キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」とその上手な付き合い方

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

「女性ホルモン」「エストロゲン」といったキーワードを聞いて、「女性の体の中で分泌されているもの」といった程度の知識はあっても、分泌のメカニズムや働きなどを知っている人は少ないもの。

とはいえ、エストロゲンは、女性のライフワークに欠かせない重要なホルモンです。そこで、エストロゲンとの上手な付き合い方について、更年期障害の治療に詳しい山田ウイメンズクリニックの山田悦郎先生に詳しい話を聞きました。

目次

 

女性ホルモンは2種類ある

ホルモンとは、体のさまざまな機能が正常に働くために必要な情報伝達物質のことで、一般的に100種類以上あると言われています。中でも、女性の健康、妊娠・出産、美容に大きく関係しているのが女性ホルモンです。

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。

エストロゲンとプロゲステロンは、どちらも卵巣から分泌されています。2種類の女性ホルモンを分泌させるのは、脳の視床下部という部分です。視床下部から、すぐ下に位置する下垂体に「女性ホルモンを分泌させなさい」という指令が出ます。下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌し、卵巣を刺激。それによって卵巣が働き、女性ホルモンが分泌されるという仕組みです。

エストロゲンは女性の健康や美容を左右する

2種類の女性ホルモンのうち、女性の体により深く関わっているのがエストロゲンです。女性ホルモンと言えば、エストロゲンを指すこともあります。エストロゲンの主な働きは、次の通りです。

  • ・丸みを帯びた女性らしい体をつくる
  • ・乳房や性器の成熟を促す
  • ・排卵や月経を起こして妊娠機能を維持する
  • ・皮膚にハリを与えて若々しさを保つ
  • ・骨に働きかけてカルシウムをサポートし、骨を強くする
  • ・血流を促す
  • ・自律神経を安定させる
  • ・記憶力をアップさせる
  • ・やる気を起こさせる

 

2-jpg

エストロゲンとプロゲステロンってどう違う?

女性らしさを保つのがエストロゲンとすれば、妊娠の維持をつかさどるのがプロゲステロンです。プロゲステロンの主な働きをご紹介します。

  • ・受精卵が着床できるように、子宮内膜を整える
  • ・基礎体温を上昇させる
  • ・体内の水分を保つ

など。

「エストロゲンとプロゲステロンは、生理周期によって分泌量が増えたり減ったりしています。2種類のホルモンのバランスが保たれていると、生理が一定の周期で規則正しく起こります」(山田先生)

エストロゲンが減少すると、どんな症状が出る?

「女性ホルモンは10代の思春期から増え始め、20代後半から30代前半でピークに。それ以降は少しずつ低下していき、40代後半で激減します」と、山田先生は話します。

特にエストロゲンは、生殖機能以外にも脳・中枢神経機能、循環器(心臓血管系)、脂質代謝(コレステロールや中性脂肪)、乳房、皮膚、骨代謝など、女性の体のさまざまな機能をコントロールしています。

そのため、エストロゲンの分泌が低下すると各機能の働きがうまくいかなくなり、以下のさまざまな症状が現れることがあります。

  • ・のぼせ、ほてり、多汗といったホットフラッシュ
  • ・肌荒れや乾燥
  • ・生理不順
  • ・イライラ
  • ・性器の萎縮
  • ・排尿障害
  • ・乳房の萎縮
  • ・記憶力や認識力が低下する
  • ・動脈硬化や心筋梗塞など、心・血管疾患のリスクが高くなる
  • ・骨量が減って、骨粗しょう症になりやすくなる
  • ・腟の潤いが不足して性交痛があることも

など。

女性ホルモンのバランスを上手に整える

女性ホルモンのバランスが乱れると、上記のようなさまざまな症状の引き金になります。日常生活の中で、自分でできる整え方をご紹介します。

バランスのよい食事
食生活に気を配ることは、女性ホルモンのバランスを整えるだけでなく、健康そのものに大きく影響します。インスタント食品などに偏るのは避けて、数多くの食材を食べて栄養をまんべんなくとりましょう。

カロリーの高いものは控え、食べ過ぎや過度なダイエットはせずに適正体重の維持を目指して。太り過ぎややせ過ぎはホルモンバランスを崩し、生理不順や排卵障害につながることがあります。

エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを多く含む大豆製品、骨量をサポートするカルシウム豊富な小魚、乳製品などを積極的にとるとよいでしょう。

質の良い睡眠をとる
不規則な生活などで睡眠の質が悪い日が続くと、自律神経が乱れて女性ホルモンの分泌がスムーズにいかないことがあります。

夜寝る前はパソコンやスマートフォンをいじらないで、入浴やストレッチなどをして静かに過ごし、深い睡眠をとることを意識しましょう。

ストレスをためない
特に更年期は仕事や家庭の状況が大きく変化し、ストレスが多いものです。ストレスをため込んでしまうと、自律神経が乱れて女性ホルモンの分泌に影響します。休日は趣味を楽しむなど、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

体を冷やさない
体が冷えて血流が悪くなると、女性ホルモンのバランスが乱れます。入浴は、シャワーですませず湯船にゆっくりとつかって体を温めましょう。

食べ物や飲み物は、できるだけ温かいものを選びます。服装も露出が多いものを避けて、厚着に抵抗があるときはあったか下着などでカバーして。

適度な運動をする
女性が冷えやすいのは、筋肉が少ないことがひとつの原因です。筋肉運動による発熱や血流量が少ないため、冷えやすくなります。体を動かすことでストレス解消のきっかけにもなり、自律神経が整って女性ホルモンのバランスも安定します。

女性ホルモンの補い方

女性ホルモンは、自然に増えることはありません。そこで、上手に補う簡単な方法がサプリメントです。女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンのバランスを整える働きが期待できます。手軽に必要な栄養が摂取できるため、活用している人はたくさんいます。女性ホルモンを補う栄養成分をご紹介しましょう。

大豆イソフラボン
イソフラボンは、抗酸化作用があることで知られるポリフェノールの一種です。大豆には、ダイゼン、ゲニステインなど10種類以上のイソフラボンが含まれており、まとめて「大豆イソフラボン」と言います。

大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをする成分として有名で、体内に吸収されやすいアグリコン型イソフラボンが特に人気です。エストロゲンが減少することで現れる更年期症状を改善したいときに、ぜひ!

プラセンタ
プラセンタは、胎盤のことです。胎盤は、ママと赤ちゃんをつなぎ、栄養や酸素を赤ちゃんに届ける役割があります。胎盤には、細胞を育て、活性化させるたんぱく質やアミノ酸、ビタミンなどの栄養素が豊富に詰まっています。

ホルモンバランスを整える、新陳代謝の促進、免疫力アップといった効果が期待され、更年期障害の改善にもよく活用されています。

3-jpg

女性ホルモンを治療で補う方法も

「症状がつらくて日常生活に支障が出たときは、迷わず受診してください。大切なのは、現れている症状が、エストロゲンの減少によるものか別の病気によるものかを診断することです」と、山田先生はアドバイスします。

エストロゲンの減少が原因なら、ひとつの治療法としてホルモン補充療法(HRT)があります。エストロゲンやプロゲステロンを、飲み薬、貼り薬、塗り薬などで補充する方法です。早ければ1~2ヶ月で効果を実感できるでしょう。

エストロゲンが減少すると、強い・弱いはあるものの、多くの人にさまざまな症状が現れます。「年のせいだから」などと我慢して悪化させてしまうと、体の不調とともに精神的にも追い詰められてうつ病になる人も珍しくありません。

「大切なのは、心や体の悩みをひとりでためこまないことです。同世代の友だちや家族に相談したり、受診したりすることも有効です。また、家に閉じこもってクヨクヨせずに、買い物に出かける、人と会っておしゃべりするなど、気分がリフレッシュする時間を積極的に持ちましょう」と山田先生は話します。

減っていくエストロゲンを上手に補いながら、自分自身のライフステージをデザインして、たくさん輝いてくださいね。

取材・文/内藤綾子

4-prof-jpg

取材協力・監修者プロフィール
山田悦郎(やまだえつろう)先生
山田ウイメンズクリニック院長
東京医科大学医学部を卒業後、東京医科大学産科婦人科学教室 医局長(2年間)、医療法人米山産婦人科病院 副院長などを経て、山田ウイメンズクリニックを開業。西洋・東洋医学の良さを生かした診療が評判。

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

この記事が気に入ったら
いいね!しよう