キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】更年期ってどんな症状?原因を知ることでうまく乗り切ろう

1-top%e7%94%bb%e5%83%8f_r

のぼせ、月経不順、不眠など、「なんだか、いつもと違って調子がよくない」と感じることはありませんか? 閉経前後の数年は、女性の体と心にさまざまな変化が訪れることがあります。このような「更年期」特有の不調が起こる原因や、上手に乗り切るヒントについて、多くの更年期相談を手がける芥川バースクリニック院長の芥川修先生に話を伺いました。

目次
更年期ってナニ? 何歳のこと?
更年期に起こるさまざまな不調の症状
更年期の症状が出る原因とは
更年期の不調を乗り切る「日常生活4つのヒント」
更年期の症状緩和には婦人科も味方に

更年期ってナニ? 何歳のこと?

女性には、年齢を重ねるとともに「思春期・性成熟期・更年期・ 高齢期」といった4つのライフステージがあります。中でも閉経をはさんだ前後5年、トータル約10年間の時期を「更年期」と言います。

閉経時期は50歳を過ぎる人が多いので、一般的には45〜55歳くらいの時期が更年期の目安に。ただし、閉経の時期は個人差が大きく、40歳前後や60歳くらいで閉経する人も珍しくないため、更年期も人によってかなり違いがあります。

更年期に起こるさまざまな不調の症状

更年期には、さまざまな体の不調が現れやすくなります。「なんだか、いつもと違う」といった不調が現れ始めるのは、一般的に40代後半ぐらいから。更年期によく見られる不調を次に挙げてみましたが、あなたにも心当たりはありませんか? 芥川先生によると、症状の現れ方に「強い・弱い」はありますが、以下のような症状なら、ほとんどの女性が経験すると言います。

・月経不順、閉経
・のぼせ、ほてり、多汗
・冷え
・動悸、息切れ
・頭痛、頭重感
・寝つきが悪い、不眠
・気分の落ち込み、不安感
・疲労感、倦怠感
・手足のしびれ
・肩こり
・腰痛、背部痛
・眼精疲労、老眼、ドライアイ
・耳鳴り
・めまい
・頻尿、残尿感
・尿漏れ、尿失禁
・腟の乾燥、性交痛
・むくみ、静脈瘤
・ドライマウス
・肥満
・しみ、しわ、皮膚の乾燥
・白髪、細毛、薄毛
など。

2_r-jpg

更年期の症状が出る原因とは

更年期に上記のような症状が出るのは、大きく2つの原因があります。

原因その1 エストロゲンの減少

女性の一生には、初経、妊娠、出産、閉経といった大きな体の節目があります。このような、女性特有の体のリズムと深い関わりがあるのが卵巣の働きです。

卵巣は、思春期で初経を迎えたころに活発に働き出し、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンを分泌し始めます。女性ホルモンのうちエストロゲンが、女性のライフステージに合った体や心の変化に、より深く関わっています。

エストロゲンの主な働き

・思春期に丸みを帯びた女性らしい体をつくる
・乳房や性器の成熟を促す
・排卵をコントロールする
・肌にツヤを与える
・骨にカルシウムを沈着させて強くする
・妊娠すると子宮内膜を厚くする

一般的に、30代後半ごろになると卵巣の機能は低下し始め、40代になると急激に下降し、エストロゲンの分泌量もどんどん減少します。それにより、ホルモンのバランスが乱れ、さまざまな不調が「更年期の不調」として現れることがあります。

また、エストロゲンは、脳の「視床下部」が「分泌しなさい」と命令を出して分泌されます。卵巣機能が低下すると、視床下部からの命令が卵巣へ伝わりにくくなり、さらにエストロゲンの分泌量は減ることに。

こうした状態が続くと、「なぜ命令通りにならないのだろう」と視床下部は混乱し、同じところに中枢を持つ自律神経のバランスも乱れます。そのため、のぼせや頭痛、肩こり、イライラなどの症状につながることがあります。

原因その2 精神的なストレスの増加

更年期を迎えて、大きく変わるのは体だけではありません。女性の40~50代は、

・部下を抱え、仕事の責任が重い
・心は若いのに、体が思うように動かない
・子育てと仕事の両立が大変
・親の介護が負担
・子どもの受験、就職、結婚などが心配
・子どもが独立して寂しい
・夫と向き合う時間が増えて、夫婦関係がうまくいかない

などといった大きな環境の変化が多いもの。精神面でもあらゆる変化に対応する必要があり、ストレスを抱えがちです。体の変化に精神的なストレスが重なると、自律神経のバランスが乱れやすくなって、あらゆる不調につながることがあります。

「近年、女性の晩婚化や晩産化が進んでおり、多くの女性がずっと仕事を続けています。重い責任やオーバーワークなどで、ストレスをひとりで抱え込んでいる場合が珍しくありません。そのような方たちは、40代前半くらいの早期から不調を訴えることもあります」と芥川先生は話します。

更年期の不調を乗り切る「日常生活4つのヒント」

加齢や生活環境など、更年期の女性にはさまざまな不調のきっかけがありますが、「更年期だから仕方ない」と、あきらめることはありません。次に挙げるヒントを手がかりに、日常生活で上手に乗り切りましょう。

ヒントその1 適度な運動を心がけて

適度に体を動かすことは、ストレス解消に役立ち、不調の予防や症状の緩和につながります。特に、ウォーキング、水泳、ストレッチなどの有酸素運動がおすすめで、体のすみずみまで酸素が行き渡り、心地よい疲れがあると夜もぐっすり眠れるでしょう。

「日常がマンネリ化していると、症状が重くなりがちです。気分を変えるのに運動はピッタリ。以前から興味のあった運動を一から始めてみるのもよいでしょう。新しいライフスタイルを発見するワクワク感が、日常にあることも大切です」(芥川先生)。

ヒントその2 食生活を見直す

主菜には、肉や魚などのたんぱく質、副菜には野菜、海藻、豆類など、ビタミンやミネラル、食物繊維を含むものを組み合わせて。

さらに、アンチエイジングに役立つビタミンB群や女性ホルモンのエストロゲンに似た成分である大豆イソフラボンを意識してとるとよいでしょう。大豆イソフラボンは、不調の改善だけでなく、骨量を増やし、コレステロール値の上昇を抑える働きも期待できるので、更年期の女性にピッタリの食成分です。

ヒントその3 十分な睡眠をとる

睡眠は疲労回復に役立ち、寝ている間に若さを保つ作用のある「成長ホルモン」も分泌されます。夜更かしの習慣のある人は、早寝早起きに切り替えて。心と体をしっかり休めるために、睡眠を十分にとりましょう。

「まとまった睡眠時間を維持することは大切ですが、それ以上に質の高い睡眠をとることも必要です。更年期の不調で『よく眠れない』という方も多いので、寝る前にゆっくり入浴したり、アロマを炊いたりするなど、自分なりのリラックス法を試してからベッドへ入るようにしてみては」と芥川先生はアドバイスします。

ヒントその4 同じ更年期世代の友だちと、つらいことを話して共感してもらう

悩みごとを言葉に出して聞いてもらい、「わかるわかる!」といった共感を得られるとフッと心が軽くなるはずです。特に更年期になると、同世代の女友だちは心強い存在。ママ友や仕事仲間など、つらさをわかち合える友だちを見つけ、定期的なおしゃべりタイムをつくれるといいですね。

更年期の症状緩和には婦人科も味方に

芥川先生によると、症状がひどくなってから受診する人が珍しくないと言います。更年期の症状が出始めても、「忙しい日が続いていたので疲れが出たのでは」と思って日々をやり過ごし、体がSOSを出してようやく受診。血液検査でホルモン値を測定すると、「更年期特有の不調だった」と診断されて驚く女性が少なくないのだとか。

「女性にとって婦人科は少し抵抗があるかもしれませんが、ぜひ通いやすいかかりつけ医を見つけてください。“婦人科=治療をする”というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。医師が不調の相談を受ければ、日常生活の指導、サプリメントのすすめ、漢方療法のアドバイス、臨床心理士によるカウンセリングなど、多方面からその方に合った改善方法を一緒に見つけることができます。ひとりで抱え込まず、婦人科と連携して更年期特有の不調の症状と向き合うことも早い改善につながります」

取材・文/内藤綾子

取材・監修者プロフィール
芥川 修
芥川バースクリニック院長
1998年東京医科大学医学部医学科卒業。東京医科大学八王子医療センター、霞ヶ浦病院などを経て、2010年東京医科大学講師 東京医科大学産科婦人科教室医局長に就任。2013年に退職後、芥川バースクリニックを開業。https://akutagawa-birth.com/
3-prof_r

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
1-top%e7%94%bb%e5%83%8f_r

この記事が気に入ったら
いいね!しよう