キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】更年期はいつから始まるの?その症状って?

1-top%e7%94%bb%e5%83%8f-jpg

更年期は、いつから始まり、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。誰にも訪れる更年期について知識を深め、備えておきましょう。更年期の不調で悩む女性たちからの信頼が厚い、青空(そら)レディースクリニックの金子透子(かねこさとこ)院長に取材しました。最近増えてきている「若年性更年期障害」についても、深掘りしています。

目次

そもそも更年期とはいつからいつまで?

女性には、誰にも閉経が訪れます。閉経とは、月経が完全になくなった状態のこと。日本人女性の平均的な閉経年齢は50.5歳ですが個人差があり、30代後半の人もいれば、50代半ばぐらいの人もいます。月経の起こる間隔が長くなる、逆にいつもより短くなる、経血の量が少なくなるといった変化から、「そろそろ閉経かな」と見当をつけることができます。

閉経の前後5年ずつ、だいたい45〜55歳の10年間を「更年期」と呼びます。ただし、閉経した年が基準なので個人差が大きく、45〜55歳はひとつの目安と考えてください。

更年期の不調はなぜ起こる?

更年期は、体調の変化や不調を感じる人が珍しくありません。軽い症状のことを、「更年期に起こる不調」「更年期症状」、生活に支障が出て治療が必要な症状のことを「更年期障害」と呼びます。なぜ、更年期になると不調が現れるのでしょう。それには、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関わっています。

エストロゲンは、脳にある視床下部の命令で卵巣から分泌されています。年齢を重ねるとともに卵巣機能が落ちてくると、脳からの「エストロゲンを分泌させなさい」という命令に卵巣が応えることができなくなり、十分なエストロゲンが分泌できなくなります。

「分泌しなさい」という命令がいくら出ても「(エストロゲンは)出ない」という状態に、ホルモンのコントロールの機能が乱れて、視床下部は混乱状態に。視床下部は、体温調節、呼吸、精神活動などに関係する自律神経の中枢でもあるので、自律神経が乱れ、心や身体にあらゆる不調が現れやすくなるのです。

更年期の不調は50歳前半ごろがピークと言われていますが、一生続くわけではありません。更年期の急激な変化に身体が慣れてくれば、徐々に症状は治まるので心配しすぎないでください。

2-jpg

更年期に現れやすいのはどこ? よくある症状は?

更年期に起こるさまざまな不調は、

  • ・体質
  • ・性格
  • ・環境
  • ・生活習慣

などが複雑に影響し合っており、非常に個人差があります。とてもつらくて寝込んでしまうほどの人もいれば、楽に乗り切れてしまう人、ほとんど何も感じない人もいます。「更年期は、特に環境の変化が激しい時期です。子どもの独立、夫の定年、親の介護といった家族問題や仕事のストレスに、身体の不調が重なると、更年期の症状が引き起こされやすくなります」と、金子先生は話します。

更年期に現れる主な症状

  • ・不安定、不安感、意欲低下、すぐ怒る、抑うつ気分、涙もろい、イライラ
  • ・動悸、ほてり、のぼせ、発汗、寒気、冷え
  • ・胸痛、息苦しさ
  • ・頭痛、めまい、肩こり、疲労感
  • ・手のこわばり、むくみ、しびれ、腰痛、関節・筋肉痛
  • ・腹痛、便秘、下痢、吐き気、食欲不振乾燥、湿疹、かゆみ、蟻走感(ぎそうかん)
  • ・排尿障害、頻尿、膣乾燥、性交痛、外陰のかゆみ

「更年期には、のぼせやほてりが一番多く見らます。その他、イライラする、怒りっぽくなる、何もしたくないといった訴えも多いです。最近では、指の第一関節が腫れて痛みが出るといった症状を訴える方も目立つようになりました」(金子先生)

更年期障害かも?と思ったらチェックしよう

更年期障害に現れやすい項目を具体的に挙げて、チェック表を作成しました。更年期障害のひとつの目安として活用してください。

エストロゲン分泌の低下が影響

  • □月経周期などが乱れている
  • □顔がほてることがある
  • □首から上に汗をかきやすい
  • □寝汗をかく
  • □腟や尿道が乾燥してヒリヒリする、性交痛がある
  • □手指の関節痛がある

自律神経の乱れが影響

  • □腰や手足が冷えやすい
  • □息切れ、動悸がする
  • □怒りやすい、イライラしやすい
  • □クヨクヨする、憂うつになることがある
  • □頭痛、めまい、吐き気がある
  • □疲れやすい

3-jpg

加齢・骨盤底筋力の低下が影響
□トイレが近くなった、尿もれがある

当てはまる項目をチェックしてみましょう。ひとつでもチェックがあれば、生活習慣を見直す必要があります。チェックの数が多ければ早めに受診して、「更年期による不調か、別の病気が隠れていないか」といったことを調べてください。

婦人科のほか、更年期に詳しい専門医が診察する「更年期外来」や、女性特有の不調をトータルで診察する「女性外来」も増えているので、自分に合った病院を探しましょう。

最近は、若年性更年期障害を訴えるケースも

更年期障害と言えば、主に50歳前後の女性に現れるイメージがあります。しかし最近では20~30代の若い女性にも、同じような症状を訴える人が目立つようになりました。

多くの場合、エストロゲンはきちんと分泌されていることから「若年性更年期障害」と呼ばれることがあります(ちなみに正式な名称ではありません)。これに対し、40歳未満で閉経になる方は「早発閉経」と呼ばれ、ホルモン補充療法が必要になります。

「『若年性更年期障害』と言われる症状には、自律神経の乱れが関係しています。その要因には、仕事などで抱えるストレス、不規則な食生活、過激なダイエット、栄養の偏り、睡眠不足、過度の飲酒、喫煙などがあるので、生活習慣を見直すことが大切です」と金子先生は指摘します。

4-jpg
窓から見える青空を描いた、リラックスできる待合室

心得ておきたい更年期の過ごし方

更年期を快適に過ごすために、日常生活の注意点を頭に入れておきましょう。

■食事

1日3食、規則正しい食生活を心がけることを前提に、栄養バランスのよい食事を意識してください。その上で、エストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボン、骨粗しょう症の予防になるカルシウム、筋肉や肌をつくる良質なたんぱく質などを積極的に摂り入れて。ただし同じものばかり摂り過ぎることにも注意を。

■適度な運動

ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリング、ダンス、ヨガ、体操などの有酸素運動は、血液循環がよくなり、肩こりや腰痛といった更年期障害の解消に役立ちます。

骨粗しょう症、コレステロール値や血圧の上昇などのリスクを抑えることも期待できます。「更年期の不調が現れる人は、呼吸が浅い傾向があります。呼吸が浅いと交感神経が優位になり、イライラしたり怒りっぽくなったりします。姿勢を伸ばして、深い呼吸をする腹式呼吸を心がけてください」(金子先生)

■質の高い睡眠をとる

生活が不規則で夜更かしなどが続くと、浅い眠りや睡眠不足になりがちです。睡眠の質が低いと自律神経の乱れにつながり、更年期症状の引き金になることがあります。夜寝る直前まで、パソコンやスマートフォンをいじることはやめましょう。入浴で身体を温めてから静かに過ごし、質の高い睡眠をとることを目指してください。

5-jpg

更年期をポジティブにとらえてみませんか

日本では、「更年期」と言うとネガティブなイメージがあるかもしれません。一方で、海外では「the change of life」という言葉で更年期を表し、「人生の転換期」として前向きにとらえています。

「“人生100年時代”と言われる今、更年期の女性の人生はあと半分も残っています。健康でイキイキとした毎日にするために、更年期の症状は、『今までの生活では、心や身体がついていけません。シフトチェンジしなさい』というサインととらえるとよいですね」(金子先生)

女性にとって、更年期は必ず通る道です。多くの女性がさまざまな症状を感じ、「つらい」と感じて大変な思いをする人もいますが、生活習慣の見直しや確立された治療法で改善を目指すことができます。

「まずは正しい知識を身につけて、備えることが大切。生活に支障が出るようになったら、いつでも受診してください。身体と心の両方を大切にして、より健康で幸福な人生を送れることを願っています」と金子先生は笑顔で話します。

取材・文/内藤綾子

6%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2-prof

取材・監修者プロフィール
金子透子(かねこさとこ)
青空(そら)レディースクリニック院長
産婦人科専門医、ヨガインストラクター。1995年に千葉大学医学部を卒業。松戸市立病院初期研修後、同院産婦人科に勤務。2011年、現クリニックを開院。ヨガスタジオも併設し、心と身体の健康をトータルにサポート。
青空レディースクリニック

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
1-top%e7%94%bb%e5%83%8f-jpg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう