腰が痛むのはなぜ?意外な病気のサインかも?

pixta_35143579_m

腰に痛みがあるときは、誰もが「腰の骨や筋肉のトラブル」だと思いがちです。とはいえ、「整形外科でレントゲンを撮っても、骨などに異常が見られないことがあります。そんなときは、意外な病気が隠れているかもしれません」と話すのは、腰痛治療に幅広い知識を持つ光伸メディカルクリニック院長の中村光伸(なかむらこうしん)先生です。

腰が痛むメカニズムや腰痛の裏に潜む病気の可能性などについて、とことん解説していただきました。

目次


腰の構造について知っておきましょう

腰は、上半身を支え、姿勢のバランスを保つ重要な部位であり、体を曲げる、反る、ねじるといった動きも担っています。初めに、腰の骨の構造を説明しましょう。いわゆる「背骨」と呼ばれる部分は、椎骨(ついこつ)という骨から成り立っており、横から見ると緩やかなS字カーブを描いています。

大きな一本の骨でできているように見えますが、実は椎骨が積み木のようにいくつも積み重なってできており、首からおしりまで数えると全部で26個あります。体の部位によって、以下のように分けられています。

首……頸椎(けいつい)7個
胸……胸椎(きょうつい)12個
腰……腰椎(ようつい)5個
おしり……仙骨(せんこつ)1個、尾骨(びこつ)1個

pixta_43639630_m

椎骨は、下部にいくほどがっしりと大きくなっているのが特徴です。腰椎は体重を支えるため、支持力が高くなっていますが、さまざまな日常生活の動作の中で相当な負担がかかっています。悪い姿勢、歩行時のクセ、同じ姿勢を続ける仕事といった悪条件の積み重ねで、腰痛を起こしやすくなります。

腰の衝撃を和らげる優秀なクッション「椎間板」

椎骨と椎骨の間には、「椎間板(ついかんばん)」という軟骨でできたクッションがあります。非常に水分が多くやわらかいゲル状の組織で,衝撃を和らげる役割があります。また、椎間板が少しずつ変形して動くことによって,体をスムーズに動かすことも可能に。椎間板がないと、骨と骨が直接当たってこすれ合い、痛みが出たり、スムーズな動きができなくなったりします。

腰の痛みを分類してみると

重い体重を支える腰の痛みを抱え、悩んでいる人は少なくありません。ただし、ひとことで「腰が痛い」といっても、痛みを感じるシチュエーションや、原因がさまざまあります。ひとつの目安として、「姿勢によって痛みが変化する場合」「ジッとしていても痛い場合」に分けることができます。代表的な病気を挙げてみましょう。

姿勢によって痛みが変化する場合

椎間板ヘルニア……椎間板が飛び出て神経を圧迫することにより、腰痛だけでなく、脚の痛みやしびれを起こすことが特徴。前屈みになると痛みが出ます。比較的若い人に多く見られます。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)……加齢などで、神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経や血管を圧迫する病気です。

長い距離を続けて歩くことができず、前かがみになって少し休むと再び歩ける(間欠跛行と言います)のが代表的な症状です。後ろに反ると痛くなります。高齢者に多く、腰痛や脚のしびれ、歩行障害の原因に。

圧迫骨折……骨がもろくなると体の重みに耐えられず、何かの弾みで脊椎が押しつぶされるように骨折してしまいます。主な原因は、骨粗しょう症です。寝返りを打つときに痛む、背中が曲がってくるといった症状がよく見られます。

ぎっくり腰……原因となる動作をすると突然腰が痛くなり、動けなくなります。前かがみなど特定の姿勢をすると痛みますが、たいてい1~2週間くらいで改善します。

変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)……加齢により生じる椎間板や腰椎の変化により、腰痛、脚のしびれや痛み、排尿障害などの神経症状が現れることもあります。朝、起きたときなどの動作スタート時に強く痛みが現れ、動いているうちに軽くなります。長時間同じ姿勢をしていると痛みが増します。

「姿勢によって変化する痛みがある場合、なるべく動かないで安静にしてください。動く必要があるときは、コルセットなどで固定するとよいでしょう」と、中村先生はアドバイスします。

ジッとしていても痛い場合

内臓の病気やトラブルが疑われることが多いです。

「骨や筋肉のトラブルが原因で発生する腰痛は、一定の動きをしたり、体重をかけたりすると痛くなるのが特徴です。一方、内臓の病気が原因になっている場合、安静にしていても痛む、あるいは動作に関係なく痛むことが挙げられます。そのため、7~8割が上記のように2つに分類できますが、残りの2~3割は、このようにキレイに分けることはできません。たとえば生理痛は子宮のトラブルですが、姿勢によって痛みが変化することがあります」(中村先生)

1-jpg

腰の痛みと内臓の病気の意外な関係

「内臓に起こる病気なのに、なぜ腰に痛みが現れるの?」と疑問に思う人は多いはず。中村先生は、次のように話します。

「内臓周囲には神経が張り巡らされており、病気でダメージを与えられると痛み神経が刺激されます。刺激情報は、脊髄を介して腰を経由し脳へ伝わります。このとき、脳が内臓の痛みが腰で起きたと勘違いして、腰の痛みを発生させるのです。これを『関連痛』と呼び、腰の痛みは内臓の病気の重要なサインになります」

腰の痛みを放置しない。ズバリ!心配度ランキング

「腰の痛み」の原因は、案外複雑です。そこで、心配度の目安となるランキングを作成しました。多くの腰痛は、急いで受診することはありません。ただし、「そのうち治るだろう」と放置するとリスクが高くなる腰痛もあるのでチェックしてみましょう。

腰の痛み 心配度ランキング

  • 1位 ジッとしていても痛む
  • 2位 左右のどちらかに痛みが偏っている
  • 3位 腰から脚のしびれにより長時間歩けない
  • 4位 体を動かしたときだけ腰が痛む
  • 5位 背中が曲がってきた



1位……内臓の病気が隠れている場合が多く、早目に受診して痛みの原因を探ることが重要です。腰痛以外にも症状が出ている可能性があるので、自分の体を注意深く観察する必要があります。

2位……腎臓、卵巣、肝臓、腸、尿管などの病気があると、原因となる部位を経由して腰にも痛みを感じます。たとえば、尿管や腎臓は左右に2つあるので、病巣のあるどちらかに痛みが偏ります。肝臓が原因の場合、肝臓は体の右側にあるので、痛みが右側を経由して腰へ届くため、「腰の右側が痛い」と感じます。

3位……腰の神経の障害が原因で、症状が起こっている可能性があります。治療のタイミングを逃すと、治療後の神経の回復が悪くなることがあるので注意が必要。また、腹部大動脈瘤や腹部大動脈乖離など、血管の病気によることもあります。

4位……腰の関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、急いで受診するほどではありません。

5位……加齢により、脊椎の椎間板が変形することで起きます。女性に多く見られ、骨粗しょう症で弱くなった腰椎が圧迫骨折をして、その骨折を繰り返して腰が曲がることも。

腰が痛いのは右・左? どんな痛み?

腰痛を引き起こすのは、骨や筋肉、関節などの運動器の不具合だけが原因ではありません。腎臓、膵臓、尿管、胆のう、子宮、胃など、腰周辺の臓器や血管、組織の病気により、腰に痛みを感じることがあります。腰の痛む位置や痛みの感じ方は、病気によって違ってきます。具体的な例を挙げてみました。

  • 尿管結石……背中から腰全体に、飛び上がるほどの激痛がある。間欠的に痛む。痛みが移動する
  • 腎盂腎炎・腎結石……発熱を伴った痛みがある。血尿がある
  • 急性胃炎・十二指腸潰瘍……背中や腰の左側が痛い。差し込むように痛む
  • 後腹膜炎……腰全体に鈍痛がある
  • 急性膵炎・膵臓がん……腰の左上に耐え難い痛みがある
  • 腹部大動脈解離……背中から激しい痛みがあり、腰へ移る
  • 腹部大動脈瘤……腰に突き刺すような痛みがある
  • 化膿性脊椎炎……じっとしていても腰が痛い。高熱と腰や背中の激痛を伴う
  • 骨肉腫……じっとしていても腰が痛い
  • 帯状疱疹……腰にピリピリした痛みがある
  • 子宮内膜症……腰全体に重い痛みがある
  • 卵管炎・子宮外妊娠……腰まわりが痛い。高熱を伴う
  • 肝炎……腰の右側が痛い。体のだるさを伴った痛みがある
  • 結核性脊椎炎……腰の鈍い痛みのほか、倦怠感、微熱が続く、食べてもやせてくる
  • 卵巣、すい臓、肝臓、尿路系のがん……鈍痛がじわじわと3カ月以上続く
  • 脊椎への癌の骨移転……日に日に腰の痛みが強くなり、ジッとしていても痛みが続く。下肢の麻痺や排尿困難が現れる
  • 前立腺がんの骨転移……腰の付け根あたりが痛い


「診察の現場で一番注意しているのが、前立腺がんの骨転移(こつてんい)です。前立腺がんが骨に転移しても、初めは症状が現れず発見が困難です。多くは第5腰椎ががん細胞に破壊され、患者さんは『腰の付け根が痛い』と感じます。CTの画像検査でやっと、前立腺がんの骨転移と診断されることが珍しくありません。光伸メディカルクリニックでも、腰痛で受診した患者さんのうち、1年に5~6人を“前立腺がんの疑いあり”として“要精密検査”と判断することがあります」

腰の痛みはメンタルが左右することも

腰の痛みは、その原因がレントゲンやMRIなどの画像に鮮明に映し出されて特定できるものもあれば、ぎっくり腰のように画像では確認できないものもあります。このような場合、痛みを引き起こした状況や痛み方、痛む場所などを問診によって掘り下げていき、原因を特定します。

しかし、その他に心の動きに起因した「心因性の腰痛」があることも、忘れてはいけません。心因性の腰痛の場合、画像検査では異常が確認できないだけでなく、一般的な症例を当てはめても痛みが起こり得ないはずなのに、患者さんは「痛い」と訴えます。

人は、痛みの原因がないのに、精神的なストレスや不安があると「痛い」と感じたり、弱い痛みを強く感じたりすることがあるのです。

pixta_32889759_m

「たとえば、MRIの画像検査で“椎間板ヘルニア”と診断されて治療を受けた患者さんで、椎間板ヘルニアが治っているのに腰の痛みがとれない方がいます。人は痛みを脳で認識しています。脳には痛みを抑制するシステムがあり、椎間板ヘルニアの痛みが長引いたことで精神的ストレスが続き、痛み抑制システムがうまく働かなくなるのです。心因性の腰痛には、認知行動療法などの心理的アプローチが有効です」(中村先生)

慢性的に腰が痛いと、「私は腰痛持ち」といった先入観を持ってしまうことがあります。しかし、先入観は禁物。中村先生によると、明らかな椎間板ヘルニアがあるのに、まったく痛みを感じない人もいるそうです。そこには、「絶対に治したい」「自分は大丈夫」といったメンタルが少なからず影響しています。

腰の痛みがあるとき、いつ病院へ行けばよい?

内臓の病気が隠れていたら、悪化しないうちに治療をする必要があります。

「腰が痛いときは、まず思い当たる原因がないかを考えてみましょう。重い荷物を持った、久しぶりにゴルフをしたなど一過性の原因で腰に大きな負担をかけていたなら、1週間ほど様子を見れば改善していきます。原因が思い当たらず、1週間たっても痛みがおさまらない、あるいは悪化しているようなら整形外科を受診してください」(中村先生)

整形外科では、レントゲン検査などで原因を検討します。内臓の病気が疑われれば、内科や婦人科など該当する病院へ紹介状を書いてくれるでしょう。

腰の痛みで受診するときは「場所」が肝心

整形外科は、インターネット上のホームページや街を見渡しても、たくさんあります。「どこの整形外科がよいの?」と迷う人も多いですが、中村先生は「通いやすい立地にある病院が一番」と言います。

「腰に痛みがあると、移動がつらくなります。また、投薬だけでなく、リハビリテーション療法などを行う方も少なくありません。こまめに通うことを考えて、会社や自宅の近くで移動に便利な場所にある病院を選んでください」

腰の痛みがあるときは、積極的に筋肉を鍛えて

腰の痛みがあるときは、内臓に原因があればその治療が大切になりますが、筋肉を鍛えることも痛みの早い改善につながります。自宅で簡単にできるおすすめの筋力トレーニングは、スクワットです。

スクワットは、太ももの前側の筋肉「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」を鍛えるのに効果的としてよく知られている屈伸運動。体の約70%の筋肉は下半身に集中しています。スクワットは、体幹をはじめ、下半身のほとんどの筋肉を鍛えられます。毎日、1分ほど行うことを目安にするとよいでしょう。

自宅でできる簡単スクワット

  1. 1.肩幅くらいに足を開いて立つ
  2. 2.おしりを後ろに引いて、膝がつま先から前に出ないように曲げていく
  3. 3.太ももが床と平行になるくらいまで曲げる
  4. 4.そのままゆっくりあげて元の体勢に戻る


筋肉を鍛える運動を習慣化しよう

腰の痛みは、年齢を重ねるごとに骨が弱くなり筋肉量が減少していくため、腰にかかる負担が大きくなることも影響しています。毎日少しずつ運動して筋力アップをはかることが、改善の近道に。次に挙げる運動を始めて、習慣化を心がけてみませんか。

水泳・水中ウォーキング
体にかかる負荷が減り、痛みが少ない中で運動ができます。また、水中での運動は、体全体の筋肉をまんべんなく鍛えられます。

pixta_23928780_m

ウォーキング
初心者でもすぐにできる全身運動です。少し汗ばむ程度を目安に、15~20分程度で十分。気分がリフレッシュして痛みが軽くなる効果もあります。

腰をいたわる日常生活の注意点

毎日の何気ない動作でも、腰に負担をかけていることが多くあります。心当たりがある人は、以下に紹介するちょっとした工夫を心がけ、腰をいたわってあげましょう。

  • ・荷物は小分けにして両手で持つ
  • ・外出時は、ショッピングカートを利用する
  • ・大きな荷物は、片膝をついてから荷物を体に近づけて持ち上げる
  • ・胸を張る、腰を伸ばすなどして正しい姿勢をとるように意識する
  • ・長時間同じ姿勢を続けない


「長時間同じ姿勢をとっていると、腰の筋肉が緊張して血液の流れが悪くなります。また、腰に負担がかかって疲れがたまり、痛みを生じます。デスクワークや長時間の運転など、同じ姿勢の続く作業が避けられないときには、ときどき休憩して腰を左右に動かしたり、立ち上がって体全体を動かしたりするのがよいでしょう」(中村先生)

腰の痛みは生活習慣が強く影響し、見直さなければ再発することが多くあります。中村先生は、クリニックを訪れる患者さんに、治療だけでなく日常生活の注意点なども丁寧にアドバイスし、定期的な受診を促しています。

40代以降は、腰の痛みをがまんしないで

「20~30代の方は、『痛い』と思うと、すぐに受診する傾向があります。一方で、40代以上の方は、仕事が忙しい中でがまんしてしまう方が多く、『がまんしきれずに受診しました』というケースが目立ちます。内臓の病気は、そんな中高年世代によく見られます。病気も腰の痛みも悪化させないために、早めの受診を心がけてください」

取材・文/内藤綾子

2-prof-jpg

取材協力・監修者プロフィール
中村光伸(なかむらこうしん)
光伸メディカルクリニック院長
北里大学医学部卒。ドイツ・フンボルト大学外傷再建外科留学、台湾・チャンガン大学形成外科美容外科留学。北里大学整形外科専任講師、北里大学救命救急センター整形外科部長などを経て、2011年、現クリニックを開院。

pixta_35143579_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう