キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】更年期にうつな気分になる理由は?

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

更年期になると、「なんとなく落ち込む」「不安で仕方ない」といった“うつな気分”になることがあります。更年期のあらゆる不調を治療する、芍薬レディースクリニック恵比寿院長の疋田裕美先生のもとにも、多くの患者さんたちが訪れると言います。“うつな気分”には、どのように対処すればよいのでしょう。原因と解消法を探ります。

 

女性ホルモンが影響する更年期

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後5年、約10年間のことを指します。一般的に、50歳すぎに閉経を迎えるので、45〜55歳くらいの時期が目安。とはいえ個人差が激しいので、40代前半や50代後半でも更年期にさしかかる人もたまにいます。

更年期は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが大きく関わっています。女性の身体は、一生を通じて、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンの影響を受けています。特にエストロゲンは、女性のライフステージによって分量が大きく変化します。

女性の4つのライフステージとエストロゲンの分泌量

1.思春期……月経(初経)が始まり、子宮や卵巣が成熟するのに伴ってエストロゲンが増える

2.性成熟期……心身ともに妊娠・出産に適しており、エストロゲンの分泌が最も盛んに

3.更年期……卵巣機能が落ちてくるため、エストロゲンの分泌が急激に減少する

4.老年期……閉経後、エストロゲンの分泌が乏しくなる

更年期には、卵巣から分泌されているエストロゲンの分泌量が目に見えて低下し、閉経するとほぼゼロになります。すると月経不順や体調不良を引き起こすことがあり、更年期の症状が本格的に出始めるのは、40代後半ぐらいが多いです。

更年期に、さまざまな不調が現れるのはなぜなのでしょう。エストロゲンを含めた女性ホルモンは、脳の視床下部→脳下垂体→卵巣へと指令が伝えられ分泌されます。

視床下部には自律神経を調整する働きもあるため、更年期に女性ホルモンが急激に減少すると、視床下部にも影響し自律神経が乱れてしまうのです。しかし、それだけではありません。

女性の40~50代は、環境でも大きな変化を迎えます。

  • ・気持ちは若くても、身体がキビキビ動いてくれない
  • ・親の介護問題がのしかかる
  • ・子どもの受験、就職、結婚などの心配が尽きない
  • ・夫が定年を迎え、接するのがおっくうになる
  • ・老いていく見た目への失望が増す
  • ・子どもが独立して孤独感が増す

などといった環境の変化が多く見られます。そのような変化が、思いのほか大きなストレスに。更年期は、加齢に伴う身体の変化、精神的変化、家庭や職場・地域などの社会的因子が複合的に影響することで、発汗やめまい、だるさなどといったさまざまな不調の症状が現れやすいのです。

更年期に現れるうつの症状

そんな中、更年期に現れる症状のひとつに、うつな気分があります。

  • ・なんとなく落ち込む
  • ・イライラする
  • ・不安がある

といったことが具体的に挙げられます。「若いころから、月経前になるとイライラや落ち込むなど情緒不安定な人は更年期に、より症状が出ることがあります」と疋田先生は注意を促します。

また、「家庭環境の影響はとても大きいと感じます」と疋田先生。

「以前、『涙が止まらない』という40代の患者さんが来ました。更年期は、人生の先が見えてくる時期。子どもが巣立ってしまい、心にポッカリ穴があいて、『私はこれから何をすればいいの?』と途方に暮れてしまったようです。戸惑いと不安感のないまぜになった感情が、涙となって現れるのでしょう」

更年期にうつな気分が出やすいのは○○な人

疋田先生によると、「まじめな人」が要注意なのだとか。

「まじめな人は、考えすぎて深く悩みがちです。予定通りにいかないと、不安になったり悩んだりと、ひとりで何もかも抱え込んでしまいます。特に、悪くないのに『すみません』が口グセの人は注意してください。もっとポジティブになって、心をおおらかに持って欲しいですね」

更年期にうつな気分になったら、どう解消すればよい?

更年期にうつな気分になったときは、日常生活の見直しをはかることが第一です。次のことを心がけてみましょう。

食事
更年期を迎えると、代謝が下がって太りやすく、骨量が減少して骨粗しょう症の心配も出てきます。栄養バランスのとれた食事を1日3食規則正しくとりましょう。

簡単なのは、主食のご飯に汁もの、おかず数品をつけた和食です。糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとれます。

また、エストロゲンに似た作用のある大豆イソフラボンを多く含んだ、納豆や豆腐などの大豆製品も多く取り入れて。骨粗しょう症の予防に役立つカルシウムが多い、牛乳、乳製品、桜えび、いわし、煮干し、小松菜、春菊、ひじき、切干大根などもメニューに組み込みましょう。

「うつな気分に陥ってしまうと、食事がきちんととれない方が多く見られます。でも、身体の健康を維持するのに、食事をおろそかにはしてはいけません。家族にも手伝ってもらい、なるべくきちんと食べるようにしてくださいね」(疋田先生)

ストレッチ
ストレッチをはじめとする軽い運動は、凝り固まった筋肉をほぐし、血行をよくしてくれます。身体が軽くなるほか、自律神経のバランスも整います。冷え性で「よく眠れない」という人にも効果的。ヨガ、ウォーキングなどもおすすめです。

2-jpg

リラックス
アロマオイルを炊く、ぬるめの風呂にゆっくりつかる、ハーブティーを飲む、好きな音楽を聴く、マッサージに通うなど、自分に合った方法で心と身体を休ませてあげてください。

うつな気分の人は、常に神経を遣って心身ともに安まっていない状態です。意識してリラックスタイムを持ちましょう。

外に目を向ける
「ひとりで悶々と悩むことはよくありません。買い物に出る、散歩してみるといったことで気分転換してみては。友だちと会う、仕事を始めるなど、人と関わりを持てると、なおよいですね」(疋田先生)

更年期障害・うつ病なら婦人科・精神科へ

「子どもの巣立ち、夫の定年などで落ち込むと、『私だけがこんなに悩んでいる』と考えがちです。しかし、そのようなケースは誰でも経験するもの。落ち込む原因がわかっていれば、たいてい一過性で体調が戻ってきます。ずっとうつな気分を引きずっているようなら、受診しましょう」と疋田先生はアドバイスします。

「うつな気分が強い」と感じたら、婦人科や精神科のどちらか通いやすい病院へ。抗うつ剤や安定剤が処方され、気分の落ち込み、不安感、焦燥感などに効きます。更年期障害やうつ病と診断されることもありますが、専門医にかかれば適切な診断と治療で改善されていくでしょう。

3-jpg
芍薬レディースクリニック恵比寿のおしゃれな待合室

更年期には漢方薬も選択肢のひとつに

疋田先生は、うつな気分の更年期症状の治療に、以下のような漢方薬を処方することがあります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)……疲れやすい
加味逍遙散(かみしょうようさん)……イライラ、不安感
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)……悲観的、不眠
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)……抑うつ、不安、イライラ、不眠
桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしこっかぼつれいとう)……イライラして眠れない

身体を優しく整えてくれる漢方薬の治療を受けたいときは、病院に「漢方薬に対応していますか?」と確認してから予約をとってください。

更年期に現れる症状は、「身体をリセットして欲しい」というサインです。今までの生活習慣を見直して、身体をいたわる習慣や環境づくりにシフトしてみませんか。うつな気分を感じたら、家族や医師など周囲を上手に頼ってみると、早い改善が期待できます。決してひとりでがんばらないでくださいね。

取材・文/内藤綾子

4-prof-pg
取材協力・監修者プロフィール
疋田裕美(ひきたひろみ)
芍薬レディースクリニック恵比寿院長
日本産科婦人科学会専門医。九州大学卒業。九州病院、九州大学病院、新小倉病院、県立宮崎病院、中津市民病院、板橋中央総合病院勤務を経て、2017年4月芍薬レディースクリニック恵比寿を開業
芍薬レディースクリニック恵比寿

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

この記事が気に入ったら
いいね!しよう