キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

【医師監修】もしかして更年期?セルフチェックしてみよう!

1-top%e7%94%bb%e5%83%8f-jpg

更年期になると、心や身体にさまざまな症状が現れることがあります。「それは、『そろそろ更年期ですよ』というサインです」と話すのは、更年期治療のスペシャリストとして、治療だけでなく講演なども行う、代官山パークサイドクリニックの岡宮裕(おかみやゆたか)院長です。更年期の基礎知識はもちろん、セルフチェックの方法なども詳しく解説していただきました。

目次

 

更年期はいつから?

女性の一生には、初経、妊娠、出産、閉経といった大きな節目があります。こうした女性特有の身体の変化と大きく関わっているのが卵巣です。卵巣は、初経が始まったときから活発に働き、女性ホルモンを分泌し始めます。20~30代で性成熟期に入り、女性ホルモンの分泌がピークに達して妊娠や出産が可能に。40歳を過ぎたあたりから卵巣の機能が低下して月経が止まり、閉経を迎えます。

閉経を挟んだ前後10年間を「更年期」と呼びます。日本での女性の閉経は平均50.5歳と言われており、だいたい45~55歳が更年期に当たります。

更年期はエストロゲンの分泌が低下する

更年期は、心や身体にさまざまな不調が現れやすい時期です。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつに、エストロゲンがあります。加齢による卵巣機能の低下により、エストロゲンの分泌が急に減少すると、ホルモンの調整をつかさどる視床下部・脳下垂体が混乱してホルモンバランスが乱れます。

視床下部は、体温、発汗、呼吸、消化、脈拍、血圧などをコントロールする自律神経も調整している部位です。視床下部・脳下垂体の混乱は自律神経の働きも乱すので、ホットフラッシュと呼ばれる「ほてり、発汗、冷え」の3大症状が、多く見られます。

更年期によく見られる症状

  • ・月経異常
  • ・のぼせ、ほてり、異常発汗
  • ・めまい、耳鳴り、立ちくらみ
  • ・疲れやすい、倦怠感、不眠、不安、憂うつ
  • ・動悸、息切れ
  • ・腰痛、肩こり
  • ・頭痛、頭が重い
  • ・イライラ、クヨクヨ
  • ・冷え性、手足が冷たい
  • ・頻尿、残尿感
  • ・腟の乾燥、性交痛
  • ・ドライマウス
  • ・むくみ
  • ・肥満
  • ・白髪、細毛、薄毛
  • ・シワ、シミ、皮膚の乾燥

など

更年期に現れる症状は「更年期症状」などと呼ばれ、重症な場合は「更年期障害」となります。

2-jpg

更年期をセルフチェックしてみよう

「そろそろ更年期?」「更年期の症状が始まったのでは?」などと思ったとき、便利なのが更年期指数チェック表です。症状に応じて○をつけてください。すべて回答を終えたら、○をつけた項目の点数を合計します。

更年期指数チェック表

症状の程度の目安

強……つらくて仕方ない、日常生活に支障が出るほど
中……なんとかがまんできるけれど、症状をとにかく改善したい
弱……がまんができるけれど、症状が気になる
無……特に何の症状もない

症状/症状の程度(点数) 点数
1.顔がほてる 10 6 3 0
2.汗をかきやすい 10 6 3 0
3.腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4.息切れ、動悸がする 12 8 4 0
5.寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
6.怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7.クヨクヨしたり、憂うつになったりする 7 5 3 0
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9.疲れやすい 7 4 2 0
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0
合計点

更年期指数の合計点から自己診断してみましょう

0~25点……更年期に合った生活リズムで、快適に過ごしています。この調子を続けてください。

26~50点……食事の栄養バランスや運動などに意識を向けて、規則正しい生活を送るようにしましょう。

51~65点……婦人科や更年期外来などを受診し、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けてみては。

66~80点……半年以上の計画的な治療が必要。仕事の状況や日常生活に無理がないか、見直しをはかることも大切です。

81~100点……各科の精密検査を受け、更年期障害だけの症状か、隠れた病気がないかを見極めて。更年期障害だけなら、専門医と長期の治療計画を立てましょう。

※更年期指数チェック表と自己診断は、東京医科歯科大学SMI(小山嵩夫)をもとに作成

自己診断の点数が0~100点まであることからもわかるように、更年期に現れる症状は、ほとんど何も感じないまま過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るほどつらい人もいて、相当個人差があります。更年期症状は、エストロゲン分泌の低下だけでなく、性格やストレスなど精神的なものや、子どもの自立、夫の定年、親の介護といった環境にも左右されやすいためです。

更年期には心の症状が目立つように

「最近、特徴的なのが、イライラ、怒りっぽい、落ち込み、不眠、不安など、心の症状に悩む人が多いことです」と岡宮先生は指摘します。心の症状を放置するとうつ病まで進んでしまうことがあるので、慎重に対応する必要があります。

「心の症状が強いときは、婦人科か精神科のどちらを受診してもよいでしょう。婦人科では、漢方薬治療やホルモン補充療法で対応します。重症だと判断すれば、適切な精神科クリニックを紹介するという流れが一般的です」

3-jpgゆっくり過ごすことができる代官山パークサイドクリニックの待合室

更年期に心がけておきたい3つのポイント

更年期を快適に過ごすために、日常生活の見直しをはかることが重要です。注意するポイントを挙げてみました。

ポイント1 適度な運動を

適度に身体を動かすと、血流を促しすみずみまで酸素が行き渡ります。ストレス解消にも役立ち、不調の予防や症状の緩和が期待できるでしょう。特に、ウォーキング、ストレッチ、水泳などの有酸素運動がおすすめです。

ポイント2 食生活を見直して

1日3食を、規則正しくとること心がけます。さまざまな食品を取り入れて、多くの種類の栄養をバランスよく摂るようにしてください。

特に、エストロゲンに似た成分として知られる大豆イソフラボンは、症状の改善に役立ちます。また、骨を丈夫にするカルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも重要です。野菜や果実に多く含まれる葉酸も、血管の元気を保つのに欠かせない成分です。

ポイント3 グッスリ睡眠を大切に

更年期には、「睡眠時間が足りない」「睡眠全体の質に満足できない」といった人が少なくありません。睡眠の質が悪いと、心と身体が休むことができず症状が悪化します。

寝る前にゆっくり入浴する、軽いストレッチをするなど、リラックス法を試してみることも賢い方法です。「理想的な睡眠時間は6~7時間とよく言われますが、『○時間寝なくてはいけない』とプレッシャーをかけることはよくありません。快適だと思う自分の睡眠リズムで眠るようにしましょう」と岡宮先生はアドバイスします。

エストロゲンの減少により、起こりやすい病気に注意しよう

更年期は、生活習慣を見直すよいきっかけになります。減少するエストロゲンによって、不調の現れやすい身体をいたわる必要があるからです。更年期の症状を左右するエストロゲンには、主に次のような働きがあります。

  • ・子宮の頸管粘液を増やす
  • ・女性らしい丸みを帯びた身体を作る
  • ・肌の潤いや張りを維持する
  • ・血管の強化を促して動脈硬化を防ぐ
  • ・骨密度を保って骨を強くする
  • ・髪にツヤを与える
  • ・物忘れを防ぐ
  • ・善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす

など

更年期になり、エストロゲンによって身体が守られなくなると、今までリスクの低かった病気や症状が顔を出すことがあります。

更年期に注意したい病気や症状

  • ・高血圧
  • ・脂質異常
  • ・骨粗しょう症
  • ・糖尿病
  • ・自律神経失調症

 

「『更年期だから仕方ない』と身体の不調を放置すると、上記のような病気が隠れていることに気づかず悪化させることがあります。気になる症状があるときは、がまんせずに受診することが大切です」(岡宮先生)

「更年期の症状で悩んでいる人は、仕事や家事に忙しく、ひとりでがんばり過ぎている人が多い印象があります。つらさを共有できる同年代の友だちをつくり、話を聞いてもらえる時間が作れるとよいですね。受診して医師に話すのでもOKです。気持ちを吐き出すだけで、ずいぶん楽になります。セルフチェック表を上手に活用し、ひとりで悩まず、『つらい』と声に出して訴えることが改善への第一歩です」

取材・文/内藤綾子

4_%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2-prof-jpf

取材・監修者プロフィール
岡宮裕(おかみやゆたか)
代官山パークサイドクリニック 院長
1990年に杏林大学医学部を卒業後、慶応義塾大学腎臓内分泌代謝内科に入局。横浜市立市民病院、静岡赤十字病院、練馬総合病院などの勤務を経て、2009年に現クリニックを開業。漢方薬治療が得意な内科クリニックです。
代官山パークサイドクリニック

キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社
1-top%e7%94%bb%e5%83%8f-jpg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう