ダイエットの新常識!? 今NYで話題の「カリフラワーライス」で綺麗を目指そう!

pixta_28034289_m

ダイエット中に食事で悩んでしまう方って多いですよね。せっかく運動を始めてもカロリーコントロールができなければ、ダイエットの効果はなかなか表れません。そこで、無理なくダイエットを続けるためにダイエットに有効な食品をメニューに取り入れてみませんか?

今回は、ニューヨークでも高い評価を受けている「カリフラワーライス」をご紹介いたします。

カリフラワーライスとはどんなもの?

カリフラワーライスとは、カリフラワーをお米の大きさほどに細かく刻んだもの。ニューヨークでは、美容意識の高い人々がお米の代わりに「カリフラワーライス」を主食としているそうです。

また、その知名度は高く、カリフラワーライスは加工剤の冷凍保存や中食としても販売されるほどの人気を集めています。今、大注目のカリフラワーライスですが実際にどのような嬉しい効果があるのでしょう。

カリフラワーは低糖質でダイエットに効果的!?

ダイエットは、無理をしたり、空腹に耐えなければいけないものだと思っていませんか? 無理な食事制限は、ストレスを溜めこむばかりでダイエットには逆効果です。満腹感を得て、ストレスを溜めこまず無理なくダイエットに取り組んでいきましょう。

そこで効果的なのが、主食をお米からカリフラワーライスへ置き換える方法です。カリフラワーはお米に比べ糖質は16分の1、カロリーは6分の1とダイエットに嬉しい低糖質。

お米と置き換えるだけなのでカリフラワーライスを利用したダイエットはとっても簡単です。そればかりか、カリフラワーはビタミンCも豊富なので美容効果も期待でき、ダイエット中に不足しがちな栄養も十分に補うことができます。

また、お通じでお悩みの女性にも朗報。カリフラワーには食物繊維が多く含まれているので腸内環境を整えるのにも最適なのです。

知っておきたい! カリフラワーの高い栄養価

カリフラワーの栄養価の高さには目を見張るものがあります。カリフラワーからは、先ほど述べたビタミンⅭだけでなく多くのカリウムも摂取することができます。

カリウムを摂取することで、高血圧のリスクを軽減でき、高血圧を原因としない脳卒中に関してもリスクの低減が見込まれています。その他、カリウムには体内の塩分を排出し水分量を調節する働きがあるため、むくみでお悩みの方にもカリフラワー摂取がおすすめです。

食事制限最大のポイントは「糖質」!

カリフラワーライスがダイエットに効果的な理由からも分かるように、ダイエットで難しいとされる食事制限のポイントは「糖質」にあります。日本人の多くの人が主食にしているお米、そして主食の代表的なパンや麺は血糖値を上昇させる食品です。そんな巷でよく耳にする「血糖値」ですが、みなさんは、実際に血糖値が高くなると体にどのような影響をもたらすのかご存知ですか?

血糖値は上昇すると脂肪がつきやすくなり、その結果、体重の増加に繋がってしまいます。なので、ダイエットメニューを考える際は糖質を抑えたメニューにするといいでしょう。お米一善(150g)は269kcalで糖質55.2gなのに対し、150gのカリフラワーは40.5kcalで糖質は7.8g。一食の置き換えで、糖質47.4g、カロリーは228.5kcalもセーブできます。

置き換えにピッタリ!「カリフラワーライス」の作り方

多くの美容効果も期待できる、カリフラワーライスの作り方は実に簡単。カリフラワーをフードプロセッサーかミキサーでみじん切りにするだけでできあがりです。ご家庭に、フードプロセッサーなどの調理器具がない場合には、包丁でカリフラワーをみじん切りにしてみましょう。

また、切ったカリフラワーはそのまま冷凍保存しておくことができるので、毎回の調理時間の短縮にもなります。保存する分は加熱せず、カリフラワーライスは食べる分だけ加熱することにしましょう。カリフラワーの持つビタミンⅭは加熱によってもその栄養を損なうことが少ないため、調理後も十分な栄養を得ることができます。

シンプルで簡単なのが嬉しい!カリフラワーライスの調理法

調理法としては、みじん切りにしたカリフラワーをオリーブオイルを敷いたフライパンで炒めるか、カリフラワーを電子レンジで加熱するというシンプルなもの。カリフラワーを炒める時に、オリーブオイルの代わりに美容効果の高いココナッツオイルを使用するのもいいでしょう。

カリフラワーライスの調理法はとってもシンプルなのですが、カリフラワーライスだけを食べてみるとお味もシンプルすぎて飽きがきてしまいそうです。

より美味しくカリフラワーライスを食べるなら、カリフラワーライスをお米の代わりにカレーやチャーハン、ピラフなどに使用するのがおすすめです。これならカロリーが高いからと、ダイエット中には我慢してしまいがちなカレーやドリアもカリフラワーライスでカロリーを抑えることができるので安心して召し上がれます。

また、カリフラワーライスだけでは物足りないという方は、ご飯とカリフラワーライスを混ぜて食べてもいいかもしれません。ただし、カリフラワーライスの割合を多くすることが大切です。あるいは、カリフラワーの素材を活かしてサラダに混ぜるというのもいいでしょう。

ご飯をカリフラワーライスに置き換えて調理したり、新たにカリフラワーライスを使った料理を創作するのも楽しいでしょう。カリフラワーライスを上手に取り入れて、無理なく楽しいダイエットを始めてみませんか?

【参考】
ニューヨークで大人気のダイエット!カリフラワーライスで大幅糖質ダウン|microdiet.net
https://microdiet.net/abroad/000921.html
カリフラワーライスをご飯の代わりに!?年末年始の体重増にサヨウナラ|ESSE online
https://esse-online.jp/90872
カリフラワー|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC
カリウム|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

pixta_28034289_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう