つらい腰痛は何が原因?対処法はある?医師に聞いてきた

A woman suffering from backache, spinal injury and muscle issue problem at outdoor.

平成28年の厚生労働省による国民生活基礎調査の「自覚症状のある病気やけが」という項目で、男性では1位、女性でも肩こりに次いで2位となっているのが“腰痛”です。

まさに国民病と言われる腰痛ですが、世の中には腰痛の原因や改善法に関する情報があふれています。現時点で明らかになっている腰痛の原因や対処法について、NTT東日本関東病院 整形外科医長の山田高嗣医師にお話を伺いました。

目次



腰痛の原因はさまざま

腰痛の原因は、背中や腰の筋肉・骨・軟骨の異常によるものや内臓疾患によって腰痛をともなうもの、あるいは何らかの心理的、社会的要因によるストレスが関与するものなどさまざまです。

レントゲンなどで異常がはっきりと確認できれば病名がつきますが、腰痛の原因はさまざまで、原因を特定するのが困難な場合が多くあります。病名がついてもつかなくても、腰痛の原因が主にどこにあるのかを探り、治療を行います。以降は、腰痛の原因別の対処法について説明します。

腰痛の原因が筋肉にある場合

同じ姿勢を長時間続けていると筋肉が疲労を起こしたり、血流の障害を起こしたりして腰に痛みが起こることがあります。血流が悪くなれば当然、酸素が届きにくくなるので老廃物を体外に排出することができなくなり、筋肉の動きも悪くなります。

デスクワークなどで長い時間座っている場合は、足の位置を前後に替えたり、最低でも1時間に1回は立ち上がりイスから離れて歩いたり、背筋を伸ばすなど体を動かすようにしましょう。

腰痛の原因が“骨や軟骨”にある場合

腰痛の原因が骨にある病気には、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、骨粗しょう症性椎体(ついたい)骨折があります。

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア

症状
腰椎には、椎体と椎体の間にクッション役を果たす椎間板という軟骨の板があります。何らかの理由でここに大きな負荷がかかり、椎間板が痛むと中にある髄核(ずいかく)が飛び出してしまいます。この状態がヘルニアです。

このヘルニアが神経を圧迫すると、下半身に神経痛やしびれ、まひなどが起きます。全体の80%が腰椎の4番目と5番目の間、もしくは腰椎の5番目と仙骨の間で起きています。

原因
だいたい20~40歳ぐらいの人に多い病気ですが、30代を過ぎると体質と加齢によって徐々に椎間板が痛んでくることがあります。腰に過剰な負荷をかけることで痛む場合もあります。

もともと椎間板がはやく痛みやすい遺伝的な素因を持った人がいるとも言われています。また、喫煙が椎間板を早く劣化させるとも言われています。

治療法
痛みがなければ様子をみますが、痛みがある場合は痛み止めの薬や湿布による治療になります。痛みが強く日常生活に支障が出る場合は、硬膜外ブロック注射や椎間板ブロック注射を行い、それでも効果がない場合は手術を検討することがあります。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

症状
首から腰までつながっている背骨の中には、神経が通るトンネルがあります。この部分が脊柱管で、ここが狭くなると神経が圧迫されて腰痛や下肢の神経痛・しびれが現れます。特に腰部に起こった場合、腰部脊柱管狭窄症といいます。

歩き始めは普通に歩行ができるのですが、5~10分歩くうちに腰や下肢の痛み・しびれがひどくなり歩けなくなります。しかし、腰を曲げて休むと症状がやわらぎ、再び歩けるようになる“間欠性跛行(かんけつせいはこう)”が現れる場合もあります。

原因
主に体質と加齢によって腰椎の骨・椎間板や椎間関節が変形して脊柱管が狭くなります。

治療法
症状が軽い場合は、運動などの運動療法をすすめますが、間欠性跛行がある場合は、痛み止めの薬やブロック注射による治療を行います。

骨粗しょう症性椎体(ついたい)骨折

症状
骨粗しょう症は骨の強度が低下して骨が折れやすくなる病気です。普段は痛みがないので自分では気づきにくいのですが、転倒やくしゃみなどのわずかな衝撃で、背骨の椎体という部分が骨折する場合があり、強い腰痛を引き起こすため注意が必要です。

原因
高齢になると加齢現象のひとつとして誰でも骨が弱くなり、骨密度が減少してきます。もともと女性の方が骨量は少ないのですが閉経によって急激に骨密度は減少します。

骨の強度が低下する主な要因は、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏、加齢、運動不足などの生活習慣が考えられます。

治療法
骨密度を定期的に測定して低下している場合は薬を飲む必要がありますが、食事や運動といった生活習慣の改善も重要です。

pixta_40643937_m

ストレスによる筋肉の緊張

腰痛が慢性化する場合は、だいたい精神的なものが関与していると言われています。急性腰痛であれば1週間程度で痛みがなくなるのが普通ですが、それが何カ月も続く場合は、何か心理的な問題が隠れている可能性が高いと考えます。

例えば、職場や家族の人間関係に問題があったとか、心理的・社会的な要因が関係している腰痛は意外に多いことがわかっています。

精神的なストレスなど何らかの心の問題があると筋肉は持続的に緊張します。この状態が続くと血流が低下して血液の供給が急激に不足した状態になり、本来、やわらかいはずの筋肉などの組織が炎症などによって硬くなり腰痛が引き起こされます。

また、人間には、もともと痛みが起きたときにそれを抑制する指令が脳から出されるのですが、ストレスを感じることで脳の働きが弱くなり、痛みを抑制することができなくなります。

「例えば、こんなケースがありました。レントゲンなどの画像で確認しても病気は完治しているはずなのに、痛みがあると訴える女性がいました。話を聞くと痛みを訴えている間は夫が優しく接してくれて、職場でも痛みがある間は、無理をしなくてもよいと気遣ってくれると言います。この女性は痛みがなくなると夫が家事などを手伝ってくれてくれることもなくなり、仕事も以前のペースで頑張らなければならないという気持ちが無意識に働き、それが腰痛を慢性化させていました。この場合は、ご主人にも奥さまの診察に同席していただき、奥さまの痛みが回復した後も心身ともにサポートするよう指導することで腰痛は回復していきました」と、山田先生。

現在では、このような社会的な要因に対するアプローチも、痛みをとるための重要な治療法のひとつとなっています。

腰痛をともなう内臓の病気

内臓の病気で、症状のひとつに腰痛をともなう主なものに、尿管結石(にょうかんけっせき)、腎盂腎炎(じんうじんえん)、腎梗塞(じんこうそく)があります。

尿管結石
尿の成分から結石が生じ、それが腎臓と膀胱をつなぐ尿管に詰まることで、腰からおなかにかけて急に激しい痛みや血尿が生じる病気です。石の大きさにより症状は異なります。痛み止めを服用して水分を多くとることで症状がやわらぐこともあります。

腎盂腎炎
腎臓と尿管の接続部分の“腎盂”に炎症が生じる病気です。通常は無菌状態なのですが、そこに細菌が感染することで発症します。膀胱炎の後に起こることが多く、圧倒的に女性がかかることが多いのが特徴です。

比較的早く治るものを「急性腎盂腎炎」、繰り返したりすることで症状が長く続くものを「慢性腎盂腎炎」と呼びます。腰痛とともに高熱が出ます。治療法は急性と慢性、状態により異なりますが、どちらの場合も、まず入院して抗生剤の点滴を行うことから始めます。

腎梗塞
何らかの理由で腎臓の太い動脈が詰まることで腎臓が壊死してしまう病気です。突然、冷や汗をかくような耐え難い痛みが脇腹や腰、背中にかけて起こります。また、吐き気や嘔吐、血尿もあります。

詰まった血栓の大きさや発症からの時期、症状によっては手術で血栓を取ることもあります。梗塞の範囲によっては、急性腎不全や慢性腎不全などに進展する可能性もあるので注意が必要です。

内臓の病気で腰痛をともなう場合は、普通の腰痛と違い、腰の動作に関係なく痛みがあります。一般的な腰痛の場合は、前かがみになるとか、立ち上がるなど動きによって痛みが強くなったり弱くなったりしますが、内臓の病気からくる腰痛は、動きや姿勢とは関係なく常に鈍痛があるので、そこが鑑別のポイントです。

女性特有の腰痛をともなう病気

女性には月経にともなう病気が原因で腰痛が起こる場合があります。

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)
子宮内膜とは子宮の内側をおおっている組織のことをいいます。月経周期に応じて厚くなり、月経が始まると組織がはがれ落ちて月経血として排出されます。

子宮内膜症は、子宮内膜が本来あるべきではない、子宮の内側以外の臓器にもできる病気です。病期が進行すると、月経痛が徐々に強くなり月経時以外にも下腹部痛や腰痛を起こします。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
子宮筋腫は、女性ホルモン(エストロゲン)の作用によって大きくなる良性の腫瘍で、子宮筋腫自体は命にかかわるものではありません。腫瘍ができる部位によって3つのタイプにわかれます。

腫瘍の大きさや発症部位により異なりますが、多くみられる症状は、経血量の増加による鉄欠乏性貧血などがあります。筋腫が大きい場合は、筋腫が神経を圧迫することで腰痛が起こることもあります。

子宮内膜症や子宮筋腫は生理にともない腰痛が起こることが多く、産婦人科で治療を行います。

上記以外に女性が引き起こしやすい腰痛の原因となるものがあります。それが、「間違った方法によるダイエット」と「かかとの高い靴を履き続けることによる腰痛」です。

間違った方法によるダイエット
自分の体重を減少させるのがダイエットなので、本来であれば腰痛予防になるはずですが、間違った方法でダイエットを行うと、逆に腰痛を引き起こす可能性があります。

例えば「特定の食材だけを食べて痩せる方法」です。このような方法は、体重の減少とともに腹筋や背筋の筋力低下を招きます。ダイエットをする場合は栄養バランスを考えた食事をとりながら、体操や水泳などで、腹筋や背筋をつけて腰痛を予防しましょう。

かかとの高い靴を履き続けることによる腰痛
かかとの高い靴を履くと前のめりの状態になりがちで、さらに、バランスをとろうとすると腰を突き出すような姿勢にもなりやすいため、腰への負担が大きくなります。

ハイヒールなど、かかとの高い靴を長時間履き続けることは控えたほうがよいでしょう。腰に疲れを感じた場合は早めにかかとの低い靴に履き替えることで腰痛を防ぐことができます。

スポーツが原因で起こる腰痛

プロのスポーツ選手に多くみられるのが、腰椎分離症・腰椎分離すべり症です。背中を大きく反らせたときに、腰椎の後ろの椎弓(ついきゅう)という部分に無理な力が加わることで骨折してしまうことがほとんど。

陸上競技の走り高跳び、野球、柔道、ゴルフなどに多くみられますが、バレーボールのアタックやバドミントンのスマッシュなど、瞬間的に体を反らせる動きにも注意が必要です。子どもがスポーツで痛めるケースが多いのですが、気づかれずに中年を過ぎたころに診断がつくケースもあります。

腰椎分離症は、早めに診断してコルセットを装着し、しっかり骨折した部分を固めることが肝心です。痛みを我慢して練習を続けたり、骨折部が固まらないうちに練習に復帰したりすると症状を悪化させます。

腰痛や神経に圧迫があり、お尻や下肢に痛みが起きて日常生活や仕事に支障がある場合は、神経の圧迫を取り除く手術などを行います。

pixta_36246745_m

肉体労働が原因で起こる腰痛

引っ越し業者やトラックの運転手をはじめ、工事現場や倉庫などで体をハードに使う職業も腰痛を引き起こしやすい仕事といえるでしょう。

重い物を運んだり、足場の悪い路面を歩き回ったり、しゃがむ姿勢での作業が多かったりといった肉体労働は、腰への負担が大きく筋肉に疲労が蓄積しやすくなります。

力仕事をするときは、以下の要領で動作することで、腰痛予防に効果が期待できます。

  • ・物を移動させる時は、膝を軽く曲げて行う
  • ・物を持つ時は、体の中心に荷物がくるように抱える
  • ・荷台を移動させる時は、引くよりも押す
  • ・重い道具を身につけている場合は、ときどき道具の位置を変えて、片寄らないようにする。



肉体労働は、常に筋肉が疲労していることが少なくないので、定期的に筋肉をほぐすようにストレッチを行いましょう。

この他、介護士の仕事や自宅で家族の介護をしている人も腰痛を起こす可能性が高いので、厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針及び解説」を参考に動作を見直し、ストレッチを行うとよいでしょう。

腰痛の原因が特定できないもの

腰痛の人の85%の人は、検査をしても異常が見つからないと言われています。腰痛で整形外科を受診すると、X線検査(レントゲン撮影)、CT検査(コンピューター断層撮影検査)、MRI検査(磁気共鳴画像検査)、などが行われることがあります。

このような画像検査ではっきりとした原因となる異常が見つかる「特異的腰痛」の人はほんのわずかで、腰の痛みはあるのに画像でははっきりとした異常が見つからない「非特異的腰痛」と呼ばれる人が圧倒的に多いのです。

しかし、腰痛になりやすい人には、以下のような共通の特徴や生活習慣があると言われています。

  • ・姿勢が悪い
  • ・肥満
  • ・運動不足
  • ・冷え性
  • ・腰に負担のかかる姿勢で作業をしている人



このような特徴や生活習慣などを変えることで、腰痛は改善できるのではないでしょうか。

pixta_32818743_m

 腰痛予防のために日常生活でできること

腰痛予防には腰の負担になる姿勢にならないように気を付けることがポイントです。特にスマホに集中するあまり、長い時間、体を動かさない状態でいると、背骨やそのまわりの筋肉が固まるので注意しましょう。

最後に山田先生が、「虫歯にならないようにするには毎日歯を磨く必要がありますが、腰痛もそれと同じです。まず、腰に負担がかからない体の使い方を習得してそれを実践します。さらに、ストレッチで股関節や膝などを柔軟に保ち、背筋・腹筋の筋力を強化する運動を行います。高齢になると筋力や骨が弱くなってしまうため、40歳ぐらいから毎日コツコツ、早め早めに“筋肉と骨の量”を蓄えておくことが大切です。人生100年と言われる現在、健康寿命を延ばすためにもぜひ実行してみてください」と、話してくださいました。

腰痛の原因は実にさまざまです。腰痛があると痛くなった部位のことばかりに目がいきがちですが、骨や筋肉以外に内臓に問題があるかもしれません。あるいは、自分の置かれている立場など環境の変化による、心の問題が隠れている可能性もあります。

客観的に考えることで今まで気づかなかった腰痛の原因がわかるかもしれません。そして、日常生活の中で悪習慣となっていることがないか見直すとともに、毎日、股関節や膝を柔軟に保つストレッチや背筋・腹筋を強化する運動を行い、筋肉と骨を蓄えて腰痛予防に備えましょう。

取材・文/高橋晴美

img_1765

取材協力・監修者プロフィール
山田 高嗣
NTT東日本関東病院 脊椎・脊髄病センター長と整形外科医長を兼務
1994年、東京大学医学部卒業。脊椎外科を専門に、整形外科一般に広く臨床・研究を行う。東京大学医学部附属病院、武蔵野赤十字病院、三楽病院などを経て、2007年にNTT東日本関東病院に勤務。現在に至る。
NTT東日本関東病院 https://www.ntt-east.co.jp/kmc/

A woman suffering from backache, spinal injury and muscle issue problem at outdoor.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう