【薬剤師監修】毎日ドサッと怖いほど抜ける…「産後脱毛」の原因と改善方法とは

pixta_39208637_m

女性にとって命とも言われる髪。中医学では、髪は「腎の華(じんのはな)」という別名があり、「血の余り」と考えられています。これらは、腎に蓄えられている「精」が十分にあれば丈夫な髪が育ち、また、「血」が全身を巡っていることが髪の健康条件であるということを意味しています。

しかし、女性は人生の一大イベントともいえる「出産」による体質変化で、「産後脱毛」という症状が出てくることがあります。そんな産後の抜け毛について、原因や改善法を中医学の観点も含めご紹介していきます。

気になる抜け毛「産後脱毛」とは? なんで抜けるの?

「赤ちゃんを生むことで、なぜ髪が抜けるの?」と心配している方のために、産後脱毛について詳しくお話ししていきます。

産後脱毛とは、産後に髪が抜けやすくなり2~3ヶ月経った頃目立ってくる症状です。リラックスタイムのお風呂で髪を洗うとき、乾かすときにドサッと抜けてびっくりするということもあるかもしれません。
産後脱毛の原因には、次の3つが考えられます。

1.ホルモンバランスの乱れ

エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが関わってきます。これらは、髪の成長や育毛維持の働きがあり、妊娠中と出産後で分泌量が大きく変化します。

妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんにとって最適な環境にしようと女性ホルモンの分泌量が増えますが、出産が終わると身体が元の状態に戻そうと頑張りすぎて、普段よりも分泌量が少なくなってしまうのです。このような女性ホルモンの大きな変化に身体がついていけず、脱毛などの症状が起こってしまうのです。

2.「肝」と「腎」の機能失調

はじめにお話したとおり、中医学で「腎」は生命エネルギーである「精」を蓄え、髪の成長に必要な「血」は、「肝」に蓄えられているといわれています。
つまり、妊娠という大仕事で身体的、精神的に負担がかかることで、「肝」や「腎」の機能が低下し、髪まで精や血が巡らず、脱毛につながってしまうと考えられるのです。

血が不足していて髪まで行き届かない状態を「血虚(けっきょ)」といい、腎の機能が低下した状態を「腎虚(じんきょ)」といいます。

3.産後ダイエット

妊娠によって増えた体重を減らそうと、過度な食事制限をして身体に負担をかけることも原因となります。身体に必要な栄養や血が不足することで、髪が抜けやすくなります。

産後脱毛の改善法は? 抜け毛を減らす対策とは

産後脱毛は病気ではなく、誰しも産後に起こりえる症状です。一定期間が経てば元通りになるので、悩みすぎは禁物ですが、予防や改善には、次のような対策をすることよいでしょう。

1.ストレスをためない

産後は、ただでさえホルモンバランスの影響でどうしてもイライラしてしまいがちの時期です。ストレッチや軽い運動など、自分なりのストレス解消法を今から見つけておくといいでしょう。
また、抜け毛を気にしすぎると、余計にストレスがたまってしまい、余計に悪化してしまうことがあります。そういう時期だと開き直ることも大切です。

2.生活習慣を見直す

赤ちゃんの夜泣きで睡眠をうまくとれなかったり、食事の時間がずれてしまったりと、生活リズムが乱れることが多々あるかと思います。昼と夜が逆転すると、自律神経のバランスがくずれてしまうので、眠たくなくても夜は電気を消して目をつぶるようにしましょう。また、授乳時間を調整することで、リズムをつくることができるかもしれません。

3.食事のバランスを整える

髪の毛の90%以上を構成している「タンパク質」、女性ホルモンに似た働きをもつ「大豆イソフラボン」、新陳代謝を活発にして髪を元気にする「ビタミンB2」、健康的な髪を育ててくれる「ミネラル(亜鉛、鉄)」を多く含む食べ物がおすすめです。それぞれ、次のような食材に多く含まれています。

タンパク質:大豆、卵、赤身肉
大豆イソフラボン:納豆(1日の上限量は70~75mgで1パックが目安です)
ビタミンB2:豚肉、レバー、サンマ
ミネラル:わかめ、ひじき、レバー、ほうれん草、貝類

4.漢方薬

先ほどお話しした、「血虚」と「腎虚」の2タイプに分けて、おすすめの漢方をご紹介します。

血虚タイプ
血の巡りを改善し、身体を温めてくれる「当帰(とうき)」や、血と同時に精も補う「鹿茸(ろくじょう)」を含む漢方が良いでしょう。
代表的な漢方として、「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」や「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」がおすすめです。「参茸補血丸」は、腎虚タイプの人にも効果的な漢方です。

腎虚タイプ
「参馬補腎丸(じんばほじんがん)」や「何首烏末(かしゅうまつ)」がおすすめです。腎を補い、新陳代謝を活発にしてホルモンを作り出す力を強める働きがあります。

産後脱毛はショックを受ける方も多く、初めて知った人も不安になるのは仕方のないことだと思います。赤ちゃんを元気に育てるためにも、お母さんがまず心身共に元気でいられるよう、一人で抱え込まないようにしましょう。この記事を読んで少しでも皆さんの不安が取り除けたら光栄です。

文・杉岡弥幸 監修・森田博美

【参考】
赤ちゃんの部屋|産後の抜け毛トラブルの原因と対策
https://www.babys-room.net/5194.html
ヘアラボ|髪に必要な栄養素
https://hagelabo.jp/articles/hair-necessary-nutrients
All About Beauty|出産後のホルモンバランスで抜け毛が急増!
https://allabout.co.jp/gm/gc/5527/
朱雀堂|産後の抜け毛、産後脱毛症
http://www.suzakudou.com/article/13500658.html
東西薬局|血虚タイプ
https://tozai-yakkyoku.com/chart/kekkyo.html
東西薬局|薄毛に効く漢方薬
https://tozai-yakkyoku.com/kami/
スキンケア大学|出産後の抜け毛・予防や対策
http://www.skincare-univ.com/article/003964/

森田博美
森田博美
漢方薬剤師

都内の有名美容クリニックで漢方薬剤師として勤務した経験を活かし、セミナー、執筆、カウンセリング等を通じて女性の健康と美容に携わっている。現在はウィメンズ漢方( https://womens-kampo.co.jp)にて、妊活女性に対するカウンセラーとしても活躍中。
インスタグラム( https://www.instagram.com/romi1208/)や各種ウェブ媒体では、薬剤師の視点から美容やインナービューティについて発信を行う。ミスグランドジャパンに出場した経験を活かし、女性の健康的な美しさについてアドバイスを行っている。

漢方薬剤師 森田博美のウェブサイトhttp://romibalance.com

pixta_39208637_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう