キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】更年期に訪れる生理の変化と症状とは?閉経との関係って?

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

更年期が近づくと、女性の体にはさまざまな変化が訪れます。代表的なのが、生理の変化。具体的に、周期や量などはどのように変化するのでしょうか。

日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医であるしのぶ皮膚科院長の蘇原しのぶ先生に、詳しい話を伺いました。生理は閉経とも関係が深いので、「更年期? 閉経?」とあわてないためにも知識を深めておきましょう。

目次

 

更年期って何歳のこと?

閉経をはさんだ前後5年の約10年間を、「更年期」と言います。年齢でいうと、だいたい45〜55歳ですが個人差が大きく、40代前半で閉経を迎える人もいれば、50代後半の人も珍しくありません。

女性ホルモンが減ると心と体に不調が現れる

更年期になると、体にさまざまな不調の症状が現れます。それに大きく関係しているのが女性ホルモンです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類があり、どちらも卵巣から分泌されています。

しかし、更年期になると卵巣の機能は自然に衰えていき、女性ホルモンの分泌も急激に減少します。そのためホルモンのバランスが乱れ、心や体にさまざまな不調が現れるのです。より症状が激しい期間は、閉経前後の2〜3年ほどと言われています。

ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れる

脳は、卵巣へ「女性ホルモンを分泌させなさい」と指令を出しています。更年期になって女性ホルモンの分泌が減ると、脳はそれを感知し、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を分泌して、「もっと女性ホルモンを分泌させなさい」と卵巣へ指令を出します。

とはいえ、脳がいくらがんばって卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンをたくさん分泌しても、すでに機能が衰えた卵巣は女性ホルモンを十分に分泌することはできません。そのため脳は混乱して、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経は体温のコントロールにも大きく影響しているので、ほてり、発汗、冷えなどにつながることが。その他、めまい、不眠、うつといった更年期の不調が現れることもあります。

ただし、更年期の不調の症状は女性ホルモンの減少だけでなく、仕事や家庭環境によるストレスなども複雑に絡み合っているため、「あまり感じない」という人から「症状が重くて治療が必要」という人まで個人差の大きいことが特徴です。

「現代はストレス社会と言われており、多くの女性が重いストレスを抱えています。更年期は、仕事で責任の重い仕事を任される、夫が定年退職する、子どもが独立するといった環境の転換期。仕事や家庭環境の変化によるストレスが大きい人ほど、更年期が早くなったり症状が重くなったりする傾向があります」と、蘇原先生は指摘します。

2-jpg

「更年期かも!?」の代表的なサインが生理不順

「そろそろ更年期かもしれない」と気づく代表的な症状が、生理不順です。正常な生理は、25~38日くらいの周期で毎月訪れます。ですが、次のような変化が見られたときは注意が必要です。

  • ・24日以下の短い周期で何回も生理が来る
  • ・次の生理が始まるまでの期間が39日以上あく
  • ・経血量が少なくなった
  • ・逆にナプキンから漏れるほどに多くなった
  • ・ダラダラと出血が続くようになった
  • ・月によって経血量が多かったり少なかったりする

など。

卵巣機能の衰えから女性ホルモンの分泌が不安定になり、生理不順が起こります。やがて卵巣から女性ホルモンがほとんど分泌されなくなると、生理による出血もなくなって閉経に。一般的に、最終の生理開始日から1年経過しても次の生理がない場合は閉経とみなします。

閉経までの生理周期や量などの変化

閉経までによく見られる生理の状態をまとめました。ただし、個人差があるので参考程度に頭に入れておきましょう。

30代後半〜40代前半
・周期が短くなる
・経血量が少なくなる

40代後半
・経血量が多かったり少なかったり不安定になる
・生理が毎月来なくなり、2ヵ月に1回などに減ってくる

50歳前後
・生理が2~3ヵ月に1回などに減ってきて、やがて閉経を迎える

「10代のころから生理不順だった」などという人は、更年期による生理不順と区別がつきにくいかもしれません。それについて、蘇原先生は次のように話します。

「若いころと更年期の生理不順は、どちらもホルモンバランスの乱れが引き起こしているものです。原因は同じなので、年齢がひとつのポイントに。30代後半以降は、更年期を意識した方がよいでしょう。また、ホットフラッシュなど更年期特有の症状が伴っているかどうかも、区別するひとつの目安です」

「本当に更年期症状?」婦人科のすすめ

更年期による生理不順や閉経は、卵巣機能の低下で起こる自然な変化なので治療の必要はありません。とはいえ、生理不順や不正出血には、病気や子宮トラブルが原因で起こるケースもあります。「更年期による症状だから、放っておいても大丈夫」と思っていると、次のような落とし穴が隠れていることも!

  • ・生理不順、過多月経……甲状腺の病気
  • ・経血量が多く、生理期間が長い……子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮体がん、子宮内膜症
  • ・性交後の出血……子宮頸がん、子宮頸管ポリープ、腟炎、腟部びらん

上記のような病気の可能性を見落とさないために、生理不順や不正出血などで不安に思ったら、婦人科を受診しましょう。生理の間隔が短く経血量が多いと、知らないうちに貧血になっている場合もあります。

生理の様子は、婦人科を受診すると必ず聞かれます。日ごろから、

  • ・周期
  • ・期間
  • ・一番最近の生理開始日
  • ・出血量
  • ・体の状態

などをメモする習慣をつけておくと、受診の際にスムーズです。

3-jpg

症状が出る前から婦人科を味方に

「最近は、かかりつけの婦人科を持ち、症状がなくても定期的に検診を受けたり相談したりする人が増えてきました。病院は、いまや“病気になったら通う”ではなく、“病気にならないために通う”場所になりつつあります。健康を維持するために、症状が見られない、あるいは軽いうちにかかりつけの婦人科を見つけて通う習慣ができるといいですね」(蘇原先生)

「婦人科を探す」といっても、インターネットでホームページを検索するとたくさんヒットして迷いそうです。蘇原先生によると、かかりつけ医を探すポイントは次の2つ。

Point1医師との相性がよくて相談しやすい
Point2自分のライフスタイルに合っている(仕事終わりの夜遅くに通える、日曜も診療しているなど)

「これから何十年もお世話になることを考えると、医師との相性と、無理なく通えることが必須です。『最近、生理不順なのですが』『食欲がないんですけど』『子宮体がん検診を受けた方がよいでしょうか』など、気軽に相談できる医師に出会えることが、更年期を上手に乗り切る第一歩になります」

更年期世代は、「生理不順」と言っても、加齢による自然現象か隠れた病気によるものか区別がつきにくい時期です。症状の有無に限らず、年1回は婦人科で子宮や卵巣を超音波検査などでチェックすると安心です。

生理不順になると、「更年期かも」と、気持ちが落ち込む人がいるかもしれません。でも、「悩まなくても大丈夫!」と、蘇原先生は笑顔で答えます。

「更年期特有の不調が現れる人も多いですが、婦人科で相談すれば改善法や治療法はいくらでもあります。ただし、『もう年だから何をやってもダメ』『自分は役に立たない人間だ』などとネガティブ思考に陥ってしまうと、症状を悪化させてしまうことも。大切なのは、『年齢を重ねている体を大切にしながら、上手に付き合っていこう』という適応力。老いを前向きにとらえられる人こそ、これから30年、40年、50年の人生を輝いたものにできるのです」

取材・文/内藤綾子

4-prof-jpg

取材・監修者プロフィール
蘇原(そはら)しのぶ
しのぶ皮膚科 院長
皮膚科医。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。オールアバウト美と健康のガイドが人気。

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

この記事が気に入ったら
いいね!しよう