【管理栄養士監修】梅雨のだるさを食べて改善! お酢を使ったさっぱりレシピ3つ

11_1

だるくて食欲も落ちやすい梅雨の時期。そんな時こそしっかり食べましょう! 管理栄養士である筆者が、食がなかなか進まないあなたへ、お酢の魅力と、お酢を使用したさっぱりレシピをご紹介します。

梅雨に取り入れたい! お酢の魅力とは?

お酢は人類最古の調味料と言われており、保存性を高めるためにも、味を良くするにも適しているため、昔から人々に親しまれてきました。
食後の血糖値の上昇を穏やかにしたり、高めの血圧を下げたり、肥満気味の方の内臓脂肪を減少させるなど生活習慣病予防にも期待されています。

今回注目したいのが、お酢の疲労回復効果と食欲増進作用です。
私たちの体は糖質を食べて、エネルギー源としてグリコーゲンというものを肝臓や筋肉に蓄えています。そしてエネルギーが必要になったときにグリコーゲンを分解してエネルギーとして使用しているのです。

お酢の主成分である酢酸を糖質と一緒に摂ると、消耗されたグリコーゲンの再補充が促されて、疲労回復が早まるというデータがあります。そしてお酢の酸味は摂食中枢を刺激し、唾液の分泌を促して食欲を増進させる働きもわかっています。

梅雨、そしてこれから迎える暑い夏はだるさや疲れ、食欲不振を起こしやすい時期です。きちんと食べないと、栄養不足でますます疲れてバテてしまう…という悪循環に陥る前に、お酢の力を借りましょう!

梅雨のだるさを食べて改善! お酢を使ったさっぱりレシピ3つ

疲労回復のサポートや食欲増進作用のあるお酢を使用した簡単レシピを3つご紹介します。

〇豚肉と卵とニラのさっぱり煮

豚肉はビタミンB1を多く含みます。ビタミンB1は糖質をエネルギーにする際に必要なもので、不足するとエネルギー切れで疲れやすい、夏バテ、食欲不振、イライラなど様々な症状があらわれます。

ニラ、にんにく、ネギ類などの香味野菜に含まれるアリシンという物質がビタミンB1の働きを高めてくれるので、だるさや疲れを感じる時に豚肉+香味野菜の組み合わせはぴったりです! さらにお酢を加えて煮込んでいるので、お肉は柔らかくなりますし、疲労回復効果もサポートしてくれます。
11_2

<材料(4人分)>
豚肉ブロック肉(バラ、ヒレ、肩ロースなど)…600g

A塩麹…大さじ2
Aしょうゆ…60ml
A酢…30ml
A酒…30ml
Aみりん…30ml
A水…800ml

卵…4個
にら…1/2束(約60g)

<作り方>
下準備…卵はゆで卵にしておく(水から入れ、沸騰したら10分程度加熱)。ニラは食べやすい大きさに切っておく。豚肉はネットやタコ糸で縛らず、そのまま使用。

1.鍋に豚肉とAを加え強火で加熱し、沸騰したら中火にして約30分煮る。(圧力鍋の場合、加圧10分程度)
2.殻をむいたゆで卵を1に投入してさらに10分加熱する。ニラも加えてさっと火を通す。
3.豚肉は食べやすい大きさにカット、卵は半分にカットして、ニラと共に器に盛り完成。

〇大根のおかかサラダ

11_3大根には糖質の消化を助けるジアスターゼ、たんぱく質の消化を助けるプロテアーゼという消化酵素が含まれます。酵素は熱に弱いので、大根を食べるなら生食がおすすめ。お酢を使用しているのでさっぱり食べやすいサラダです。辛いのが平気な方は七味唐辛子、一味唐辛子、ラー油なども加えるとさらに食欲アップにつながります。

<材料(作りやすい分量)>
大根…1/8本(約200g)
塩…小さじ1/4

A酢…大さじ1
A醤油…小さじ1
Aオリーブ油…小さじ1
Aごま油…小さじ1
A黒いりゴマ…小さじ1
Aかつお節…5g

七味唐辛子(お好みで)…適量
紫スプラウト(あれば)…適量

<作り方>
下準備…大根は皮をむき千切りにしてザルに入れたら塩をふり、全体を混ぜてしばらくおいておく。紫スプラウトは根元をカットして水洗いしておく。

1.ボールにAを入れ混ぜておき、水気を絞った大根を加えよく和える。
2.器に盛り、七味唐辛子をお好みでふりかけ、紫スプラウトを飾って完成。

〇ミックスベリーとはちみつのサワードリンク

11_4
果物を酢と砂糖に漬け込んで作るサワードリンクもありますが、今回は1分もかからずにできる即席のサワードリンクをご紹介します。生活習慣病のリスクを低減させるには1日大さじ1杯のお酢を摂ることがすすめられています。料理が得意じゃないわ…という方は手軽なサワードリンクからはじめてみませんか?

<材料(小さいグラスで2つ分)>
酢…大さじ1
はちみつ…大さじ1
水…100ml
冷凍ミックスベリー…30g

ミント(あれば)…適量

<作り方>
1.ボールに酢とはちみつと水を加えて、はちみつを溶かす(常温の水で溶けます)。
2.冷凍ミックスベリーを加えてよく混ぜたらグラスに盛り、あればミントを飾って完成。

ダルさや疲れ、食欲不振にお悩みでしたら、ぜひ今回ご紹介した簡単レシピも活用しつつ、お酢を取り入れてみてくださいね。

【参考】
【「健康食品」の素材情報データベース】酢酸、食酢|国立健康・栄養研究所
http://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail3334lite.html
生活習慣病に及ぼす食酢の効果|多山賢二著
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/97/10/97_10_693/_pdf
肥満気味の方の内臓脂肪の減少|株式会社 Mizkan Holdings
http://www.mizkan.co.jp/company/health/report/01.html
グリコーゲン|株式会社わかさ生活
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/glycogen/
夏バテ対策に疲労回復“酢タミナ料理”|株式会社 Mizkan Holdings
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2006news/060601-00.html
『調理と理論』山崎清子ら著(同文書院)
『マギーキッチンサイエンス』香西みどり監訳(共立出版)
『見てわかる! 栄養の図解事典』中村丁次著(PHP研究所)

海老沢直美
海老沢直美
生理前の不調(PMS)改善カウンセラー・管理栄養士

管理栄養士としてレストランやスポーツの現場で選手の栄養サポート及び健康指導に従事。病院給食勤務、特定保健指導を経て現在は、PMS(月経前症候群)に悩む方へ食事カウンセリングを行う。高校生から13年悩んでいた自身のPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、望む人生を送る女性のサポートをしている。昭和女子大学卒。
海老沢直美「生理前を楽にする方法」
公式ブログhttps://ameblo.jp/ebihoro1856/
FBページ fb.me/pms.raku

11_1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめコラム