持っていけば割引も!?メリットいっぱい「お薬手帳」

pixta_27064065_m

「お薬手帳をお持ちですか?」。薬局に行くとかなりの確率で聞かれるこの言葉。あなたはお薬手帳を持っていますか?

ついつい持って行くのを忘れがちなお薬手帳ですが、お薬手帳を持っているとさまざまなメリットが得られるのをご存知でしょうか? 例えば、お薬手帳を提示することで薬代が安くなる、なんてことも。今は電子化もされているので、スマホなどの電子機器でも簡単に管理ができるようになりました。

ここでは、あまり知られていないお薬手帳のメリットについて詳しくご説明していきます。

「お薬手帳」って?

お薬手帳はいつ、どこで、どのような薬を、どれだけの量もらったのかを記録しておく薬の記録簿です。1冊持っていればどこの調剤薬局や病院でも使えるので、複数持つ必要はありません。他にアレルギー歴や副作用歴、既往症なども自由に書き込めるようになっています。

お薬手帳には勝手に何か書き込んではいけないと思っている方もいますが、そんなことはありません。むしろ、薬を飲んで気になったことなどを書きこんでもらえた方がお薬手帳をしっかり活用できていると言えます。

このお薬手帳を薬局にいる薬剤師に見せるだけで、患者さんの情報を素早く正確に伝えることが可能です。薬剤師は患者さんの情報をしっかり確認できますし、患者さんは手帳を出すだけで簡単に情報を伝えられます。手帳があるだけでお互いにメリットがあるのです。

お薬手帳のメリット

お薬手帳を持っているだけで、想像しているよりも多くのメリットを受けることができます。お薬手帳は患者さんの健康を守ってくれる大事なアイテムなのです。

副作用や飲み合わせのリスクを減らす

お薬手帳には何月何日に何の薬を何日分もらったのか、細かく記録してあります。そのため、お薬手帳を見るだけでお薬の飲み合わせのチェックが簡単にできるメリットがあります。似たような働きを持っているお薬を他の病院で貰っていないかどうか、副作用が起きた薬がまた処方されていないかなど、すぐに確認ができるため患者さんのリスクを減らすことも可能です。

過去にかかった病気などの情報を伝えることができる

今までに薬を飲んで副作用やアレルギーが出たことがあったとしても、それを記録しておかなければ意味がありません。何の薬で症状が出てしまったのか、時間が経つと分からなくなってしまうためです。

お薬手帳は、また同じ薬が処方されてつらい思いをしないようにし、患者さん自身を守るため副作用歴やアレルギー歴を記録しておけるというメリットがあります。今までにかかった病気を記録しておけるのもメリットの1つです。既往歴によっては使ってはいけない薬もあるため、過去にかかった病気の確認はとても大切なのです。

緊急時に、自分の薬の情報を正確に伝えることができる

東日本大震災や熊本地震などの災害で、お薬手帳を持っていた方と持っていない方とで大きな差がありました。

お薬手帳を持っていた方は、今までに何の薬を飲んでいたのか簡単に確認ができたので、臨時の薬局でもすぐに処方できました。一方で、お薬手帳を持っていなかった方は「血圧を下げる薬を飲んでいたけど、薬の名前までは分からない。量もどれくらいかは覚えていない」という方が多く、患者さんに適したお薬を処方するのがとても難しかったそうです。

お薬手帳があると副作用の確認がしやすい、薬代が安くなるといったメリットばかりが強調されがちですが、何かあったときに正しい情報を伝えられることこそ、お薬手帳の最大のメリットと言えるでしょう。

薬代が最大40円安くなることも!?

以前の調剤報酬制度では、お薬手帳を持参すると余計にお金がかかる仕組みになっていました。しかし2016年度の調剤報酬改定によって、今ではお薬手帳の持参によって薬代が安く済むようになったのです。

薬剤師が患者さんに対して薬の説明をし、記録をつけることで、薬局側が受け取れる薬剤服用歴管理指導料が値引きされることにより、最大で40円も薬代が安くなります。頻繁に病院に通われている方には嬉しいメリットです。

手帳がなくてもスマホで簡単「eお薬手帳」

病院や薬局に行くときはお薬手帳を持っていかないといけない、頭の中では分かっていても、つい忘れてしまいますよね。

そこでぜひおすすめしたいのがスマホのアプリで薬を管理できる「eお薬手帳」。紙のお薬手帳と同様に薬の情報を記録できるサービスです。万が一のときでもeお薬手帳のデータをクラウドに同期しておけば、手元にスマホがなくても薬剤師などの医療従事者が薬の情報を検索できます。

飲み忘れ防止のアラーム機能を装備するなど、紙のお薬手帳では実現できなかったサービスがあるのも魅力的です。

お薬手帳を持っているだけで薬を安全に使うためのさまざまなメリットが得られます。薬代も安くなるのでぜひ忘れないように持っていたいものです。今は電子化されたお薬手帳もあるので、つい忘れがちな方は「eお薬手帳」のアプリを使ってみてくださいね。

【参考】
「お薬手帳」活用のススメ|日本調剤
https://www.nicho.co.jp/prescription/book/
お薬手帳とは?|一般社団法人愛知県薬剤師会
https://www.apha.jp/medicine_info/entry-20.html
熊本地震で再認識される「おくすり手帳」の重要性…災害時の備え、今こと確認を|AnswersNews
http://www.nichiyaku.or.jp/action/wp-content/uploads/2012/06/shinsai_techo.pdf
お薬手帳|公益社団法人日本薬剤師会
http://www-eokusuri.nichiyaku.or.jp/index.html
「たった40円でしょ?」お薬手帳を持つ人と持たない人、医療費の差を計算してみた|EPARKお薬手帳
http://okusuritecho.epark.jp/column/difference-in-medical-expenses/

pixta_27064065_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう