膝の内側の痛みの原因は?種類と対処法を知る

Knee joint xray test scan results of  patient with arthritis and joints pain in knees on screen with surgeon.

中高年が膝の痛みに悩む原因のほとんどは、関節軟骨の老化によって引き起こされる「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」という病気によるものだと言われています。

この病気は、直接、命にかかわるものではありませんが、人間の基本となる「歩く」という動作に支障をもたらし、また、生活の質を大きく低下させます。

膝に痛みが出る病気とその対処法や予防法、賢く整形外科を受診するポイントについて、昭和大学江東豊洲病院 整形外科 講師で、スポーツドクターとして日本体操協会をサポートする佐藤敦先生にお話を伺いしました。

目次


膝の内側が痛くなる病気で考えられるものは?

膝の痛みの原因の大半を占めるとも言われているのが「変形性膝関節症」で、この病気は膝の内側に痛みが起こるケースが多いです。ただし、膝の外側に痛みが出ることもあります。

変形性膝関節症は、さまざまな原因で軟骨が擦り減ったり破壊されたりすることで関節炎が起こり、膝が痛くなります。膝の形がO脚やX脚に少しずつ変形して、膝の痛みによって歩行などに困難を生じるのが典型的な変形性膝関節症です。

遺伝的な素因に加えて肥満やO脚変形などの複合的原因で起こる一次性と、膝関節の外傷や内科的代謝疾患が原因になる二次性があります。特に前者が多く、また、女性に多いのが特徴です。

「半月板損傷(はんげつばんそんしょう)」も膝の内側に痛みが強く出ます。すべてのスポーツで起こりやすいのですが、特にサッカーやバスケットボール、ラグビー、アメフトなどのコンタクトスポーツ中のけがとして起きることが多く、膝をねじったときに損傷します。

また、高齢になると半月板自体の弾力性や強度が低下しているため、膝をねじる動作を繰り返ししたときなどに損傷する人もいます。

また、何らかの原因で裂けた半月板が関節内にはまり込んでしまうと、まっすぐに脚を伸ばしたり正座のように脚を曲げたりすることができなくなり、ある角度で動かなくなってしまう「ロッキング」を生じる人もいます。

内側半月板損傷は、脚を曲げて脚をひねると膝関節の内側に痛みが起き、運動の後などに膝関節に水がたまることもあります。

一般的に“半月板”というのは三日月の形をしているのですが、“円盤状”をした少し厚みのある半月板を持つ人がアジア系人種に多いと言われています。特に病気ではないのですが、何らかの原因で半月板が損傷すると痛みが外側に出る場合があります。

膝の痛みは様々な原因が複雑に絡み合って起こることが多いので、痛む場所が膝の内側と外側というように明確に分けることは難しく、たとえ、膝の内側に痛みが出たとしても痛みの根本的な原因が別の場所にあることも考えられます。

医療機関で行う膝関節の検査

病院では膝の痛みの原因を正確に診断するために、まず、問診をします。次に視診や触診を行い、患者さんが実際に歩いたときの膝や全身の動き、状態も確認します。

【問診内容】
最初に痛みを感じた時期や痛みの頻度・症状を確認
何カ月前、何年前から痛み始めたのか?
階段の昇り降りのとき、寝ているときなど、どのようなときに痛むのか?
常に痛むのか時々なのか? 日を追うごとに痛みが強くなっているのか?
その痛みはズキッという痛みなのか、ジンジンと響くように痛むのか、刺されるように痛むのか?
膝の痛みの他に症状があるか?

病歴など
これまでに経験した骨折や脱臼などのけがや病気はあるか?
家族に変形性膝関節症などの関節の病気をした人はいるか?
激しいスポーツの経験や現在スポーツの習慣はあるか?
現在の仕事(重労働の仕事についているか)など

【視診】
膝の変形の進み具合を確認
膝を伸ばしたり曲げたりして、膝の可動域を調べる
赤みや変形はあるか?

【触診】
筋肉の状態を確認
膝蓋骨(しつがいこつ・膝の皿)や膝裏なども指で押して、膝を手で押したり触れたりしながら、痛みがないか? 熱を持っていないか? 水がたまって腫れていないか? 小さな音がするか?
大腿骨と脛骨を持って揺らし、膝が前後にゆるんでいないか? 曲げ伸ばしのときにゆるまないか?

【歩行状態】
歩いたときの膝や足全体、全身の動きを確認

変形性膝関節症では、X線やMRI(磁気共鳴画像)、CT(コンピューター断層撮影)などの画像検査を行い、膝に何が起こっているか詳しく調べます。

【X線検査】
変形性膝関節症がどの程度進行しているかを判断する。立ったまま写真を撮影し、膝に体重がかかった状態を見る場合(荷重位)と、寝た状態で撮影する場合(非荷重位)がある

【MRI検査】
関節軟骨や半月板、靭帯(じんたい)、膝にたまった関節液を確認する

【CT検査】
骨の中の状態を確認する。手術計画を立てたり、人工膝関節の手術での位置確認をしたりする場合にも使われる

上記の画像検査のほか、関節リウマチなどの疑いがあるときは血液検査などを行うこともあります。画像検査の結果と身体所見が合致するか照らし合わせ、患者さんの自覚症状やエピソードなども含め、膝の痛みの原因を総合的に診断します。

変形性膝関節症の症状と治療法

検査の結果「変形性膝関節症」だと診断された場合、どのような治療が行われるのでしょうか?

変形性膝関節症の初期症状は、立ち上がる、歩きだすなど体重が膝にかかるとときに痛みが出る場合がありますが、すぐに手術をすることはほとんどありません。

多くの場合は、保存療法で膝の改善を目指します。保存療法には、「運動療法」「薬物療法」「物理療法」などがあります。運動療法を行い、痛みがあるときは薬物療法や物理療法でやわらげます。

【運動療法】
運動することで膝関節を支える大腿四頭筋などの筋肉を鍛え、痛みを軽減したり膝関節の負担を軽くしたりするためのものです。

運動療法は変形性膝関節症の治療の中心です。特に肥満の場合は体重を落とすことが重要で、体重を1Kg減らすと膝への負担を約3Kg減らすことができます。手術を受けた場合でも運動療法の継続が必要です。

【薬物療法】
変形性膝関節症が進行すると、歩くときはずっと痛い、やがて、寝ても痛いという状態になります。このように、膝の痛みが強い場合に一時的に薬で炎症を抑えたり痛みをやわらげたりして、運動療法や日常生活をスムーズに行えるようにします。

はじめに使用するのが抗炎症作用のある外用薬で、主に湿布薬です。効果が出ないときは、鎮痛作用のある「アセトアミノフェン」や非ステロイド性抗炎症薬「NSAIDs(エヌセイズ)」などを使用します。

痛みが強い場合は、ステロイド薬を関節内に直接、注射することもあります。痛みと炎症が落ちついてから、関節内の動きをなめらかにする効果のあるヒアルロン酸を注射します。

上記のほかに慢性疼痛の薬や「骨粗しょう症」を改善するためにビタミンDやカルシウム剤を使用することもあります。

【物理療法】
光や熱などの物理的な刺激で膝や膝のまわりの血流を改善して痛みをやわらげます。主に患部を温める「温熱」と冷やす「寒冷療法」があります。また、足底板や膝装具を利用して、膝の安定性を向上させたり脚の変形を矯正させたりする場合もあります。

保存療法では痛みが抑えられないとか膝関節の状態が日常生活を送れないほど悪い場合は、手術療法を選択します。

手術療法には、「人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)」「関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)」「骨切り術(こつきりじゅつ)」などの方法があり、患者さんの膝の変形状態や希望、年齢などから選択します。

【関節鏡視下手術】
体に小さな穴を開けて、そこから小さなカメラのついた金属製の管「関節鏡」や手術器具を関節内に挿入して行う手術です。手術時間が短く体への負担が少なく、術後の回復も早いのが特徴。

脚が比較的まっすぐな状態で、滑膜炎や関節軟骨、半月板損傷のある人が対象です。手術時間は1時間程度で、損傷した半月板や関節軟骨を切除し、関節内に残っているかけらを取り除き、荒れた関節軟骨の表面を整えます。手術直後から体重をかけて歩くことが可能で、2~3日で退院できます。

【骨切り術】
骨を切って脚のかたちを矯正する手術です。O脚だと膝の内側への負担が重くなり、内側の関節軟骨がすり減ってしまうので進行を止め、正常な外側の関節面で体重を支えるために骨の一部を切ってO脚を正常に近い形に整えます。

最大のメリットは自分自身の骨を生かせることで、近年、手術器具の発展により入院期間は、1カ月程になりました。膝関節の外側の関節軟骨がある程度残った状態であること。また、O脚の矯正可能な角度にも限界があるため、O脚が進んだ人は手術を受けることができません。

【人工膝関節全置換術】
膝関節表面の骨を切り、人工膝関節に置き換える手術です。膝の痛みが強く日常生活にも支障が出る場合に選択します。人工関節の骨の部分には金属やセラミックス、関節軟骨の部分にはポリエチレンが使われています。入院期間は1カ月程度。

手術後に痛みの改善度が高いことが利点ですが、正座のような膝を深く曲げる動作ができないことや人工膝関節の寿命が20~30年なので、摩耗やゆるみが出ることで再手術が必要になることもあります。

膝が痛むときの賢い医者のかかり方

整形外科は運動器系統の病気を扱う外科の一分科です。運動器系統とは骨格や関節と、それを取り囲む筋肉や神経組織を言います。それらの機能的改善・予防のための治療を行います。

骨折や脱臼、捻挫、切傷、各関節の痛みやしびれ、腫瘍などを診ます。関節リウマチなど一部、専門科目が分かれる病気もありますが、基本的には整形外科へ受診するとよいでしょう。

受診の際は痛みを正確に伝えよう

受診のポイントは、自分の膝の痛みについて医師にできるだけ正確に伝えることです。特に初診のときの「問診」は診断の重要な手がかりとなるため、しっかりと伝えられるように、下記のポイントを受診する前にメモしたり、頭の中で整理しておいたりするとよいでしょう。

  1. 1 いつ頃から痛いのか?(「〇月〇日から」とか「何年前から」など、痛みが始まった時期)
  2. 2 痛みのきっかけは?(「今朝、重い物を持ち上げてから」とか「先週、公園で転んだ」など)
  3. 3 痛みの場所・程度(「膝の内側がズキズキする」など)
  4. 4 痛みを強く感じるのはいつ?(「立ち上がるとき」とか「何もしなくても痛い」など)
  5. 5 痛みは継続しているのか、一時的なものか?(「常に痛い」とか「歩いているときだけ痛い」)



pixta_24432463_m

膝に負担をかけない水中運動がおすすめ

日常生活に運動を取り入れて膝の筋肉を鍛えることは大切です。では、どのように鍛えればよいかというと、高齢者や体力のない人でもできるのが水中運動です。

泳ぐのではなく水中歩行するだけで十分です。これなら運動自体が激しくないので無理なく続けられます。浮力を利用することで、膝に負担をかけずに筋力を強化できるのでおすすめです。

水中運動はゆっくり呼吸しながら行う有酸素運動です。あまり強度の強くない運動を長く続けることによって、酸素を体内に取り入れて体脂肪を燃やすので、肥満解消や防止にも効果的です。また、深い呼吸をしながら行う運動なので心肺機能が高まり血液の循環もよくなるので、血糖値なども改善されます。

【水中運動「前歩き」のポイント】※水の深さは、胸からへその間程度

  • ・上半身を前かがみにする
  • ・膝を上げて脚を前に出す
  • ・腕を前後に動かす。バランスがとりにくい場合は、両腕を前に伸ばしてもよい
  • ・ゆっくりと深い呼吸をしながら前向きに歩く
  • ・1往復(50m)ごとに休憩をとるようにして繰り返す


最初の運動量の目安は15~20分程度。最低週1回、できれば週2回以上、定期的に行うと効果的です。

日常生活で膝の負担を減らすには?

前章で、膝痛を予防するために有酸素運動が有効であると説明しましたが、実は、一生懸命に運動をしすぎて逆に膝を傷めてしまう人も少なくありません。運動をまったくしないのはよくありませんが、やり過ぎも問題です。何事もバランスが大切です。

運動量が自分にとって多いかどうかは、運動した後や翌日の疲労度合いで判断してください。筋肉痛、だるさ、痛み、むくみなどがある場合は運動のしすぎです。膝に負担がかかり過ぎているので、1日休んで疲れや痛みが取れてから、少し運動量を減らして再開しましょう。

日常生活では、できるだけ膝に負担をかけないことが大事です。畳に座るような和式の生活よりはイスに座る洋式の生活に替えた方が膝の健康のためにはおすすめです。すべてを洋式スタイルにするのは難しいかもしれませんが、一度生活を見直してみましょう。

  • ・適正体重を維持して肥満にならないようにする
  • ・長時間、正座やあぐらをかかない、しゃがまないなど、膝を深く折り曲げないように気をつける
  • ・くつろいだり食事をしたりするときは、できるだけイスに腰かけるようにする
  • ・階段。玄関・浴室に手すりを設置する
  • ・浴室や玄関に踏み台を設置して段差を少なくする
  • ・和式トイレは洋式トイレに替える(かぶせるだけで洋式トイレになる工事不要のタイプもある)
  • ・重い物を持ち歩かないように、買い物にはショッピングカートを利用する
    (ショッピングカートは、ひくタイプより押すタイプの方が、歩くときに安定感がある)
  • ・杖を利用する


痛みや違和感があるときは早めに受診を

「日本人は我慢強い人が多いと思います。診察すると、長い間、痛みを我慢し続けて痛みに耐えきれない状態になってから、ようやく受診するという方が多くいらっしゃいます。整形外科というと“外科”という文字から手術というイメージがあるのかもしれませんが、軽い治療方法や日常生活の指導、リハビリテーションで痛みが解決することも少なくありません。痛みが強くなるまで我慢するのではなく、体に違和感や軽い痛みを感じた時点ですぐに受診すれば、治療の選択枠は多くなります。早い段階で正しい診断を受けることができれば症状が悪化する前に治療が始められるので手術を回避できる可能性が高くなります。また、受診したときにわからないことがあったときは、曖昧にしないで何でも質問してください。自分の体の状態を把握することはとても大切なことです。我慢や遠慮することなく整形外科を積極的に利用してほしいです」と、佐藤先生は話してくださいました。

膝の痛みの原因の大半を占めるとも言われているのが「変形性膝関節症」で、膝の内側に痛みが起こるケースが多く、特に中高年の女性に多いのが特徴です。痛みがあっても、すぐに手術をすることはほとんどありません。多くの場合は、「運動療法」「薬物療法」「物理療法」といった保存療法で改善を目指します。

しかし、保存療法を続けても痛みがひどく、日常生活に支障が出る場合には手術を検討します。手術療法には「人工膝関節置換術」「関節鏡視下手術」「骨切り術」などの方法があり、患者さんの膝の変形状態や希望、年齢などから選択します。

手術方法により利点や入院期間が異なり、たとえ患者さんが希望しても変形の状態によりその手術が行えない場合もあります。

膝痛予防には日頃からできるだけ膝に負担がかからない生活を心がける必要があります。肥満の場合は体重を減らす、生活スタイルを和式から洋式に替えるなど、生活全般を見直しましょう。浮力を利用して膝に負担をかけずに効率的に筋力が鍛えられる運動が「水中歩行」です。一度試してみましょう。

膝に軽い痛みや違和感があるときは、できるだけ早く整形外科を受診して、痛みの原因を診断してもらい治療を始めることで、手術を回避できます。膝の痛みを我慢しないで積極的に整形外科を受診しましょう。

取材・文/高橋晴美

%e4%bd%90%e8%97%a4%e6%95%a6%e5%85%88%e7%94%9f%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab
取材協力・監修者プロフィール
佐藤 敦
昭和大学江東豊洲病院 整形外科 講師 担当医
2010年、昭和大学大学院医学研究科、修了。昭和大学藤が丘病院などで勤務。2014年、昭和大学江東豊洲病院 整形外科 助教などを経て、現在に至る。日本体操協会強化スタッフ医師、慶應フラッグフットボールチームドクター兼ディフェンスコーチ、メディカルフィットネスメディジム監修医
昭和大学江東豊洲病院
http://www.showa-u.ac.jp/SHKT/

Knee joint xray test scan results of  patient with arthritis and joints pain in knees on screen with surgeon.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう