株式会社ウェルヴィーナス

ダイエット中の間食に!第二次スムージーブーム到来!

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAJ2RwW6DMBBE75X6D8hnDgSrrdJfiXpYzJasAizyLqmiiH+PDVhyqp56Y9548cz6/vpSFKYBIWc+i3tUQVPfz6IelHgMuCp3ji0pe4I+wsiW1TGioLOgZL841NZ/B23TbEOdKLvLdGbl3HAw/m20OLGQrlyeDI8wiNKAkWY5HCh2IeBTklTutOkiGfvlGixjyozJ3KwsoaX89+T28ZWCQ4eju8VsS5baY4+wbe+0HTWXH0U/rC32Q1dqkTMNc0uctbyyg15+7WPy5GjssjHWM/pMu/DOPGRgZF2T7MVMG1Ya5cFWx6OtPuxb/W5tHWRouTwA+QEicD8CAAA=

世界的なブームとなったスムージーが日本に上陸したのは、2012年頃。今ではすっかり美容やダイエットに関心の強い女性たちの定番ドリンクとなりました。

現在、そのスムージーが再び注目されるようになり、「第2次スムージーブーム」の到来かとも言われています。その背景にあるのが、間食の需要が広がってきたことです。これまでは朝食としてのニーズが中心だったスムージーですが、間食で楽しむ人がなぜ増えてきたのでしょうか?

スムージーの間食需要が増加中!

トレンド総研(東京都渋谷区)が実施した「スムージーの間食需要」のアンケート結果によると、朝食の需要が高かった「第1次スムージーブーム」の頃とは需要にやや変化が見られ、間食の需要が高くなっているようです。

20〜40代の働く女性500人の声をまとめると、「間食の経験がある」と答えた約96%の女性の約半数の44%の女性が「スムージーを間食で飲んだ経験がある」そうです。また、67%の方が「スムージーは間食に適している」とも答えています。

このようなスムージーの需要の変化には、海外発の『ヘルシースナッキング』の考え方が浸透してきたことが影響していると考えられます。今注目されている食習慣『ヘルシースナッキング』の目的は、ヘルシーなものを間食に摂ることで、過度の空腹や食べ過ぎを防止することです。この考え方は、これまでの「間食は太る」という概念を大きく変えました。

夕食までにお腹が空いてしまいお菓子につい手が伸びてしまう人も、ヘルシーで栄養価の高いものを間食に摂っておくことで、食後の血糖値の上昇を抑えることができ、肥満防止にもつながります。

スムージーは低カロリーですが、満足感があって栄養補給もできるので、『ヘルシースナッキング』に適していると言えるでしょう。

手軽さも人気を後押し

コンビニやスーパーの売り場にも、さまざまな色鮮やかなスムージー商品が並ぶようになりました。野菜や果物の鮮度感が伝わるように、容器のデザインにも工夫が見られ、目を引くものが多いですよね。

スムージーを家で作るには、野菜や果物を数種類用意してカットし、ミキサーにかけるので、少し面倒に感じる方もいるのではないでしょうか。コンビニやスーパーで手軽にスムージー商品が購入でき、小腹を満たせるのは、働く女性やダイエット中の女性にとってうれしいことですね。

また、近年、スムージーの需要を後押ししているのが「オフィス食育」です。オフィスで働く人たちの健康を食でサポートする企業が増えてきています。出張マルシェや野菜の宅配が利用でき、オフィスでスムージーを提供する企業も進出してきました。

オフィスの飲み物の定番はコーヒーかお茶ですが、ひと息入れたいときや残業時に、フレッシュで栄養も摂れるスムージーが飲めるのは、とても魅力的です。

当初、スムージーは20~30代の女性を中心に人気が出てきましたが、手を汚さず食べられる利便性もあり、最近は50代以上の主婦層や男性の購入者も増えています。売れ行きは当初の計画を上回るほど好調だそうです。

スムージーを飲むときの注意ポイント

ダイエットや美容・健康効果などさまざまなメリットがあるスムージーですが、飲むときに注意したい点がいくつかあります。

糖質の多い食材に注意

スムージーを自分で作る場合にも、市販のスムージー商品を購入する場合にも、注意すべきポイントは糖質の量です。

糖質を過剰に摂取すると、余分な体脂肪を増やすことにつながります。糖質が多い野菜や果物もあるので、スムージーに使われている食材に注意しましょう。例えばリンゴやバナナはよくスムージーで使わていますが、実は糖質が多い果物です。

ほうれん草やアボカド、ラズベリーは糖質が少ないのでおすすめです。糖質が控えめのスムージーなら、毎日継続して飲むと、体が軽く感じたり、肌の調子が良くなってきたり、便秘が改善できるなど、さまざまな健康効果を実感できます。

冷やして飲むと内臓が冷えてしまう

通常スムージーは冷たい状態で飲むことが多いと思いますが、冷やして飲むと内臓が冷えてしまいます。内臓が冷えると、胃腸の働きが弱くなり、それと共に体温が下がり代謝も悪くなってくるので、太りやすい体になってくるのです。

内臓温度が1度下がると、基礎代謝がなんと10%以上も下がるといわれています。
さらに内臓が冷えると、冷えから内臓を守るために内臓脂肪が増えてしまうのです。

そのため、一気に飲むのではなく、ゆっくりとひと口ごとに噛むようにすると、体温と同じくらいまでスムージーの温度が上がってくるので、デメリットは解消できるでしょう。よく咀嚼することで、さらに満腹感も得やすくなります。

牛乳やヨーグルトは栄養の吸収を妨げる

スムージーは材料によっては、せっかくの効果が減ってしまうこともあります。
自分でスムージーを作るときに、水の代わりに牛乳やヨーグルトを使うことはありませんか?

乳製品のカルシウムも摂れて栄養価がさらに高くなると思いがちですが、乳製品のたんぱく質がスムージーの野菜やフルーツの栄養の吸収を妨げてしまうので注意が必要です。スムージーの水分は牛乳やヨーグルトではなく、水で補いましょう。

スムージーの間食需要の変化に影響を与えている「ヘルシースナッキング」は、これまでの常識を覆す画期的な食習慣ですね。空腹を我慢しなくてよいので、ストレスにならず、無理なく続けられるのではないでしょうか。

間食をヘルシーで栄養価の高いスムージーに変える「ヘルシースナッキング」、そして「オフィス食育」が浸透していくと、確かに第二次スムージーブームが到来することもうなずけますね。

【参考】
「午後のおやつ」「夕食までのつなぎ」。間食の罪悪感がない、再ブーム到来のスムージー|T-SITE
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/39151467/index
スムージー、小腹満たし需要取り込む 男性も購入 | 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21890070U7A001C1X42000/
組み合わせで効果減!?スムージーダイエットの落とし穴|FYTTE(フィッテ)
https://fytte.jp/news/meel/1512/post_426.php
スムージー 野菜と果物の栄養、たっぷり手軽に補給 |NIKKEI STYLE(日経電子版)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO15828320X20C17A4000000?channel=DF260120166503
寒い時にはホットスムージーで栄養価もアップ!冷え性対策にも効果的|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/hotsmoothie9416/
【食材別糖質リスト】糖質制限中に食べられる食材とは?|LOCA-Labo Life
http://column.rizapstore.jp/kiso/945.html#i-6

株式会社ウェルヴィーナス
SSUCv3H4sIAAAAAAAEAJ2RwW6DMBBE75X6D8hnDgSrrdJfiXpYzJasAizyLqmiiH+PDVhyqp56Y9548cz6/vpSFKYBIWc+i3tUQVPfz6IelHgMuCp3ji0pe4I+wsiW1TGioLOgZL841NZ/B23TbEOdKLvLdGbl3HAw/m20OLGQrlyeDI8wiNKAkWY5HCh2IeBTklTutOkiGfvlGixjyozJ3KwsoaX89+T28ZWCQ4eju8VsS5baY4+wbe+0HTWXH0U/rC32Q1dqkTMNc0uctbyyg15+7WPy5GjssjHWM/pMu/DOPGRgZF2T7MVMG1Ya5cFWx6OtPuxb/W5tHWRouTwA+QEicD8CAAA=

この記事が気に入ったら
いいね!しよう