干しは酸っぱいため、見るだけでも唾液の分泌が盛んになります。唾液がでると胃液などの分泌もよくなり、体の食べる準備ができます。そのため、食欲がないときにも食欲が出やすくなるといわれています。

さらに、梅干しは酸性の食品であることから食中毒の原因となる細菌の増殖を抑えることができ、食中毒の予防に役立つことも期待できます。

おすすめ梅干しレシピ

ここでは、梅干しを使ったおすすめのレシピを2つご紹介します。梅干しを取り入れて、体の不調を取り除きましょう。

梅湯

<材料(1人分)>
梅    1個
お湯   150cc
はちみつ 小さじ1

<作り方>
1. コップに梅干しを入れて、お湯を注ぎます。
2. 1に、はちみつを小さじ1入れてかき混ぜたらできあがり。

<レシピポイント>
混ぜるだけで簡単に作れるので、だるくて何もする気が起きないときでも手軽に取り入れられます。梅干しの量や甘みはお好みで調整しましょう。温かいドリンクを飲むことで血行がよくなり、冷えの改善にもつながります。

キャベツと鶏肉の梅マヨサラダ

<材料(2人分)>
キャベツ   150g
塩      少々
鶏ささみ   2本
酒      大さじ1/2
塩こしょう  少々
・梅     2個
・マヨネーズ 大さじ1
・塩こしょう 少々

<作り方>
1. キャベツは1㎝幅に切ってボールに入れ、塩を少々ふり、全体を混ぜておく。
2. 鶏ささみは筋を取り、耐熱容器に並べ、酒、塩こしょうをふる。ふんわりとラップをしたら、電子レンジ(600W)で1~1分30秒ほど加熱し、余熱で中まで火を通す。粗熱がとれたら細かく手でさいておく。
3. 梅干しは種を取り除き、さっときざんでマヨネーズ、塩こしょうを加えて和える。
4. 1のキャベツから出た水分を絞り、2、3を加えて混ぜ合わせたらできあがり。

<レシピポイント>
マヨネーズが梅の酸味をやわらげてくれるので、梅が苦手な人も食べやすいレシピです。鶏肉を加えることでたんぱく質が補えますので、食欲がないときにもおすすめです。

梅干しは、疲労回復や食中毒の予防にも役立つ食品です。食欲がないときにも食べやすいので、料理に取り入れて、梅雨の時期を乗り切りましょう。

【参考】
梅雨の時期増える気象病って知っていますか?|これカラダ
https://kore-karada.jp/201706201570/
「梅雨」と「梅」と「健康」の親密な関係|yomeishu
https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/trivia/050610/
6月6日は梅の日 |ライフミール
https://lifemeal.jp/7944

岡田
岡田明子(おかだあきこ)
一般社団法人NS Labo代表理事 管理栄養士

健康や美容関連のレシピ提供や商品開発、講演や執筆、メディア出演などヘルスケア分野を中心に幅広く活躍中。自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べて痩せるダイエットメソッド」を確立。個人への食事サポートも行いダイエットや妊活に悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。

(著書)朝だから効く!ダイエットジュース(池田書店)
美腸ダイエットジュース (池田書店)
30代からの妊活食(KADOKAWA)

HP:http://ns-labo.jp/
ブログ:http://okada-akiko.com/

pixta_27383897_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム